よさこいソーラン祭りは批判が多い!?対応策は現在どうなってる?

札幌には、YOSAKOIソーラン祭りという大規模なイベントがあります。

 

このイベントでは、曲に合わせてさまざまなチームが演舞を行い、その演舞の演出、パフォーマンス、チームワークなどなどを競い合います。

 

ルールはただ2つ、

・曲の一部にソーラン節のフレーズが入っていること

・演舞者は鳴子をもって踊ること

これだけです。

曲調も演出も基本自由。

 

こんな感じで自由なので、パフォーマンスは多彩で、ソーラン節のイメージどおり若い男性で構成された力強いチームから、海外から参加して新たなソーラン節の境地を演出するチームもあります。

パレード形式でおどるもの、ステージ上で演舞するもの様々です。

 

このような素晴らしいイベントなので、私も見に行きたいですし、観客動員数もかなり多くなっています。

 

このイベントは1992年にはじまったものです。

15年の歴史を経てどうなったかというと、参加チーム数は20倍、観客動員数も10倍に増えています。

 

というか、観客動員数は20万人から200万人に成長しています。

2016年や2017年のプロ野球で巨人や阪神の試合でも、1試合あたり4万人強の観客動員数であることを考えると、たった5日間で行われるこれがいかに大きなイベントであるかがわかっていただけるでしょうか。

 

ただ、歴史が長くなり大規模になったことで、どんなイベントにもあるように、さまざまな問題点が指摘され、批判されています。

今回はその批判はどんなものがあるか、現状どうなっているのかを解説していきたいと思います。

では、どんな批判があるか?

批判の内容をまず箇条書していくと、以下のようになります。

① 観客も踊り子についてもマナーが悪い・騒音問題

② 交通規制で交通が滞る

③ 完全に商業主義、有り体に言えば金儲けのためのイベントである

④ 一部のプロによる出来レース感

 

まず、①のマナーや騒音問題について。

観客のマナーについては、他県の人が交通機関を使うときについての批判が多いようです。

特に他県から参加したチームの踊り子が、ハメをはずして電車内や駅ホームでやたら騒ぐことが地元の方の目についています。

他にも、コンビニでたむろしたりとか。

 

これについて、私はなんとも言えません。

大規模化するとそういう「声の大きいやつら」がのさばるのはよくあることなのですが、これは主催側が重く見て、あるいは参加者が自発的にマナーを呼びかけるなどの対応しか効果的なものがありません。

 

また騒音についても、パフォーマンスを派手にするためにむやみに音量合戦をするというのが一時期あったようです。

それが近隣住民の迷惑になるとか。

 

現在は参加要項にも、「主催側の音量調整に応じない場合は審査対象外になる」といったことが書かれており、対策は進んでいるようです。

祭りなので喧騒は少しならむしろお祭りらしくていいですが、あくまで楽しむこと、周りに迷惑をかけないことを考えなくてはなりませんね。

 

 

 

②の交通規制についても、すでに大規模なイベントなのでなかなか改善しないと思われます。

とくにパレード形式を残す場合。そして、パレード形式の廃止は祭りとして現実的ではありません。

 

最近はネット配信もどんどん取り入れられているので、現地の観客数も減っていくのかもしれませんが、一方やはり生で見たい人も多いのは当然です。

開催場所自体を調整しないと……。ううん、実行委員会と市の協力レベルで情報を集めないと難しそうですね。

 

yo2

 

③については、実質「見られる場所」はすべて有料販売(1,000円〜3,000円)、またチームとしての参加費もすべて有料かつ高額(10万円以上)であることが批判されています。

大規模なイベントで費用がかかるので多少は仕方ないのでしょうが……。確かに誰でも参加可能という割にチーム参加費が高いのは割に合いませんね。

部門ごとに値段がかなり違うとかどうかしら。

 

で、チーム参加費が高額なのが④の出来レース感を演出してしまっています。

実質セミプロのような演舞集団がおり、高額のチーム参加費を払った上で毎回優勝に近い成績をあげていることから、出来レースではないかという話になります。

 

対応策はやはり部門分けとかでしょうか……。

2回以上賞をとった場合は上位部門に分かれるとか。

そのぐらいは実行委員会側も考えていそうですが……。

セミプロはおそらくセミプロらしく相当の研鑽を積んでいるため、演舞を見ていての素晴らしさも高いのはまた事実でしょう。

まとめ

ということで、よさこいソーラン祭りの紹介と批判についての紹介をしてきました。

 

まとめると、

・大規模なイベントであり、大きな感動を呼ぶこともある

・ただ、大規模なイベントにつきものの批判も多い

① 参加者のマナーが悪い・騒音問題

② 交通規制で交通が滞る

③ 完全に商業主義、有り体に言えば金儲けのためのイベントである

④ 一部のプロによる出来レース感

 

結局私からは対応策はほとんど何も出せませんでしたが、皆さんもよさこいソーラン祭りに行ったり批判したりするなら、祭りのあり方について考えてみてください。