サービス残業は当たり前?サービス残業は違法ですよ!

今週、何時間残業したか覚えていますか?

 

私の以前の職場はタイムカードが無く、出勤簿に印鑑を押す方式でした。

 

残業は、上司の指示で仕事をした時だけで、年間数時間あるか無いか。

 

ほとんど毎日1時間以上は自分の仕事が終わらなかった分という事で退社時間が過ぎても仕事をしていましたが、自分の都合で勝手に残っているのだからと、残業とはみなされませんでした。

 

そういう事は、自分の中でも当たり前になっていて、いわゆるサービス残業している、という気持ちも持っていませんでした。

 

という感じで、サービス残業は普通だったのですが、働きすぎや過労死につながりかねないサービス残業の事について調べてみました。

 

サービス残業とは

 

サービス残業とは、その名の通り、サービスで行う残業の事ですね。

 

会社で仕事をする時には、労働基準法で拘束時間は1日8時間、週に40 時間と決まっています。

 

それ以上仕事をさせる場合は、会社と職員間で協定を結び行政に届けを出す事で、残業代や時間外手当を支払って拘束時間を長くする事が可能になります。

 

なので、1日8時間、週40 時間以上働く場合は、必ず残業代を払う必要があるので、サービス残業というのはあり得ない事なんですね。

 

36協定

 

1日8時間、週40 時間以上働く場合の協定を36協定と言います。

 

36協定の延長時間は1ヶ月45時間、1年360時間と規定があります。

 

そして、36協定で決めた時間以上に働かせると、これも労働基準法に違反します。

 

ですが、さらに特別条件付き36協定というのがあり、1ヶ月60時間までの延長を6回まで事が出来ると言うのがあります。

 

1ヶ月60時間というと、毎日3時間20日ですね。定時が6時退社だとすると、毎日9時まで残業・・・それが、半年あると思うと、辛い。

 

困った時は労働組合!

zan2

残業する時には、ちゃんと36協定を締結して残業代、時間外手当を支払ってもらう、それ以上働く時には、特別条件付き36協定があります。

 

それ以外の残業は違法だから、サービス残業は当たり前にしてはいけない事だったのです。

 

だけれども、今までサービス残業が当たり前だった、我が会社で、残業代を出して欲しいとは言いだしにくいもの。

 

そんな時のために、労働組合があります!

 

愚痴をこぼし合っていた、同僚と労働組合をつくり、組合として団体交渉をするのです!

 

労働組合を作ると、就業規則よりも効力のある労働協定が締結できるので、より働きやすくなるはずですよ。

 

私は、労働組合のある会社で働いた事がないのですが、やはり、団体交渉できる労働組合は頼りになりそうですね。

 

サービス残業は違法です

 

結局、サービス残業というの有りえない事で、違法になります。

 

もしかしたら、サービス残業していると思ってよく調べてみたら、36協定が締結していた、と言う事もあるかもしれません。

 

自分の労働条件をもう一度確認して、タイムカードがない会社であれば、何時から何時まで、どんな仕事をしているのか、きちんと記録し、どれ位サービス残業をしているのか確認する事が大切ですね。

 

そして、あまりにもサービス残業が多い場合は、弁護士に相談し未払い分を取り戻す事も可能のようです。

 

金銭的な事もありますが、働きすぎによる過労死など、深刻な問題もありますので、過労から自分の身を守りましょう。

 

まとめ

 

1、労働基準法で拘束時間は決められています

2、残業する場合には協定の締結を

3、ひとりで不安な時は団体で

4、サービス残業は違法です

 

私は福祉関係の仕事をしていましたが、仕事を始めた頃は、年配の職員さんに、「こういう仕事は、シフトが有っても時間通りには行かない。ボランティア精神がないと、良い仕事はできない」と言われていました。

 

実際、年配の職員さんたちは、1時間以上前に出勤は当たり前で、休日まで出勤して花壇の花の手入れから、草むしりなどしておられ、施設内はいつも綺麗で気持ちいい空間でした。

 

その後、効率重視、残業無しで業務遂行へと変化して、以前の職員さんたちが退職してしまうと、花壇は荒れ放題、草は茂り放題。

 

業種にもよるのかもしれませんが、サービス残業と思うのかどうか、本人の気持ち次第でもあるように思いました。