「年越しそばっていつ食べるの? タイミングとその由来を探る!」

年越しそば。私が年の終わりを一番実感する食べ物です。

 

毎年、家族と大晦日の夕飯として食べるのが日課になっています。

 

 

 

しかし、年越しそばっていつ食べるのが正解なんでしょう。そう気になった方はいませんか?

 

ほら、お盆の期間とか、お祭りの日にちと時間とか、伝統とされるものって大体正しい日付と時間があるじゃないですか。

 

というわけでこの記事では、年越しそばの由来を紐解き、色々な視点からその正しい食べ方と時間を探ります。

年越しそばの歴史をちょっとだけ。

年越しそばの歴史を紐解くと、江戸時代まで遡ります。

 

かつて、商人は月末に「三十日そば」として毎月そばを食べていたといいます。

 

つまり、いわゆる江戸っ子はそば好きです。それは落語の有名な題目に「時そば」があることからも伺えます(※)。

 

で、その三十日そばが転じて大晦日に食べるようになったといいます。

 

(※): 正確には時うどんが江戸時代に転じて時そばになったといわれるとか、そういうこともあります。

 

 

なぜ大晦日なのかというと、一つの説に定まるわけではないようですが、

 

  • そばは細く長いことから、長寿を願ったもの
  • 家族や大切な人との縁が長く続くように
  • 金銀の細工師がそば団子を利用して金粉を集めたことから、金運上昇
  • 蕎麦は風雨に強く、晴天で日光を浴びると元気になることから、健康の縁起を担いだもの
  • そばが五臓の毒を取ると信じられていたことから、これも健康の縁起
  • 蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労を切り捨てて翌年に持ち越さないよう願った

 

というものがあります。

 

これをひとつに決めつけることはせず、これらすべてを含むと考えればお得そうなので、そう考えましょう。

 

そばを食べるだけで健康長寿、金運上昇!嬉しい特典がいっぱい!という感じですね。

 

 

 

これらの説の中で、タイミングが重要そうなのは最後の「苦労を切り捨てる」です。

 

翌年に持ち越さないよう、なので、基本的には大晦日の間、日付をまたぐ前に食べるのが一応正解ということになりそうです。

 

ただし、新潟県など一部の地域ではⅠ月中に食べるという風習もあるようです。まあ年内に切り捨てるんじゃなくて年を跨いでからでも大して問題なさそうですからね。

 

よって、結局「いつ食べても良い」ということになりそうです。時間の指定もとくになさそうですし。

 

ただ、そう言われても困る、という方もいらっしゃるでしょう。そこで、一応大晦日の夕飯に食べることをオススメします。

 

大晦日はゆっくりしたいので、献立に悩むことなくそばに決めることができれば少し楽になりますから。

食べ方と健康 〜そばは体によい!〜

soba2

そばはどのように食べるのが良いのか?

 

これも割と好みということになるでしょう。

 

ただ、年末年始は寒いので、暖かいかけそばなどにして、またねぎを入れるのがオススメです。

 

暖かいそばを食べるとお腹を冷やさず、またそばは食物繊維が豊富なのでお腹の調子がよくなります。

 

さらにねぎもビタミンCが豊富で、アリシンという物質が体を温める作用もあるので、ぴったりです。

 

またそば自身もビタミンB1(糖分や脂肪をエネルギーにするのを助ける)を含んでおり、そのビタミンB1の吸収を助けるのがねぎに含まれるアリチアミン。

 

まさに黄金コンビです。ねぎが嫌いでなければぜひ入れましょう。

 

そのほか、そばには抗酸化作用があると言われる(※)ルチンが入っています。

 

実は私の専門は化学なのですが、その構造を見たところお茶のカテキンとかなり似ているなあ、と思いました。

 

このルチンはかつてそば湯に溶け出す、といわれていたこともありましたが、実際そこまで溶け出すものではないようです。

 

ただ、植物性たんぱく質はそば湯にかなり溶け出すので、せっかくなのでそば湯も楽しみましょう。

 

(※) 動物実験では確実に効果が発揮されたようです(参考: Metodiewa, D.,  Kochman, A., and Karolczak, S., IUBMB Life, 41, 5, 1067–1075. (1997) )。人での実験はまだ十分なデータがないようですが、少なくとも普通に食べるぶんには体に悪いものではないでしょう。また、変形性関節症の予防については人でも確実なデータがあるようです(http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail612lite.html )。

ただ、そばはそのような健康によい成分が入っている一方カロリーは高めです。

 

気になる人は、「寝る3時間前に食べる」を心がけ、エネルギーが無駄に蓄えられるのを抑えた方がよいでしょう。

まとめ

というわけでまとめると、

 

  • 食べる日や時間の正解はないが、迷ったら大晦日の夕飯に食べる
  • なるべく寝る3時間前ぐらいに食べる
  • 暖かくして、ねぎを添える

 

というのがもっとも確実です。

 

ごちゃごちゃ健康のことも化学系の視点から書きましたが、まあ細かいことは気にせず、大切な家族や恋人と、紅白歌合戦などを見ながら食べればよいのではないでしょうか。