昭和の日って何だっけ?由来とイベントを知って有意義に過ごそう!

毎年4月29日は、昭和の日です。

ゴールデンウィークのはじまりということで、休みであることは結構皆さん意識していると思います。

 

ただ、4月29日が祝日でも、何の日かはそんなに意識したことがないのではないでしょうか。

 

しかもこの日の名前は実は最近ころころ変わっているため、「あれ、みどりの日じゃなかったっけ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

この記事では、昭和の日について紹介します。

実は昭和の日、とっても重要な、1年に1回はやっておきたい要素が詰まっているんです。

それを皆さんに示したいと思います。

 

 

 

昭和の日と年号の昭和に関係はあるの?

昭和の日は、いついかなる年でも4月29日です。

祝日によっては第何週の月曜や金曜というように、連休を作るように設定されていますが、昭和の日は完全に日付で固定されてます。

これは由来がもとになっています。

 

というのはこの4月29日、昭和天皇の誕生日なのです。

なので昭和の頃はこの日が天皇誕生日でした。

 

なお、明治天皇の誕生日である11月3日は現在文化の日になっています。

もっとも、文化の日の制定と明治天皇の誕生日を直接合わせたというだけでもないようですが。

 

で、昭和天皇が崩御したとき、祝日日数を急には変えにくいという事情があったのか、この日を「みどりの日」と定めました。

当時から「昭和記念日」にしようという案も合ったようですが、そのときは見送られたようです。

 

昭和天皇は博識であり海洋生物学者・植物学者としての面もあったため、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝する」日として「みどりの日」と定められました。

 

その後、「戦後復興や発展があった激動の時代、昭和を忘れない」ということで「昭和の日」という名前に定まりました。

なお、みどりの日は5月4日に異動しています。

 

というのが、昭和の日の由来でした。

これを踏まえて、昭和の日の過ごし方について色々と考えて見ましょう。

 

 

 

昭和天皇は自然が好きでした。なので……

syo2

まず、昭和の日の主な目的は「戦後復興や発展があった激動の時代、昭和を忘れない」でした。

これは実際とても重要です。

日本が割りと発展してきたのは昭和時代の事がありましたから。

文句は言いつつもなんだかんだ暮らしやすいですから。

 

ただ、こどもの日やバレンタインデーなどと違い、この日に焦点を当てたイベントはそんなにありません。

ゴールデンウィークのはじまりということもあり、それぞれの方の予定に埋もれがちです。

 

そしてまた、平成生まれの私には「昭和の忘れない」と言ってもそもそも記憶がないので、なんかよくしらんがありがとうというぐらいしか実感が湧きません。

皆さんの中にもそういう方はいるのではないでしょうか。

 

ということでオススメしたいのが、昭和天皇の誕生日ということなので、5/4のみどりの日も巻き込み、ゴールデンウィークは自然に感謝する、ということです。

そういうイベントに自分でしてしまうのです。

 

観光地のすばらしい景色はもちろん自然の恵み。

レジャー施設ももともと自然界、この宇宙が作り出したもので作られており、地球が作り出した石油で作った電気で動いています。

 

別に遊んでいる間中意識するわけではありませんが、寝る前や朝起きた後に思い浮かべるとより充実して、感謝の気持ちをもって過ごせるのではないでしょうか。

 

 

 

昭和を体験する、レトロを追ってみる。

また、もう一つ、昭和の日を意識するということでぜひやってみたいことがあります。

私がやってみたいだけですが。

 

それは、昭和時代の古き良き文化を体験することです。

 

60年代のロックでもいい。

その時代のアート作品を調べてみてもいい。

その時代の小説でもいい。

ちなみに私は三島由紀夫が好きです。

 

温故知新。

昔のものに触れることで、何か現代にその一部を再度輸入できるかもしれませんし、別にそんな発明的な事が関係なくても普通に楽しめると思います。

 

なんか1日予定が空いてしまった、という方はこういうのに触れてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

まとめると、

・昭和の日は昭和天皇の誕生日

・自然を愛する昭和天皇をリスペクトし、ぜひ自然に感謝

・また、昔のものにこの機会に触れてみよう

 

ということを紹介しました。

 

ちなみに2017年の昭和の日は土曜日で祝日が減ります。2018年は日曜日です。

私はちょっと昔の小説を引っ張り出してこようと思います。

昭和の日に読むかはわかりませんが、ゴールデンウィークの隙間にでも読もうかしら。