【初日で慣れる】人見知りのあなたにもできる厳選バイト4つ

誰でも新しくバイトを始めると、仕事の内容に慣れていなくて疲れます。

その上、人見知りだと、さらに職場の人間関係や、お客さんとのコミュニケーションで精神的にまいってしまい、余計にしんどい思いをします。

今回は、そんな人見知りの人でも、苦労なく始められるバイトを厳選しました。

給料以外のメリットもある。レストラン・居酒屋など飲食店の厨房

-shared-img-thumb-KIJ_gyoumuyougasudai_TP_V
飲食店の仕事は求人の多さと、比較的時給が高いのが魅力です。

ウエイターなどのホール業務は接客業の王道ですが、裏方の厨房は黙々と作業する仕事です。

求人の多さや時給以外にも、最初は皿洗いや、野菜の皮むきといった作業がメインでも、慣れてくれば任せてもらえることが増えてきて、それと共に料理の腕も上がり、やりがいも感じられるというメリットがあります。

また、厨房には同じように人見知りの人も居れば、ホールには人と接することが好きという人も居るので、真逆のタイプの人たちが共に働く場所に身をおくことで、自然と集団の中で、自分にとって無理のない立ち位置というのを発見出来るかも知れません。

当然、まかないもほとんどのところが付いています。

棚卸しや、工場でのバイトは、人材登録会社を通すことも考えて

bsN612_kanaamigoshinokoujyou
喋らないバイトといえば、工場や棚卸しの作業を真っ先に思い浮かべる人も、居るかも知れません。

バイトの見つけ方としては、企業が直接求人を出していることもありますが、人材登録会社を通して現場に派遣されることも多いです。

僕も一時期、人材登録会社から、こういう仕事に派遣されたことがありますが、実は企業に直接雇われている人よりも、登録会社から派遣されている人の方が時給が良いということが多々ありました。

前もって、「もし現場で給料のことを聞かれても、上手くごまかして答えるな」と会社の人に言われてから、派遣されていました。

直接雇用されるにしても、派遣されていくにしても、長く続く人が少ないので、バイトとしてはキツい部類に入るかも知れません。

同じ清掃業でも、違いがある。ビルなどの清掃とホテルの客室清掃

bsNAT88_mana-housenobed
ビルなどの清掃や、ホテル・旅館などの客室清掃も、人見知りな人が働きやすい仕事です。

同じ清掃でも、少し違いがあって、ビルなどの清掃は複数人でやることが多いです。たまにおばちゃんなどで、よく喋る人が居ますが、基本的には無口な人が多く、黙々と仕事をこなす感じです。

雰囲気としては、工場や棚卸しのバイトに近いところがあります。

ホテルなどの客室清掃は、一部屋いくら、というふうに給料体系が決められているところが多いです。

仕事に与えられる時間も、ほかの仕事と比べて少ないので、いかに早く、多くの部屋を掃除するかということが重要になってきます。

基本的にひとりで作業します。

注意深く探してみると、意外と見つかる。映写技師のバイト

movie-918655_640

これも過去に僕が経験したことのあるバイトですが、映画館で映写技師を募集していることがあります。

求人情報誌などに、映画館のフロアスタッフ募集のついでといった感じで載っていることがあります。

過去には映写技師というと、国家資格が必要な技術のいる仕事だったみたいですが、今では機械の発達で、社員を使わずにバイトだけで回しているところがほとんどです。

人と接する必要も無く、映画も見放題なので、見かければバイトの選択肢に入れるのもよいかと思います。

まとめ

-shared-img-thumb-SEP88_nikori15195840_TP_V

余談ですが、イタリアなどの陽気なお国柄の土地では、工場で働いていても、誰かが歌い出すと、それに合わせてみんなが歌い出すということがあるそうです。

そう考えると、日本人というのは人見知りが多いお国柄です。なので人見知りだからといって、気にする必要はありません。同じように人見知りな人がいっぱい居るのです。

今回紹介した、

・飲食店の厨房
・棚卸しや工場でのバイト
・清掃業
・映写技師

は、どれも人見知りでも始めやすいバイトではありますが、同じ職場の人とは顔を合わせることになります。

その時に、相手もきっと人見知りなんだと思うと、親近感が湧いて、接しやすくなりますよ。