リスクが怖くて行動できない人が180度変わる4つの方法

リスクが怖くて・・・

と尻込みしてしまった経験は誰にでもあるでしょう。

しかし、いつまでもリスクに怯えていては たった一度きりの人生を謳歌することはできません。

そこでリスクが怖くて行動できない人が180度変わる4つの方法を紹介します!

 

情報収集と熟考

リスクを恐れるとは、後悔を恐れることと一緒です。

「この選択をしたら後悔するんじゃないか??」

という恐れがリスクを恐れるということです。

後悔しないためには、自分の選択に対して深い共感をする必要があります。

 

失敗したとき、「あれだけ情報集めて、あれだけ考えて出した結論だったのだからしょうがない」

と思えれば 後悔という感情は生まれません。

また、情報収集と熟考は 勇気ある1歩を踏み出すときに自分に自信をつけます。

「これだけ調べて、これだけ考えたんだから大丈夫だ。」

こう思うことができれば自分に自信がつき、リスクへの恐怖心は小さくなります。

チャンスは待ってくれない

チャンスはいつでもあるとは限りません。世界は刻一刻と変わっていきます。

状況が一変するのは1秒後かもしれません。

そのときにやった後悔とやらなかった後悔、どちらが嫌でしょうか?

また、ものごとに取り組むのは早ければ早いほど成功確率は高くなります。

たとえば、受験勉強を他の人より早く始めた人は、他の人よりも志望大学に合格する確率は高くなるでしょう。

行動に移すのが早ければ早いほどリスクは小さくなります。

 

失敗から学べる

「失敗は成功のもと」という言葉を誰もが耳にしたことはあるでしょう。

たとえば、子どものとき補助輪なしで自転車に乗る練習をしたことがあると思います。

最初はうまくできず 、何回も転んで血がでたりもしました。

でも、そこから学び 試行錯誤を繰り返し 最終的にはうまく乗れるようになりました。

転んで、転んで、でもそこから学んだからこそようやく乗れるようになったのです。

転ぶことを恐れて挑戦しなければ 何も学べず、ずっと自転車に乗れないままだったでしょう。

失敗してもそこから学べるものがありますが、挑戦しないと何も学べません。

「また、リスクを恐れて何もできなかった・・・」

「あのときの自分から全く成長してない・・・」

と 自分に自信がなくなっていくばかりです。

失敗から学ぶことで、次の成功確率はもっと高くなるのです。

 

人生は有限である

人の時間には限りがあります。

リスクを恐れて行動できない間も自分の貴重な時間はどんどんなくなっています。

あの有名な幕末の偉人、坂本竜馬もこんなことを言っています。

何でも思い切ってやってみることですよ。

どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。

彼こそまさに、あらゆるリスクにも臆することなく日本を変えた人です。

人生は一回きりしかない。

どうせなら、思い切りやってみたほうが充実した人生を送れるのではないでしょうか。

 

まとめ

いつまでもリスクを恐れていては何も変わりません。

失敗してもそこから学び、次に活かすことができます。

一番のリスクはリスクを恐れて行動しないことです。

ぜひ、勇気ある一歩を踏み出してみてください。きっと人生は今より輝かしいものになるはずです。