お茶は水分補給にならないって本当!?補給に適さない飲み物とは!?

こんにちは!

暑いですね。あっちっち。

 

こう暑いと、しっかり水分補給をしなければいけませんね。

 

ただ、水分補給にあまり適さない飲み物というのがある、というのは意識したことがありますか?

 

なんとなくコーヒーはよくなさそうとか、そういう漠然としたイメージはあるかもしれません。

ただ、案外水分補給に適していない飲み物というのは他にもあるのです。

それを今回、ぜひこの記事で知りましょう。

利尿作用にご用心

水分補給に適していない飲み物はずばり、利尿作用のある飲み物です。

つまり、飲んだ分だけとまではいかなくとも、おしっこで排出されるぶん余計に摂らないといけないのです。

 

で、利尿作用のある物質の代表格はカフェインです。

皆さんにもおなじみ、目を覚ます作用があります。

この目を覚ます作用と直結して血圧が上昇、腎臓の血管が拡張しておしっこが増えるのです。(もうちょっと詳しく言うと、すべて交感神経が優位になるところから来る現象です)

 

カフェインが含まれている代表的な飲み物は以下のとおりです。

・コーヒー

・緑茶

・ウーロン茶

・紅茶

・コーラ

・エナジードリンク

 

また、ほうじ茶にもわずかに含まれていますが、その量は緑茶などに比べるとはるかに少ないです。

麦茶に関してはほぼありません。

 

これらの飲み物はカフェインの利尿作用により、水分補給にはあまり適しません。

飲んだのと同じ分だけ出てしまうというわけではありませんが、だからといって飲みすぎるとカフェイン自体摂りすぎになります。

 

また、コーラとエナジードリンクに関しては、あとで書く別の理由でも水分補給には適さないので、水分補給目的で飲むのは絶対NGです。

 

ということで、お茶はお茶でも麦茶とほうじ茶はOKです。

また、カフェインレスの緑茶なんかももちろんOKです。

 

 

 

利尿作用を適度に取り入れる事自体は悪いことではありません。

なぜなら、おしっこは血液の老廃物を排出するものでもありますから。

なので、眠気覚ましも含め、朝にコーヒー1杯とかならむしろおすすめです。

もちろん、水分補給用の水とかはまた用意して。

 

カフェインは摂りすぎると中毒になるとか、依存性があるとか、摂りすぎについて悪い面もあります。

上手に付き合っていきましょう。

糖分と清涼飲料水にご用心

o1

甘すぎる清涼飲料水というのも、水分補給に使うのはNGな場合があります。

 

その理由は、糖分です。

水分補給というぐらいの量のコーラを飲むのは、砂糖の塊をモリモリ食べているのと同じです。

 

具体的には、普通のコーラのペットボトル(500 mL)一本に対し、糖は65 g、角砂糖にして16個分入っています。

 

で、人が一日に飲む必要がある水の量は、1.5 Lが目安です。

夏場で暑いと2 Lぐらい必要かもしれない。

つまり、それをすべてコーラで摂るのは、砂糖200 gをモリモリ食べているのとほぼ同じなのです。(1.5 L換算でこれです)

しかも、コーラはカフェインの作用があるので実際はさらに必要。

 

炭酸飲料やジュース類はどれも似たような量の砂糖が入っています。

全てコーラで摂るというのはちょっと極端にしても、水分補給に清涼飲料水を使うことの重大さがわかっていただけましたか?

 

 

 

なお、水分補給として名高いアクエリアスとポカリスエットについても少し注意が必要です。

これらの飲み物は、熱を出して栄養が必要だとか、強めの運動をする前・途中に飲むとかならば有効です。

そのまま飲めますし、水分補給に適したつくりになっています。

 

ただ、そこまで運動していない普段の場合だと、ちょっと砂糖や塩分が多いのです。

清涼飲料水の一種ですし。

 

ということで、アクエリアスやポカリスエットについては、普段は水で薄めた方が良いと思います。

どのくらいかというと、おおよそ同じ量の水を入れて2倍に薄める。

私も普段は麦茶派なんですが、たまーに味を変えたくてやっています。

まとめ

ということでまとめます。

 

・カフェインは余計に飲む必要がある(摂りすぎに注意)

・水のほか、麦茶やほうじ茶が最適

・糖分の多い清涼飲料水にもご用心

 

というのが、この記事のお話でした。

 

ということで、ぜひこの暑い夏を麦茶やほうじ茶で乗り切ってくださいね。