梅雨の体調不良の原因と対策とは?絶対に知っておきたいポイント3選

いよいよ関東地方も梅雨入りしましたね。

 

毎年やってくることとは言え、雨の日が多くて、ジメジメした梅雨の時期は、何となくだるかったり、何となく食欲がなかったり・・・。

 

体調を崩してしまう人も多いのではないでしょうか?

 

 

実は、私もその1人。

 

ジメジメした時期が苦手すぎで、梅雨入りを宣言される前から、体調が少しずつ悪化。

 

倦怠感がつきまとって、お腹も頭も痛くなったり、夏に入る前から極度に食欲が落ちてしまったり。

 

きっと、気象庁よりも、梅雨前線に敏感でした(笑)。

 

 

でも、梅雨だからって、子育て、仕事、家事・・・忙しいのは変わらないんですよね。

 

体調が悪いなんて言ってられない!

 

特に、2人の娘のママになってからは、梅雨時期だからと言って体調を崩さないように、徹底的に体調管理をするようになりました。

 

仕事に休みはあっても、ママは年中無休。

 

子どもも体調を崩しやすい時期だからこそ、ママは寝込んでなんかいられません。

 

 

苦手な人が多い梅雨ですが、3つのポイントをおさえることで、体調を崩しにくくなります。

 

子どもたちのためにも知っておきたいことばかり。

 

ぜひ、体調を崩す前にチェックしてくださいね。

 

あえてカラダを動かす

雨の日って、カラダがだるくて、おもーく感じませんか?

 

低気圧になる梅雨の時期って、副交感神経の影響で、カラダがお休みモードになっちゃうみたい。

 

気圧って、目に見えないけれど、体調に大きく影響するんですよね。

 

梅雨の時期の体調不良って、湿度の高さじゃなくて、気圧の影響の方がずっと大きいのかも?!

 

 

湿度に気をつけていても、何となく調子が悪い人は、お休みモードのカラダを活動モードに切り替えてあげることが大切!

 

お休みモードのまま、仕事したり、家事をしたりしようと頑張っちゃうから、余計疲れちゃうんです。

 

 

活動モードに切り替えるために、一番オススメなのは朝のストレッチ。

 

天気が悪くても、まずはカーテンを開ける!

 

雨風が強くなかったら、窓も開けると、もっともっと気持ちが良いです♪

 

そして、3分でも5分でも、ゆっくりカラダを動かすことで、ちょっとずつ活動モードに切り替わっていきます。

 

天気のように、どんよりした気持ちも、ちょっとずつ晴れやかになっていくのでオススメです。

 

 

この朝ストレッチは、子どもたちにも効果てきめん!

 

天気が悪い日は朝寝坊しがちだった2人の娘も、リズムを崩しにくくなりました。

 

子どもたちと一緒にやると、ストレッチだって、楽しい遊びに変身です。

 

さっぱり系じゃなく、あっためる系をしっかり食べる

私の場合、梅雨に体調を崩してしまいがちだったときには、いわゆる「さっぱり系」の食べ物ばっかり食べていました。

 

サラダとか、そうめんとか、もずく酢とか、冷製パスタとか、冷やし中華とか・・・。

 

梅雨の時期って、どこに行ってもさっぱり系のメニューが増えるし、なぜか惹かれちゃうんですよね。

 

 

でも、カラダが求めているように感じるから、カラダに良いことかと言ったら、とんでもない勘違い!

 

さっぱり系って、どうしてもカラダを冷やしやすいものが多いんですよね。

 

せっかく活動モードに切り替えたカラダも、冷やすものばっかり食べていたら、お休みモードに戻ってしまいます。

 

 

そこで、オススメなのが、カラダをあっためる系の食べ物です。

 

内側から温めることで、カラダが活動しやすくなります。

 

特に、ショウガを使った料理がオススメです。

 

ショウガの香りは食欲を刺激するし、食べると、カラダがぽっかぽか♪

 

お味噌汁、野菜炒め、チャーハン、煮物・・・いろんな料理に合います。

 

 

梅雨時期は、さっぱり系じゃなく、あっためる系を意識!

 

口にするもので、体調が変わってきます。

 

湯船につかって、心身ともにリラックス

tu2

暑くなってくると、普段は湯船に浸かる派の人も、手軽なシャワー派に切り替えてしまう人も多いのではないでしょうか?

はい、私もそうでした。

 

湯船に浸かることで、余計にジメジメしちゃうような気がしたし、シャワーで汗を流す方が、さっぱり&すっきりするような印象を持っていました。

 

 

でも、梅雨の時期だからこそ、湯船に浸かった方が絶対に良いって実感しています。

 

低気圧&高湿度って、心身ともに大きなストレス。

 

このストレスは、お湯にゆっくり浸かることで、解消されることが多いです。

 

お湯に浸かって、心身ともにリラックスすると、ちょっと寝苦しいような夜でも、すーっと眠れるようになるっていうメリットも!

 

 

ストレス解消のためにも、良質な睡眠のためにも、梅雨時期は湯船派でいきましょう♪

 

まとめ

1.朝のストレッチで、お休みモードのカラダを活動モードに切り替える。

 

2.カラダのために、さっぱりしたものよりも、あっためるものを意識して食べる。

 

3.梅雨時期のストレスは、ぬるめのお湯に浸かって、ゆっくり解消!良質な睡眠にも効果的!

 

この3つのポイント意識することで、梅雨時期に調子が悪い日が多かった私も、子どもたちも、体調を崩しにくくなりました。

 

どんよりした天気でも、カラダとココロが元気だったら、1日を快適に過ごすことができます。

 

雨の日をブルーに過ごすのはもったいない!

 

憂鬱になりがちな梅雨も、元気に、Happyに過ごしていきましょう!