もったいない! イケメンなのにモテない人の特徴

まず、はじめに言っておきたいのは、僕はけっしてイケメンではありません。

顔もスタイルも、どこにでも居るような平凡な男です。

だからこそ昔は、「顔さえ良ければ、何もしなくても勝手にモテるんだろうな~」と幻想を持っていました。

しかし、「どうしたらモテるだろう」「好きな人と付き合えるだろう」と、あれこれ考え、実践していくうちに、とくにイケメンという分けでもないのに、モテている人が居ることに気づきました。

その反面、男の僕から見ても、カッコイイなと思うようなイケメンでも、全然モテない人が居ることにも。

イケメンなのにモテない人の特徴を知れば、女性は見た目意外にどういうことを求めているのか分かり、恋愛の参考になります。

こだわりすぎ。または無頓着すぎる。両極端はNG

5f218849888ceb20f46ebc1d0c940fa7_s
自分自身を良く見せようと、服装や髪型にこだわり過ぎて、イケメンを通り越して、ナルシストと化している人がいます。

こういう人は大抵、自分の世界に入りすぎて、喋り方や会話の内容もキャラが出来上がってしまっています。

映画の登場人物や、バンドのメンバーにでもなったようなつもりで、本人はカッコイイと思っているものの、周りの人からは、ウザいと思われるか、陰で笑われているので、モテるどころか、友達すらなかなか出来ません。

逆に、せっかくイケメンなのに、自分のことにまったくこだわってない人が居ます。

服はいつもヨレヨレで、髪の毛も雑に伸ばしっぱなしで、ジャマになればようやく切りに行くというような人です。

女性は清潔感というのを、とても重要視します。

ラフな格好や、ワイルドなヒゲというのもカッコイイですが、そういうのは押さえるべきところを、シッカリと手入れされた上に成り立つのです。

だらしがないのとカジュアルを一緒にしてはいけません。
せっかくのイケメンなら、社会人としてごく当たり前の格好をしているだけで、十分なのです。

あとは、表情を柔らかくして、接しやすい雰囲気を作ることを意識してください。

主役はあくまで女性。名脇役になる心構えを持とう

7252b9e088d5e9effa46f28a3d6bab57_s
白雪姫もシンデレラも「若くてハンサムな王子様」はあくまで脇役で、主役はそんな素敵な王子様に見初められるお姫様です。

女性は恋愛において自分が主役で居たいものなのです。

イケメンはどうしても、ルックスという自分に自信を持てる材料がある上に、昔から注目されやすい立場に居るので、自分を主役に振る舞うというクセがあります。

また、カッコイイという立場を与えられたプレッシャーから、知らず知らずに「カッコ悪い」と思われることを恐れて、会話の中でも見栄を張りやすくなっている人もいます。

そういう態度は、一歩間違えば「俺様」的な態度に取られかねません。

具体的に女性と接する時に注意したい点としては、自分のことを話す前に相手のことを聞いてあげると良いでしょう。

「今日こんなことがあった」と自分のことを話す前に、「今日はどんな一日だった?」とまず相手のことを気にかけてあげてください。

また、ふたりでどこかに出かけるにしても、プランを考えてあげることも重要ですが、その前に、「どこか行きたいところある?」「なにか食べたいものある?」と先に質問してあげることで、だいぶ印象が変わります。

誠実さや優しさを伝えなければ、恋愛には繋がらない

f7f887c1ecab54c421746dd5770762f2_s
恋愛は、見た目が良ければ良いほど、そっちの方がいい。とただひたすらに美を競う競技ではありません。

見た目がある程度ちゃんとしていれば、あとは性格が良かったり、フィーリングが合ったりと、そっちの方が重要になってきます。

この点で、イケメンの人というのは、損をする場合があります。

普通にしているつもりでも、なんとなく冷たそうに見られたり、仕事が忙しくて連絡を返すのが遅れただけで、遊んでいると疑われたり。

女性と話しをしただけで、狙ってると疑われるようなことになりかねません。

イケメンというだけで、チャラいと思われたり、勝手に高得点からスタートして減点方式で採点されたりします。

こういう事態を避ける為には、誠実さや優しさを相手に伝えなければいけません。

普段から言葉や態度で、しっかりと相手を気遣ってあげるように意識しましょう。

まとめ

b50915880dc60d1feff63605930de36a_s
イケメンというのは、たしかに第一印象で得をするかも知れませんが、そこから恋愛に発展させる為には、ルックスだけではいけません。

イケメンというだけで持たれる、ネガティブな印象。
・チャラい
・遊んでそう
・冷たい

というのを払拭させつつ、ついつい自分中心になりがちな会話や行動を女性中心にしてあげるように気を使わなければいけません。

残念なイケメンにならない為に、顔だけでなくトータルで判断されるということをシッカリと意識しておきましょう。