お正月飾りはいつからいつまで? 正月飾りで歳神様をお迎え!

クリスマスが過ぎると、店頭にお正月飾りが並び、もう幾つ寝るとお正月の気分になりますね。

 

実家では、いつの間にかお正月準備が整って、いつの間にか撤収されていました。

 

ところが、自分で準備するとなると、お正月前に慌ててしめ縄を玄関にぶら下げ、いつまでも飾ってあって慌ててしまう事が多かった私ですが、お正月飾は正式には何時から何時まで飾るのか、片付け方なども、調べてみました。

 

正月飾りをする時期

 

お正月飾りを始める時期は、一般的には「正月初事め」の12月13日からと言われています。

 

昔は、この日に、お正月に必要な竹や、薪などを山に取りに行く習慣があったそうです。

 

「正月事初め」とは、江戸時代中期まで使用されていた暦で12月13日は、婚礼以外全てが吉日とされ、正月の歳神様を迎えるのに、最良の日として現在まで12月13日が正月事初めとして定着してる日です。

 

神社仏閣、クリスマス行事との関係のない学校や会社などでは、正月事初めに門松を飾られますね。

 

ですが、現在はクリスマス商戦や、クリスマス飾りを楽しむ家庭が増えていおり、12月13日ではあまりにも早すぎるという事で、クリスマスが終わってから、お正月飾りという流れになっているようです。

 

そこで、12月25日以降となると、29日は「苦」に通じて縁起が悪いされており、この日と、31日は大晦日で「一夜飾り」といわれ歳神様に失礼にあたると言われているので、それ以外の日に飾るのが一般的のようです。

 

正月飾りを片付ける時期

正月飾りを片付ける時は、鏡餅は、鏡開きの日1月11日、地方によって(主に関西)では1月15日となっています。

 

鏡開きは、歳神様に感謝して無病息災を祈って鏡餅を皆で頂く日です。

 

鏡餅以外のお正月飾りは、松の内の期間が過ぎる日にかたずけます。

 

松の内の期間は歳神様が家におられるので、歳神様が帰られてから、片付けをするのです。

 

この松の内の期間というのが、元は小正月の1月15日、鏡開きが1月20 日だったのですが、徳川家光が4月20日

に亡くなった事から、20日という日を嫌って、11日に鏡開きを行い、鏡開きの日が前倒しになった事から、松の内も7日に変更したそうです。

 

ですので、松の内は、1月7日です。(徳川幕府の影響がなかった関西は今も1月15日)

 

お正月飾りの方付け方

 

鏡餅は、鏡開きに食べるとして、しめ縄や門松はゴミに出していいものなのか、迷うところです。

一般的には、1月15日に神社などで「どんど焼き」や「お焚き上げ」という、「歳神様を天に送り返す」行事が行われるので、そこに持って行って焼いてもらいます。

 

私の家の近所の神社には、お焚き上げしてもらいたいお正月飾りや、破魔矢、お守りなどを入れておく箱が置いてあり、時期を問わず入れる事が出来るので、どんどやに間に合わなくても大丈夫でした。

 

私が子供の頃、どんどやは、地域でも行われていて、子供会や老人会で集まって、おしるこを作って食べたりしていました。

 

最近はどんどやを行う場所の確保や、子供の減少で、地域で行う所は減っているようですね。

 

また、神社に行く事が出来ないなど、どうしても自宅で処分する場合は、お正月飾に塩を振ってきよめてから、紙に包んで、ゴミ袋に入れて、さらに塩で清めてゴミとして、処分する方法があるそうです。

 

お清めしなければいけないゴミ・・・大丈夫と言われても、なかなかゴミに出しにくいです・・・。

os2

 

まとめ

  • 正月事初めの日から、12月30日までに飾りましょう。
  • 鏡餅は鏡開きで、そのほかは松の内が明けた日に。
  • どんとや、お焚き上げで、歳神様に気持ち良く帰っていただきましょう。

 

鏡餅と言えば、鏡開きの頃にはひび割れて、カチカチになって、カビまで生えていたものでしたが、プラスチックのツルツルの鏡餅の裏から、小さい餅が沢山出てくる、あの斬新な鏡餅が登場した時の、驚きは今でも忘れません。

 

以前は仕事柄、お年寄りの自宅をよく訪問していましたが、プラスチックの鏡餅はお年寄りにも人気で、「これは、何年でも持つから良いよ」と、そのままインテリアとして年中飾ってある場合も多かったですよ!