ホワイトデーに好きな人に告白する際に注意したい3つのこと

好きな人が出来たら、告白することは誰でも考えますよね。

しかし、ほとんどの人は思い立ったらすぐ告白する、ということは出来ません。

しばらくの間は、片思いのヤキモキした気持ちに耐えながら、「いつ告白しよう」「もし振られたらどうしよう」などと考えながら、過ごします。

そういう状態の人にとって、バレンタインやホワイトデーなどは、告白する覚悟を決める良いキッカケになると思います。

ついに来た告白の時だからこそ、失敗しないために、注意したいことを3つ、今回はご紹介したいと思います。

絶対に必要! 普段から好意的な態度を心がけよう

-shared-img-thumb-BL006-copykudoku20140810_TP_V
ドラマや映画などでは、意外性のある恋が描かれたり、最近では一般の人でも、フラッシュモブに代表されるようなサプライズ性のある告白をする姿を見ることもありますが、基本的には恋愛で相手のことを驚かしてしまうのは、逆効果になりかねません。

告白まえの関係作りは特に重要です。

今まで事務的なやりとりしかしたことがなかったり、自分に対して素っ気ない態度を取っていた相手に告白されても、女の人は驚くだけで、とても前向きな返事は返せません。

告白の目的は驚かすことではなく、付き合えるようにすることです。

自分のことを好いてくれる人に、嫌な気持ちは持たないので、告白時に少しでも自分の印象が良くなっているように、普段から出来るだけ話しかけるようにしたり、優しくするなど、相手に好意を持っていることが伝わるようにしておきましょう。

言葉で言わなくても、日頃の態度で好きだということがバレているぐらいの方がいいのです。

ひとりよがりにならないように、相手のことを考える

-shared-img-thumb-PAK75_officenodanjyo20140823095029_TP_V
時を待っての告白なので、ついつい気合いが入りすぎるかも知れません。

場所や時間帯などのシチュエーションやセリフ、服装などにも力が入り、人によってはプレゼントも用意するかも知れませんが、自分の理想とするイメージをもちすぎて、相手のことをおろそかにしないようにしましょう。

特に場所や時間などは相手の都合を優先するように心がけてください。

夜景が綺麗な場所に呼び出してなどと、ロマンチックなことをしたくなるかも、知れませんが、それよりは、相手の日常の中で、無理のないように少しだけ時間をとってもらって、さりげなく告白する方が、相手も緊張せず印象良く告白できます。

告白すると決めたら、絶対にこの日を先延ばしにしない

-shared-img-thumb-tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721_TP_V
女性と普段からコミュニケーションをとるように心がけ、事前に美容室に行ったり、クッキーやチョコを用意していても、いざホワイトデーが近づくと、やはり告白をやめたい気持ちになります。

告白するというのは勇気がいるし、怖いことなので、ある意味当然の感情なのかも知れませんが、ここで先送りにしてしまうと、いつまで経っても告白できません。

ホワイトデーという、せっかくのキッカケに告白できなければ、この先いつまでも告白できないと思ってください。

寸前で怖じ気づいて何もしなければ、この先ずっと後悔します。

ここで告白すると決めたなら、勇気を奮い起こして必ずしましょう。

そうすることで、明るい未来がひらけます。

まとめ

-shared-img-thumb-NKJ56_donatudashi_TP_V
人間は追い込まれたり、なにかキッカケがなければ、なかなか積極的な行動に出られないものです。

告白したいと考えている男性にとって、ホワイトデーというのは、とてもよいキッカケになります。

この日に告白しようと思い立ったら、

・告白は相手を驚かすためにするのではない。日頃から好意が伝わるようにコミュニケーションをとる
・張り切りすぎて自分の理想の告白を、相手に押しつけるのではなく、相手の都合を優先しよう
・告白は怖くて勇気がいるもの。しかし、ホワイトデーに告白できなければ、この先ずっと告白できない。すると決めたら必ず告白する

以上のことに注意してください。

勇気を出した告白は、きっとアナタの未来を明るく素敵なものにしてくれます。