出産内祝いっていつまで?マナーを知って幸せのおすそ分け

先日、知人に赤ちゃんが産まれました。

私自身はお祝いを送るほど近しい人ではないので、SNSでメッセージする程度。

でも仲のいい人は、即日顔を見に行ってお祝いをお渡ししてきたそうです。

 

お祝いを頂くのは嬉しいけれど、さぁお返しはどうすればいいのかな?

お産をした知人は、きっとしばらくしたころにハタと気づくんだろうと思います。

 

頂いたお祝いへのお返しとしての出産内祝い。

いつまでに?いくらくらいのものを?どんなものを?

いざ贈るとなると、様々な疑問が湧いてきそうです。

幸せのおすそわけには、どんなマナーがあるのか調べてみました。

 

 

本来は産まれて一か月以内

お祝いを頂いた時期にもよりますが、産後比較的早い時期、つまり入院中や日が晴れないうちに頂いたものには、1か月以内にお返しとして内祝いをお送りするのが通例。

 

元々は“内祝い”という呼び方のとおり、内々に出産のご報告を兼ねての贈り物だったようです。

つまり、お祝いを頂いている、頂いていないに関わらず差し上げるもの。

 

ですから、結婚祝いを頂いた方や、外せない親戚筋など、贈るべき人は前もってある程度きまっていたよう。

それならばお産前に準備できますから、1か月以内に送ることは可能ですね。

 

ですが現在は、頂いたお祝いへのお返しの形で贈るものを“内祝い”といいます。

 

赤ちゃんの性格にもよりますが、あまり寝ないタイプの子だった場合は特に、ママはいつ寝たか起きたか分からないうちに、一ヶ月くらいすぐ経ってしまいます。

それに、産後一ヶ月は外出も控えたほうがいいと言われる時期。

 

実際問題、1か月以内に贈るのは難しいと、経験してみて思います。

2か月以内を目途に贈ることができればいいのではないでしょうか。

 

 

お返しの相場って、どれくらい?

uti1

現在の慣例にのっとって内祝いを贈るとなると、お祝いを頂いた方へのお返し。

頂いたお祝いの半分程度のお返しをする、というのが一般的なマナーです。

 

ですが常々こう感じています。お役に立ちたくてお祝いをお送りするのに、きっちり半分返ってくると、お贈りしたものはお役に立てたのだろうか?ご迷惑ではなかったかしら?と疑問に感じてしまう・・・

ですのでお祝いを差し上げるときには、相手によっては「お返しはなしにしてね」とお伝えすることもあります。

 

とは言え、頂いたほうはそうは行きません。

 

通常は頂いた金額の1/2が相場と言われますが、これではなんだか味気ないときもあるので、1/3程度でもいいのではないでしょうか。

ただでさえ、出産育児というのはお金がかかりますから。

 

また、お返し不要と言われても、ほんの1000円程度のお菓子でもいいのでお礼をしておいたほうがお互い気持ちもいいのでは、と思います。

 

“幸せのおすそ分け”の意味もある内祝い。金額の大小にかかわらず、何かしらお贈りさせていただいたほうが、喜びも増えるような気がします。

 

どんなものを贈るの?遅れていただいた場合は?

便利なもので、産婦人科にはよく”出産祝いを頂いたら読む本“など、内祝いのカタログ本が置いてあります。

こういった本で、ある程度見当をつけておくというのは、内祝いをスムーズに贈るいい方法ですね。

タオルやボディソープセットなどは、金額も何種類かあるものですから、統一してしまうといいかもしれません。

 

私自身が頂いたことのある内祝いは、ボディソープや石鹼のセットやタオルセットなど、定番品が多かったです。

スプーンのセットを頂いたことも。自分では買わないような可愛いスプーンで、子どもを持つ我が家には嬉しいものでした。

 

そしてどれも、頂いて気の張らないもの。

 

お産も育児も大変だと知っているので、気軽に受け取れるもののほうがありがたく感じたのを覚えています。

 

また、産後すぐには会えず、しばらくたってからお祝いをくださることも。

こういった場合は、頂いてから1か月以内を目安に内祝いをお送りしましょう。

 

 

まとめ

  • 出産内祝いは、産後1か月~2か月以内に贈る。
  • 相場は頂いた金額の半分~1/3程度がマナー。
  • 気軽な贈り物がベター。遅れて頂いたお祝いにも、やはり1か月以内にお返しを。

 

赤ちゃんが産まれると、嬉しさを味わう間もなく待ったなしの育児が始まります。

そんな中でお祝いを選ぶのって本当に大変。

お産前にある程度見当をつけておくと、お祝いくださった方に失礼をせずに済みそうです。

 

そういえば何年か前、長女を片手に抱きながら、インターネットで内祝いを注文したことを思い出しました。

きっと皆さん、そうやって選んでおられるのだと思います。

 

赤ちゃんにとって人生の門出。親として、マナーを守りつつ想いのこもった内祝いをすることで、より我が子の応援団が増えてくれたら、こんなに嬉しいことはないですね。