男からホワイトデーに告白はあり?

ホワイトデーに告白されること自体がありか、なしか、という点では、女性側からはあり、のようですが、バレンタインデーに告白するより、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

女性の意識的には、「ホワイトデーは、特別に告白大歓迎な日!」というわけではないからです。

今回は、ホワイトデーに対する女性の一般的な認識の仕方を押さえて、女性が受け入れやすい告白の条件をご紹介します。

 

ホワイトデーについての女性の意識

海外の事情に通じている人も多くなり、バレンタインに、女性からだけでなく、男性からの告白もあり、と多くの女性が考えるようになっています。

その一方で、ホワイトデーについては、”バレンタインデーにチョコレートなどをあげた人からのお返しの日”・”女性からの告白へのお返事の日”という感覚を持っています。

 

なので、どちらかというと、男性からの告白の日としては、

  • バレンタインデー→告白される可能性があることは、女性も想定内
  • ホワイトデー→女性にとっては、意外/サプライズ

といった要素があります。

 

基本的に、好意を受ければ嬉しいものですが、バレンタインデーに自分がプレゼントをしていない相手・もしくは普段のお礼のチョコレートを配った程度の相手からだと、驚きのほうが大きいものです。

 

告白を受けた場合の女性の反応

普通の日に告白するより、ホワイトデーは、男性側にとって良いきっかけを与えてくれる日ではありますが、告白を受ける女性からすれば、余計にサプライズ感が強くなるので、反応が、極端になりがちです。

 

お互い好意を持っている間柄ならいいのですが、友人として仲がいい場合や、まだあまり親しいとは言えない関係だと、一気に気まずくなる可能性もはらんでいます

ので、ホワイトデーに告白を考えている場合は、相手の女性との関係を客観的に見つめてみましょう。

 

バレンタインデーでは、告白されたその日に返事をしなくても、ホワイトデーというイベントが1ヶ月後にあるので、関係を深めるか考える時間があります。

まだあまり親しくなくても、いいなと思ってもらえれば、「まずは、お友だちからお願いします」という前向きな結論に至る可能性もあります。

 

しかし、ホワイトデーでは、あまり考える間もなく、その場でとっさにお断りし、その後、気まずくなってしまう可能性があります。

 

慣れていない人では、「1ヶ月くらい時間をください。真剣に考えてお返事します」という言葉は、さっとでてくるものではありませんし、あとで改めて、いいなと思ってもらえても、春は、移動や変化の季節ですから、環境の変化からそのままになってしまう可能性が十分にあるのです。

 

ホワイトデーは、基本、すでに相思相愛の人のための日という捉え方をしていたほうがいいでしょう。

タイミング的には、ホワイトデーは年度の終わりに近いため、春から関係が近づきやすい環境にあるかどうかも、女性の返事を左右する一つのカギになります。

 

何をもって、告白成功とするか?

 

片思いの場合や、気持ちにまだ温度差があるような関係では、告白を受ける女性をさらに驚かせてしまうので、女性が受け入れやすい、軽いトーンの告白の仕方がおすすめです。

 

一般的には、ホワイトデーは女性へのお返しの日として、溢れるばかりの女性向けプレゼントが店頭に並びますが、女性も、自分が何もあげていない男性・義理チョコを渡したくらいの男性から、特別な想いのこもったプレゼントでは、受け取りにくく感じます。

 

また、通常プレゼントをもらえば、お返しを考えますね。今後近いうちにお返しを渡す機会がないとなると、プレゼントを受け取れない=期待に添えない、という心理に傾きやすくなりますので、プレゼントはなしか、もらって負担のないお菓子程度のものがベターです。

 

自分の好きな男性からなら、ロマンチックな告白でも女性は喜びますが、まだそうでもない場合は、「前から気になっているので、これから少しずつ仲良くできたら嬉しいです」などと伝えることができれば、女性も、多少意識しつつも、受け入れやすいでしょう。

 

気持ちを誠実に伝え、女性にはライトに自分のことを意識してもらえるような関係をスタートさせることができれば、ホワイトデーの告白は十分意味があるものだと言えます。

 

まとめ

  • ホワイトデーの告白は、基本的に、両想いの人のためのイベント。
  • タイミングと女性の性格・自分との関係をよく考慮して、バレンタインデーのほうが時期的に良ければ、ホワイトデーにこだわらない
  • 片思いの場合は、好意を伝えて女性に自分のことを意識してもらえれば大成功