正しく知っておきたい、五月晴れの正しい意味とは?そして英語では?

五月晴れ、という言葉を聞いたことがありますか。

 

ごがつばれ、って読んだ人は、どんな意味を想像したでしょうか。

また、さつきばれと読めた人も、正確に意味を説明できますか。

 

たとえ知っている人でも、一瞬ひやっとするのがこの言葉の使い方。

 

ということで、この言葉はどういうときに使われるのかを紹介します。

2つの使い方が思いつく

さっきの文から察せるように、五月晴れは「さつきばれ」と読むのが正解です。

 

読み方はすんなり1つの正解になるのですが、実は現在、この言葉は2つの意味に使われます。

 

① 6月(旧暦が5月なので)にみられる晴れ間のこと。

② 5月のあたたかい晴れのこと。

 

さあ、どちらが「正解」なのでしょうか。

それをこれから説明していきます。

正解はどっち?

この言葉はかなり昔からありますが、もともとの意味は①、6月(旧暦が5月なので)にみられる晴れ間のこと でした。

梅雨の雨続きの合間にあるわずかな、蒸し暑い晴れ間のことでした。

 

それを転じて、蒸し暑いときの晴れ間をイメージさせることもあります。

 

しかし、いまは5月といえば晩春、ゴールデンウィーク、すっかり暖かくてお出かけ日よりな月のことです。

それによって、②5月のあたたかい晴れのこと の意味でも使われるようになりました。

 

これを「誤用」とするかどうかは意見が分かれるところですが、私はもはや誤用ではないと思っています。

というのも、多くの人が②の意味を使っており、国語辞典やブリタニカ国際大百科においても②の意味が主に書いてあったりするからです。

 

ただし季語としては別です。

季語は伝統によって決められているものであるため、私達の日常生活で使うことばよりも厳密な使い方をする必要があります。

 

俳句で単純な温かい晴れに五月晴れを使うと眉をひそめられるでしょう。

温かい晴れという意味での言い換えは同じ音数で「日本晴れ」なのでしょうか。

俳句には詳しくないのでよくわかりませんが。

他の「五月」の熟語はどう?

五月(さつき)がつく言葉は他にもいくつか思い浮かびます。

五月雨や五月闇です。

どれも五月晴れと違い、旧暦の5月、現在の6月を意識した言葉として残っています。

 

なぜこうなったかについて、私は特に何も調べずただ想像しただけですが、その想像を書いておきます。

雨といえば梅雨だし、五月闇も暗さなので雨に関わっているからであり、一方晴れは梅雨のイメージと合わず、むしろ新暦5月の陽気を想像する人が多かったからかなあ、と思います。

 

なお、「五月」で「ごがつ」と読ませる言葉もあり、そちらは新暦の5月を指していることがほとんどです。

五月病や五月人形です。

五月晴れ(ごがつばれ)という発音をするときは、② 温かい晴れのこと を、もともとの意味ではないということを強調するときに使うことが多いようです。

英語表現にしてちょっと探検

satu2

五月晴れと同じような表現は、英語にあるのでしょうか。

 

とりあえず『ジーニアス和英辞典』第3版を引くと、「さつき」の項目から、

・〈梅雨の合間の晴天〉a sunny day during the rainy season

・〈5月の青空〉beautiful weather in May

と出てきます。

 

しかし後者はまだ5月の暖かさがわかるのですが、前者はぜんぜん蒸し暑さなどが伝わって来ません。

直訳すると前者は「雨季の間にある晴れ」「5月の素敵な天気」でしょうか。

 

別に文学的な訳を示す辞典ではないのでしょうがないのですが、もっと良い訳はないかなあ、と思います。

と思いながら電子辞書をカチカチ探すと、「梅雨晴れ」を

“a spell of nice weather during the rainy season”

とこの辞典は書いていました。

 

spellは「つかの間の時」、「一時期」ぐらいの意味です。

綴りの「スペル」は同じ綴りの違う語で、語源も違うみたいです。

 

ただし梅雨晴れは蒸し暑い方の五月晴れの類語とされるときもありますが、かならずしも「蒸し暑い」という意味は含まないみたいです。

例えば蒸し暑さを表現するためには、この”nice weather”を変えればよいのでしょうか。

 

ただし私の英語力が及ぶのはここまでです。

英語が得意な方はぜひこの続きを考えてみてください。

まとめ

ということで、英語の章はどうにもしまりがありませんでしたが、まとめます。

・五月晴れ(さつきばれ)は、本来は梅雨の晴れ間のこと。

・季語では絶対にこちら。

 

・でも5月の温かい晴れ間のことでも間違いではない。

・そちらの意味では「ごがつばれ」と表現することも。

 

が主な内容でした。

 

結局どっちでもいいんかい!という感じですが、知っていて両方の意味で使うのと知らないまま両方の意味で使うのでは大違いです。

意識してみてくださいね。