雨の日を楽しむ方法とは?子どもと一緒に楽しめるトク技3選

雨の日って、どうしても憂鬱になってしまいませんか?

 

洗濯物は外に干せないし、家の中はジメジメする し、何となく体調も悪いし・・・。

 

子どもを外で遊ばせることもできない!

 

我が家の2歳と3歳の娘2人もじっとしていられなくて、家の中はしっちゃかめっちゃかだったことも。

 

良いことなんて、全くないように思えるし、雨の日が続く梅雨の時期なんて、超最悪!

 

 

そんなことは言っても、雨が降らないと、それはそれで困っちゃいますよね。

 

梅雨だって、日本に住んでれば、みんな平等に毎年やってきます。

 

「雨がきらーい!梅雨きらーい!」

 

なんて言ってたら、人生損しちゃいます。

 

 

雨の日を楽しめるようになると、人生がより豊かになって、よりHappyに♪

 

我が家が実践している、子どもと一緒に雨の日を楽しむ方法をご紹介します。

 

みんなでお家クッキングを楽しむ

我が家の、雨の日の過ごし方No.1は、みんなでお家クッキング!

 

パパはもちろん、子どもたちも一緒になって料理を楽しみます。

 

 

「2歳になんてできることないし、料理なんてまだ早すぎる!」

 

「何にでも口に入れちゃう時期だし、料理をさせるなんて危ない!」

 

そんな声が聞こえてきそうですが、意外や意外、一緒に楽しむ方法はたくさんあるんです。

 

 

たとえば、うどんづくり。

 

材料を、丈夫で大きめのビニール袋に入れて準備完了!

 

ビニール袋は2枚重ねにしておくと、より安心です。

 

それを、子どもたちと一緒にもみもみ、もみもみ。

 

ほどよい弾力が出てきたら、子どもたちと一緒に足でふみふみ、ふみふみ。

 

これが、子どもたちにとってはとっても楽しいみたいで、お家クッキングするたびに大はしゃぎ!

 

料理とか、お手伝いへの興味も育てられるし、オススメですよ。

 

生地づくりとか、ビニール袋を使った料理は、小さい子どもと一緒に楽しみやすいので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

 

料理って、子どもの好奇心を刺激することがたくさん!

 

一緒に楽しむことで、家族の仲も深まります。

 

オイルマッサージを取り入れる

ame2

憂鬱になりがちな雨の日には、家族みんなでリラックスできる方法があると便利です。

 

 

雨の日の夜、我が家のお楽しみと言っ たら、オイルマッサージ。

 

香りが良いオイルで、足や手を、お互いにマッサージしあいっこします。

 

ベビーマッサージが広く普及してきたことからも分かるように、強すぎたり、よっぽど変なことをしたりしなければ、小さい子どもにもマッサージはOK!

 

 

ちなみに、我が家の娘2人は、赤ちゃんの頃からマッサージが大好き!

 

1歳になった頃には、自分でマッサージ用のオイルを持ってきて、「あんよ、あんよ(足のマッサージをして♪)」とおねだりするほどでした。

 

マッサージって、やってもらっている方はもちろん、やっている方も気持ちが良いんですよね。

 

子どもの身体とゆっくり向き合う時間にもなるので、「あらー、こんなところにアザをつくっちゃって!」小さなことにも気づきやすくなりますよ。

 

 

でもでも、1つ注意点!

 

オイル選びを間違えると、子どもの敏感な肌は赤くなっちゃったり、ボツボツができちゃったりすることも。

 

私も一度、大失敗しちゃいました。

 

雑貨屋さんでゲットしたアロマオイルが上の子の肌に合わなくて、太もも全体が湿疹だらけに。

 

かわいそうなことをしてしまいました。

 

 

経験上、自然の原材料にこだわったオイルがオススメです。

 

今、私が、旦那さんと、子どもたちと一緒に使っているのは、ヴェレダのボディオイルです。

 

ちょっとお高めですが、娘たちの肌にもトラブルが起きなくて、安心して使えるのが一番!

 

強すぎない、自然な香りも良いですよ♪

 

 

マッサージタイムは、家族の絆を深める大切な時間に。

 

子どもたちが大きくなっても、ずっと続けていきたい習慣です。

 

あえて外で遊ぶ

雨の中、子どもと一緒に傘をさして、お出かけした日のこと。

 

傘にあたる雨を見て、子どもは大喜び♪

 

雨の日がめんどくさいとか、嫌いだとか言っているのは、きっと大人だけ。

 

子どもって、意外と雨が嫌いじゃないことに気がつきました。

 

長靴をはいて、ピシャピシャするのも、傘にあたるポツポツという音にも興味津々。

 

洋服が汚れたりして、大人にとってはめんどくさいことが増えるけど、雨の日に外に出かけることも、子どもの好奇心を満たすうえで、とっても大切!

 

そんなことに気がつきました。

 

 

雨だから、今日は1日引きこもろうじゃ、もったいない!

 

あえて、お出かけしてみると、得られる発見があります。

 

雨の日も楽しめると、人生がよりハッピーになるような気がします。

 

まとめ

1.小さい子でも大丈夫!みんなで料理を楽しんで、子どもの好奇心を育てる。

 

2.オイルマッサージは、する方も、される方も癒やされる。オイル選びに気をつけて!

 

3.小さい頃から、雨の日も外に出かけることで、雨の日も楽しめる子どもに育つ。

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

雨の日が嫌いになるか、雨の日も楽しいと思えるかは、きっと子どもの時からの過ごし方で変わってきます

 

うちの2人の娘は、雨の日だって大好き!

 

雨の日だからできること、雨の日だからより楽しいと思えることが、きっとあります。

 

ぜひ、今回ご紹介した3つのことを参考に、梅雨の時期も楽しみましょう。