食欲の秋、なぜ食べたくなるの!?美味しく食べて太らないコツ

日中はまだ暑い日もありますが、朝晩の涼しさは確実に季節の変化を感じさせてくれます。

と同時に、店頭には『栗』や『サツマイモ』のスイーツ・お菓子が並び始めました。

あぁ、秋がやってくるなぁとしみじみ。

 

夏の間は暑さもあって食欲がなく、冷たい麺ばかりだったのに、がぜん食欲に火が着いてしまって・・・。そんな方も多いのではないでしょうか。

美味しいものを食べられるのは嬉しい。でも半面、太っちゃう心配が。

 

でも、ちょっとしたコツで太りにくくなるんです。実践して実感したコツをお伝えしますね。

 

なぜ秋になると食欲が増すの!?

  • 日照時間の減少によるセロトニン低下
  • 気温の低下による基礎代謝アップ

最近の研究で、こういった原因で『食欲の秋』になると言われています。

 

日中は暑いけれど、日の出は遅くなり夕暮れもずいぶん早くなりました。

7月ごろ、私の住む鹿児島では夜7時を過ぎても明るかったのに、今では6時くらいには寂しげな空になってきます。

単純に日照時間が短いだけで、幸せホルモンと言われるセロトニンが少なくなるって・・・お天道様は私たちに笑顔をくれてるんだなぁと感じました。

 

そして気温の低下による基礎代謝アップ。

基礎代謝が上がると痩せやすい、ような気がしてしまうのですが・・・。

そればかりではなく、代謝が良くなってお腹が空きやすくなり、食べることにつながるようです。

 

夏の暑さで低下していた食欲が回復しただけ、という説もあります。夏は汗をかいて痩せる方も多いので、秋はその反動で「太る!」と思い込んでいるかもしれません。

また、食べ物が摂れなくなる冬に向けて蓄えている、とも。現代は食材に困ることはありませんが、人間の本能のようなものかもしれません。

 

 

食べる順番ダイエット

aki2

太らない食べ方で、いちばんおすすめなのがこれです。

食べるものは変えず、順番だけ変える。一時期話題になりましたし、実践した方も多いのではないでしょうか。

サラダなどの野菜→タンパク質→炭水化物

という順番で食べると、太りにくいというもの。

 

コース料理などを頼むとこの順番で出てくるので、無意識に実践できてる、ということも。

だから、ちょっと頭の隅に置いておくだけで実行しやすいもの。

 

私自身がこの順番をしっかり意識し始めたのは6年ほど前。

もちろん、食べる順番以外にも気をつけたことはありましたが、1か月で4キロ近く落としたことがありました。

 

ただ、最初に食べる野菜の量はかなり多かったです。可能な限りサラダバーに行って、3杯お替りするまではメイン料理に行かないという自分ルールを定めていました。

夫はいつもドン引きしていましたねー。

これは今でも癖になっていて、さすがに3杯は食べなくても、2杯ほどサラダを食べてからメインに移ります。

 

ファスティング・半日ファスティング

本格的なファスティングを実践したことがあります。きちんとしたプログラムのもと、一週間固形物を摂らずに過ごすのですが・・・

これは、相当な決心とお金と時間と計画が必要。美味しいものが揃う秋に始めるのは現実的ではありません。

 

じゃ、半日ファスティングなんていかがでしょう?

朝食べない、そしてお昼はサラダなど野菜や海藻から食べ始める。お昼を野菜から始めるのは、軽い回復食の意味があります。前夜から休息していた胃腸を、野菜の繊維や酵素で少しずつ目覚めさせてからたんぱく質を食べると、太りにくいし身体にも優しいと思います。

 

朝食べないのはツラい・・・というときは、糖質少なめのパンなどが最近はコンビニでも発売されています。それとヨーグルトなどだと、食べないより痩せやすい体を作ることもできるとか。

こちらは専門の方に相談してみると、より実践しやすい方法を教えてもらえると思います。

 

あ、私のやってみた本格ファスティングですが。

その後味覚が研ぎ澄まされたようで、食べ物がおいしく感じられます。そして、たくさん食べなくても大丈夫になりました。本当に美味しいと感じるものを、少し食べれば満足。その後、あまり体重は増えていません。

本格ファスティングは自己流では危険ですので、信頼できる人やプログラムを活用してくださいね。

 

まとめ

1.『食欲の秋』には理由がある。決して「自分に甘い」からではありません。

2.太りにくい食べ方、いちばん気軽なのは『食べる順番ダイエット』

3.半日ファスティングもおすすめ。糖質に気をつけると、より痩せやすく?

食欲の秋。なぜか食べたくなってしまう、その気持ちは間違えていません!美味しく食べながら、体重増加は最低限で押さえたいのが女心。

ちょっとした工夫をしながら、秋の味覚を存分に楽しみましょう!