お年玉の相場は?赤ちゃんにもお年玉は必要ですか?

お正月がやってきます!お正月と言えば、お年玉ですね。

親戚の子供が多いと大変ですが、子供たちも待ちかねているので、渡さない訳にもいきません…。

 

現在、お年玉は現金が主流ですが、物心つく前の赤ちゃんにもお年玉は必要なのでしょうか?

 

赤ちゃんにお年玉をあげるとすれば、相場はいくら位なのでしょうか?

 

「お正月にお年玉」当たり前になっているので、どうしておとし玉をあげるのか、私も理由がわからないので、まずは、お年玉の由来から調べてみました。

 

お年玉の由来

 

1、昔は、お正月にお供えのお返しに、神様からお年玉(新年の新しい魂)がもらえたそうですが、そのお年玉は家の代表のお父さんだけがもらえるものだったそうです。

 

神様からもらったお年玉(新年の新しい魂)は形のない物だったので、お父さんはそれをお金や品物の形にして、子供たちに分け与えたのが、お年玉のはじまりという説。

 

2、新年に歳神様を迎えるために供えた餅を、子供たちにたべさせていた事から「御年魂」(おとしだま)という説。

 

3、歳神様にお供え餅を年初めに分配される事から「年賜」(としだま)となったという説があります。

 

どれも、新年に家にやって来るという歳神様に由来しています。

 

実は私は今回調べて初めて、新年の魂、お供え餅がお年玉の由来と言う事を初めて知りました。

 

子供の頃はただ喜んでもらっていましたし、大人になってからも、当然のごとくただ渡していましたが、とても神々しいものだったのですね!

 

お年玉の相場

 

由来がわかったところで、現金が主流の現在、あまり多すぎるのも、少なすぎても、お供え餅を分けてあげる訳にもいきませんので、お年玉の相場というのがあるのか調べたところ、

 

幼児1000円、小学生低学年1,000円〜3,000円、高学年3,000〜5,000円、中学生5,000円、高校生 5,000円〜10,000 円、大学生 10000円位といのが、一般的な目安です。

 

他に 年齢➗2✖1000円なんて公式も存在していますが、

10歳の子供には10➗2✖1000円で、5000円となりますので、一般的な目安からすると、多いような気がしますね。

 

このように一応相場があり、自分の上司など、とてもお世話になった方の子供さんに渡さなくてはならないような特別な場合は別として、家族や親戚の普段から交流のある子供の場合は、子供たちを思う気持ちを込めて渡せば、金額なんてあまり気にしなくていいのかもしれません。

 

実際、自分の子供の頃の事を思い出しても、誰がいくら、なんて覚えてもいません。

 

私の場合、親戚の子供が多くて分けるのが面倒なので、その年の自分の景気により、一律2000円〜3000円、高校卒業したらもう大人なので無しでここ数年、実施しています。

 

赤ちゃんにお年玉?

a2

そこで、ちょっと迷うのが赤ちゃんへのお年玉ですね。

 

物心つく頃になると、本人もお年玉をもらって喜こべるようになるのであげたくなりますが、それより前の赤ちゃんにお年玉は必要なのかどうかですね。

 

由来からすれば、赤ちゃんも他の子供と一緒になります。

 

現金は渡しづらいと思った時には、おもちゃや絵本などの品物を渡す、という方も多いですね。

 

私は、親戚や親しい友人の子供には他の子供と同じ金額を「赤ちゃんのオムツ代の足しにでもしてください」という気持ちでしたが、今年からは「今年も健康ですごせますように」と願って渡したいと思います。

 

 

まとめ

 

  • お年玉は、神様からの贈り物を、子供たちの健康を祈って分け与えたお供え餅が由来!
  • お年玉の金額には、一般的な相場がありました。
  • 由来を知れば、渡したい!赤ちゃんにもお年玉。

 

赤ちゃんにお年玉は必要なのか、とという事で、由来から調べてみましたが、私は赤ちゃんにも、是非お年玉を現金に限らず、「気持ち」として渡したいと思いました。

 

余裕があれば、できるだけ沢山あげたいと思うのが親御心ですが、健康に過ごしてほしい気持ちは金額ではありませんよね。

 

子供たちに、その気持ちも知ってもらいたいものですが、「気持ち」なんて言っても、子供たちにしてみればやはり、もらった金額が多ければ多いほど嬉しいのもわかります。

 

今年は、鏡餅を渡してみてどんな顔をするのか、見てみたいと思います。