2分で解決!行動できない心理の治し方5つ

誰しも「幸せな恋愛をしたい」「憧れの職業に就きたい」「お金持ちになりたい」といったように理想を持っているものですが、世の中に理想を実現できる人とできない人がいるのはなぜでしょうか。

才能や運の違いも多少はあるかもしれませんが、実はその人に行動力があるか否かが重要な鍵を握っているのです。

行動力を奮い起こすには、何も特別なことは要りません。

自分の心の中にある障害物を一つひとつ取り除いていけば、誰でも今すぐ軽やかな足どりになれるのです。

あなたを縛っているものを解き放ち、自分の足で歩んでいきましょう。

言い訳をしない

cat-1040815_640

「自分はシャイな性格だから、初対面の女の子と話すことなんてできるわけがない」など、行動できない理由を常に探してしまっていませんか。

できない理由を列挙したところで、何の変化もありません。

そうやってグダグダ考えている間にも時は流れます。

その間に、ライバルはあなたの遙か先を走っているかもしれません。

言い訳をする前に、とにかく行動に移すことが大切です。

心配し過ぎない

sad-505857_640

何かを始める前から「うまくいかなかったらどうしよう」と気を揉んでいませんか。

うまくいくかいかないかは、まだ誰にもわかりません。

一番恐ろしいのは、行動しないことで成功できたかもしれない可能性を潰してしまうことです。

数年後あるいは数十年後、絶望の中で「あのとき行動していれば」と後悔する未来がやって来てしまうかもしれません。

何か新しいことを始めるときは、不安だらけで自信がないのは誰しも同じです。

自信は、行動した後に生まれるものなのですから。

心配や恐れを抱きつつも、それに負けないで果敢に挑戦できる勇気を奮い立たせましょう。

すぐに諦めない

bsN612_yoyogikouendebaskwosurusyounen

いざ実際に行動してみても、すぐに結果が伴うとは限りません。

だからといって、すぐに諦めてしまうのは禁物です。

うまくいかなかった原因は何なのか自分なりに考え、次につなげることが成功するために大切なのです。

何があっても逃げずに戦う姿は、人としても格好良いものです。

先延ばしにしない

-shared-img-thumb-MAX85_konosyouhinwoteian20140531_TP_V

「今ちょっと忙しいから」「もうちょっと情報を集めてから」などと言い訳じて、行動をずるずる先延ばしにしていませんか。

今すぐやらなければ、「いつか」「そのうち」は永遠にやって来ません。

情報収集や勉強は、行動を始めた後でも遅くありません。

むしろ、実際に行動しながらの方が必要な情報やポイントを絞ることができるので、かえって効率的です。

他人の意見に左右されない

-shared-img-thumb-Green14_jyumon20141123153806_TP_V

身近な人に相談するのは悪いことではありませんが、最終的に判断するのは自分自身だということを忘れないようにしましょう。

「A君がBさんのことを諦めた方が良いって言うから、やっぱりBさんに告白するのはやめよう」といったように、誰かに言われたままに行動するのは絶対に避けましょう。

人は、あなたの行動に責任を取ってはくれません。

失敗した時に「あのとき君がああ言うから」と人に文句を言ったところで、どうしようもありません。

人の意見に振り回されずに自分の頭でしっかり考え、常に自分にとって最善の選択ができるようにしたいものですね。

まとめ

sunrise-165094_640

結局のところ、自分の敵は自分の中にいます。

行動できないのは他の誰かのせいではなく、自分自身のせいなのです。

だから、言い訳や誤魔化しなしに自分の心と真剣に向き合えば、誰でも素晴らしい行動力を手に入れることができるのです。

以下に、今回ご紹介した行動できない心理を治すコツをまとめます。

・「できない言い訳を並べない」

・「失敗を恐れて行動を避けない。自信は行動からしか生まれない」

・「すぐに結果が出なくても諦めない」

・「他人の意見に振り回されず、自分の考えをしっかり持つ」

以上のことに気を配れば、きっと行動力も伴ってくるはずです。

夢を叶えるために、一歩一歩前進していきましょう。