食欲、読書の秋の由来とは?今年の秋を楽しんでみたい方必見!

どうもこんにちは。

秋ですね。秋です。

 

秋といえば、食欲の秋とか、スポーツの秋とか、言われてますよね。

 

でもアレ、なんででしょうか?

気になったことはありませんか?

 

もし今まで気になったことがないとしても、今の問いかけを聞いて気になりませんか?

なぜ、食欲の秋という言葉が生まれたのか。

 

実はそこには、秋を楽しむコツが潜んでいました。

 

ぜひこの記事を読んで、今年の秋はもっと楽しくしましょう。

 

食欲の秋の由来: 自然が欲している

まず、もっともよく言われる食欲の秋についてです。

 

これには、いくつかの説があります。

あるいは、いくつかの要因が重なって食欲の秋という言葉ができたのかもしれませんが。

 

まずひとつは、夏の暑さでバテた体を回復する時期だから、という説です。

そのため、栄養をとろうとしてたくさん食べます。

自然と体が、食事を欲するというわけです。

 

また、旬のものが多く、実りが多いため、という説もあります。

栄養価も高く、おいしいため、たくさん食べたい。食べてしまう。

 

そして、ほかの哺乳類と同様、冬に備えて蓄えたくなるという説もあります。

昔は冬眠していたのか、あるいは冬眠はしなくても寒さで死んでしまうのか。

ともかく、厳しい冬に備えて蓄えようとする説です。

 

ほかにも、日照時間が減ることで憂鬱になり、食物で補おうとするという説があります。

 

どういうことかというと、まず冬が近づくにつれどんどん日が短くなっていきます。

そのためセロトニンの分泌が減ります。

セロトニンは、心のバランスを保つホルモンの一つで、不足すると気分が落ち込んだり、くよくよしたりします。

 

そこで、セロトニンの材料となるアミノ酸(トリプトファン)を食べ物で補おうとします。

実際、秋が旬のもの、とくにさんまやカキなどはトリプトファンが多いそうです。

なので、食欲の秋が起こるというわけです。

 

 

 

蓄えるのは、現代社会においては必要なく、また太るのは痩せ型ブームの今好ましくないことではありますが、旬のものがおいしい、というのはぜひ体験したいですね。

なので、ぜひ旬のものを食べて過ごしましょう。

さんまとか、栗とか。

 

寒くなると、体調を崩しやすくなります。

脂肪を蓄えたくはありませんが、ビタミンなどはぜひ補給しておきましょう。

 

 

スポーツの秋、読書の秋: 中国の詩人も感じる!

syoku2

ほかによく聞くのが、スポーツの秋や読書の秋です。

芸術の秋、というのもたまに聞きますね。

 

これらは、実はひとつの事実で説明できます。

 

それは、涼しくなること、です。

 

夏の間は暑くてやる気がでないというか、集中が続きません。

一方、涼しくなると集中ができるようになります。

 

スポーツも読書も芸術も、集中力が必要です。

なので、これらは秋が最適というわけです。

 

 

 

なお、それなら冬や春はなぜ特に何も言われないのか?という疑問もあると思います。

これの理由はどこにも書いていなかったのですが、私は仮説を思いつきました。

 

それは、夏の間集中はできなかったけど、断片的な発想はむしろ溜め込むということです。

あの動きを試したい、あの本を読みたい、あのような絵を描きたい。けど暑いからやる気がでない。

 

そうやって溜め込まれた発想が、秋に放出されます。

それがスポーツの秋、読書の秋、芸術の秋です。

 

 

 

また、読書の秋については、昔の中国の詩人も語っています。

それは、韓愈(768-824)です。

 

詩の一節に、「夏の長雨も晴れ、秋の涼しい時期に入った。灯火の下で書物をめくるのにふさわしい。」という意味の言葉があります。

 

まさに、読書の秋の由来のひとつではないでしょうか。

 

とくに、昔の日本の偉い人は漢文、漢籍に親しんでいたので、こういうところから引っ張って読書の秋が流行った可能性が高いと思います。

 

まとめ

ということでまとめると、

 

・夏バテの残りを取り除いたり、単純に旬のものがおいしいから読書の秋!

・集中力が上がるので、夏の間だらっとしてできなかったことをする!読書・スポーツ・芸術の秋!

 

というのが、今回のお話でした。

 

ということは、しっかりごはんを食べ、仕事などでも趣味でも成果を上げる最適な時期でもあります。

 

ほら、何かする気になってきましたか?

 

ぜひ、これらのことを知って、今年の秋を最大限活かしてくださいね。