ゆず湯の作り方とその効能!冬至に使えるテクニック3選

いやぁ、すっかり寒くなってきましたね。

 

雪国育ちの私は寒いのには慣れていますが、それでもやっぱり12月下旬にもなると寒さがこたえます。

 

朝なんか辛くて、辛くて・・・。

 

布団から、なかなか抜け出せない!出たくない!

 

毎朝、自分と格闘しています。

 

 

 

そんな中やってきた、2016年の冬至。

 

実は、私は冬至の日が大好き!

 

だって、ゆず湯に入れるんだもん♪

 

冬至の日は、ゆず湯に入るのが、幼い頃からの我が家のド定番です。

 

それは、結婚した今も変わらず!

 

 

 

でも、ゆずって結構高いんですよね。

 

私も、毎年お財布と相談しながら・・・結局ゆずを買っています。

 

ゆず湯は、冬至の日ぐらいしかできない、究極の贅沢!

 

寒い中、毎日頑張っている、自分と家族へのご褒美です。

 

 

 

小さい頃から、ゆず湯に入り続けている私がオススメするゆず湯の作り方とその効能について紹介していきます。

半分に切ったゆずをガーゼで包む

やっぱり、これが一番!

 

半分に切ったゆずをガーゼに包んで、お風呂にちゃぽん。

 

これが、一番ゆずの香りを楽しむことができます。

 

癒されるのよねー。

 

疲れがとれるのよねー。

 

あったまるのよねー。

 

うん、良いことがいっぱい!

 

 

 

そんでもって、ゆずの成分が溶け出して、お肌がつるっつる♪

 

きっと、ゆずに含まれているビタミンがお肌に良いんだと思います。

 

 

 

ゆずの効果を最大限に活かしたい私は、さらに、ゆずを包んだガーゼを、お肌にすりすり。

 

これで、さらに美肌効果がアップ!

 

ゆず湯は、乾燥した肌を潤す効果もあります。

 

 

 

お肌が敏感な方は、切らずにまるごと浮かべる

 402

敏感肌の方や、小さいお子さんがいて、刺激が強すぎるのはちょっと・・・。

 

そんなときには、切らずにそのまま、まるごと浮かべてみてください。

 

切ったほどではないけれど、ちゃんと良い香りがするので、ご安心を!

 

できれば、5個から6個ぐらい浮かべると、よりゆずの香りが楽しめて、THE冬至という雰囲気が出ます。

 

 

 

切った場合は、たとえガーゼに包んだとしても、子どもがいたずらをして、ゆずが丸出しになってしまうことも。

 

こうなっちゃうと、種とか実が浮いたりして・・・掃除がめちゃくちゃ大変です!

 

排水溝が詰まって、取っても、取ってもゆずだらけ。

 

次の日に、泣きたくなります。

 

そういった意味でも、小さいお子さんがいるご家庭では、まるごとそのまま浮かべるのが良いかもしれませんね。

 

 

 

我が家は、昨年下の子がガーゼを引きちぎって、散らかしまくったので・・・

 

今年はまるごとにしました。

 

ちょっと贅沢だけど、ゆずを5個も使ってね♪

 

ゆず湯に入った子どもの写真をパシャリ!

 

子どもたちも喜んでくれたので、とってもかわいい写真が取れました。

 

ゆず湯は思い出づくりにも良いと思います。

 

 

 

これで、風邪をひきにくくなると思ったら、安いものです!

 

私は、ゆず湯効果はあると思います。

 

信じるものは、救われる?!

 

 

 

ゆずの香りの入浴剤を使う

 

私は、独身で忙しいときにはコレでした。

 

冬至に使う奥の手。

 

最終兵器!それは、ゆずの香りの入浴剤です。

 

これだって、ちゃんと立派なゆず湯です。

 

冬至気分を味わうことができますよ♪

 

 

 

入浴剤が、一番リーズナブルにゆず湯を楽しむことができるしね。

 

忙しすぎて、ゆずを買いに行くヒマさえないときには、私はこの手を使っています。

 

コンビニにも、ゆずの香りの入浴剤があったりするので、冬至の日には帰りにぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

 

ゆずの香りの入浴剤の中で、私がオススメするのはバブです。

 

これが、一番手に入りやすいし、香りも本格的!

 

シュワシュワで、体の芯から温まる感じもします。

 

 

 

独身だって、面倒くさがり屋さんだって、お金にそんなに余裕がなくたって・・・。

 

コレなら、手軽にゆず湯を楽しむことができますよ♪

 

入浴剤だっていいじゃない!

 

100円以内で楽しめる、ちゃんと立派なゆず湯です。

 

 

 

ぜひぜひ、毎日頑張るご自分にプレゼントしてあげてくださいね。

 

 

 

まとめ

1.ゆずの香りと成分を存分に引き出したい方は、ゆずを切ってガーゼに包むのが最適!

 

2.小さいお子さんがいるご家庭や敏感肌の方は、ゆずを丸ごと5個から6個浮かべるのがオススメ!

 

3.最終兵器はゆずの香りの入浴剤!忙しいときにでも、手軽にゆず湯を楽しむことができる。

 

 

 

私は、ゆず湯って、冬至に用意された究極のご褒美だと思うんです。

 

寒い日が続くと、体調を崩しやすくなるし、外に出るのはおろか、お布団から出るのもイヤになるし・・・

 

ご褒美がないと頑張れないですよね。

 

 

 

ゆず湯には、リラックス効果や、美肌効果、さらには風邪をひきにくくなる効果があると思います。

 

やってみたことがない人も、ぜひ一度試してみてください。

 

ゆず湯で、体の芯から温めて、寒い冬を乗り切りましょう!