女性と会話が続かない人のための話のネタ&テクニック5選

女性と会話するのは苦手、という人も案外多いかもしれません。

でも、コツをつかめばそれほど難しいものでもありません。

女性と楽しくお喋りできれば親しくなれますし、恋愛に発展する可能性もずっと大きくなります。

明るい未来のために、女性との会話テクニックを今から学びませんか。

女性の好む話題はこれ!

IMG_6015

まず、女性が好きな話題を知りましょう。

一般的に、女性は以下の話題に興味を持っていることが多いです。

  • 美容の話
  • 恋愛の話
  • 食べ物の話
  • ファッションの話
  • テレビ番組や芸能人の話
  • ためになる話
  • 仕事の話
  • スピリチュアル・占いの話
  • 笑える面白い話

日頃からアンテナを張ってこれらの情報をキャッチしておくと、話題に困らなくなるはずです。

デートの前などは、メモ帳などにネタを整理しておくと良いかもしれませんね。

特に女性は恋話が本当に好きです(中には好きではない人もいますが、それは少数派です)。

でも、下ネタを嫌う女性は多いので話がそちら方向に行かないように気をつけましょう。

さらに、話題に困ったときは女性の持ち物や服装を褒めるのも手です。

「そのかばん、オシャレだね!」「ありがとう。これ、○○で買ったんだ」「へえ、それどんなお店?」「ええとね・・・」といったように、それ一つで意外と話が広がります。

「Yes」「No」で答えられない質問をしよう

board-776688_640

女性に質問するときは、話が広がるように「Yes」と「No」だけでは答えられない質問を心がけましょう。

「どうしてそのブランドが好きなの?」

「どんなデートがしてみたい?」

など、「Why(なぜ、どうして)」や「How(どうやって、どんな)」を上手に取り入れましょう。

 格好つけるのはNG

bsOZP88_jojopose02

男性は女性の前ではつい格好つけてしまいがちですが、飾らず本音を見せてくれる人の方が女性に好まれるようです。

本人は寡黙でクールな男を演じているつもりでも、「つまらなそうな顔しているし、私といて退屈なのかな?」と女性に思われているかもしれません。

女性は自分の話を好意的に聞いてくれる人に良い印象を抱くので、しっかり相手の目を見て相槌を挟みながら会話に参加しましょう。

失敗談もまた良し

accidental-slip-542551_640

先程も述べたように、女性は弱みを見せてくれる人に共感と親しみを持ちます。

プライドでガチガチの男性よりも、素直に自分の失敗を認めて笑って話せる人が好かれるのです。

だから、失敗談を披露するのは案外おすすめなのです。

とはいえ、あまり深刻な失敗だと引かれてしまうので、「電車で寝過ごして終点に着いてしまった」「カップ焼きそばの湯切りに失敗した」程度の笑える失敗談がおすすめです。

 沈黙を怖れない

angel-1056875_640

「とにかく沈黙を作らないようにしよう」と強迫観念に駆られていると不自然な言動になりやすいので、この際沈黙を気にし過ぎないようにしましょう。

ちなみにフランスでは、ふと沈黙が訪れることを「天使が通った」と言います。何とも可愛い表現ですね。

「ああ、天使が通ったんだな」と思えば、気持ちも穏やかになれそうです。

また、沈黙ができたとき、この表現を女の子に教えてあげると喜ばれるかもしれませんね。

まとめ

coffee-888397_640

格好つけたり背伸びするよりも、気負わずにいつもの自分らしさを出して女性とお喋りするのが一番なんですよね。

数々の失敗の末、僕がたどり着いた結論です。

  • ファッションやグルメ、恋愛など女性の好む話題を日頃から収集しよう
  • 質問するときは「どうして」「どんな」を入れよう
  • 格好つけずにいつもの自分で
  • 失敗談を披露すれば親しみを持ってもらえる
  • 無理に沈黙を避けようとしなくてもいい

ぜひ女性とお喋りに花を咲かせて、仲良くなってしまいましょう。

そして、晴れておつきあいしてからも会話を疎かにせず、何でも楽しく話し合える関係を築いていってくださいね。