一人暮らし系男子のための最低限の大掃除の順番とコツ

年末といえば大掃除。多分皆さんやらなきゃなあ、と思っているでしょうし、私も思っています。

 

ただ私はふと、大掃除ってどのような順番でやれば効率良く済ませられるのか、ということを調べたくなりました。

 

そこで、その結果をこの記事に書きます。

 

ただ私は一人暮らしをはじめてあまり時間が経っていないヒヨッコなので、主婦の方には常識なことも多く含まれているかもしれません。

 

ただ、同じ一人暮らしをはじめて間もない方とか、今まで意識したことがそんなになかった、という方向けに、自分用も含めて書きたいと思います。

まず掃除用具を確認

まず掃除を始める日を決め、そこまでに用具を揃えます。

 

意外と雑巾がどこかに行ったとか、漂白剤が足りないとか、そういうことが当日に起こり得ます。

 

途中で買いに行くとかいうことが起こったらモチベーションがガタ落ちなので、しっかり準備しましょう。

 

炭酸ソーダなどの便利グッズも、いろいろ調べて揃えておきましょう。そして使うところの目処をつけておきましょう。

基本は上から、奥から

まず大原則として、上のほうから掃除していく、というのがあります。

 

部屋ならば天井やエアコン、照明機器の掃除からはじめ、また二階建てのお家なら2階の奥から掃除をはじめる。

 

埃というのは基本的に上から下へ落ちてきます。つまり、先に下の段を掃除してしまうと上から埃が落ちてきて元の木阿弥ということです。

 

さらに2階から掃除をはじめて玄関のほうに向かっていけば、最終的に玄関にごみが集まることになります。

 

もちろんあまり舞うと困るので適度に床の掃除機はかけたほうが良いかもしれませんが、基本的な流れはこれです。

 

 

 

また、大掃除というのは整理整頓の機会でもあるのですが、そのときは最初に奥の品を出しつつ掃除をするのが良いでしょう。

 

奥から一気に攻めれば整理整頓も一気に片付きますので。

 

また、以外に忘れがちなのがカーテンです。ダイニングのカーテンなんかは食べ物の匂いで汚れている場合が多いので、この機会に洗いましょう。お風呂を使うとやりやすいでしょう。

 

水周りを有効活用

souji2

キッチンやお風呂の掃除も、早めに進めると良いでしょう。

 

というのは、水が周りに飛んで二度手間になる場合があることと、コンロや換気扇のつけおきを早い段階に始めれば効率が良いためです。

 

お風呂に関してもタイルのカビ、バス用具の漂白など、先に要所要所で「放置することが必要な掃除」をセッティングしておき、他の作業を進めるというのが大事です。

 

同時に水回りは、雑巾や大きめの洗濯物、家電のパーツなどを洗う場所でもあります。

 

邪魔にならないよう、グッズなどは先に整理しておきましょう。

窓や寝室の掃除は?

窓や寝室も、どちらかというとお家の奥のほうにあるので先に取り掛かります。

 

まず寝室については、天井や照明器具のあとはすぐベッド自体の掃除をするのがオススメです。

 

というのも、埃がきわめて舞いやすいためです。

 

埃が舞うと、他の場所について二度手間を起こしそうですから。

 

また窓については、なるべく日の出ている午前中〜午後早くにやると良いでしょう。

 

部屋が明るくなってやる気が続いたりしますから。あと水を使って拭くのであまり寒くないように。

 

また複数人いれば、室外機と窓は同時に掃除するとか、そういう並行できる作業をなるべく並行してやるのもうまく進めるコツです。

 

玄関や外のお掃除も忘れず!

玄関や外についても、最後にしっかり掃除しましょう。

 

今まで基本的に玄関に向かってゴミを出すように掃除をしていたので、最後に玄関と外を掃除すれば完璧です。

 

最後にお外の見た目もよくなれば、達成感も段違いですから。

どのぐらいの期間で?&まとめ

さて、以上の掃除をいったいどのくらいの期間でやればよいのでしょうか。

 

これは丁寧さにもよりますが、しっかり計画を立て、用具を揃えれば2日ぐらいでできると思います。我が家でも、なんだかんだ少し手を抜きつつですがそのぐらいの期間でやっています。

 

そのためにはあらかじめ、余計なゴミや明らかにいらないものは普段からこまめに捨てたり整理したりすることが重要でしょう。

 

「困難は分割せよ」という名言は、大掃除にも通用します。

 

まとめとしては、

・事前準備、用具からしっかり

・上から、奥からが鉄則

・並行できる作業も考える

でしょう。

 

あと、普段の整頓も効いてきます。

 

普段の整頓ができてない私が言うのもなんですが、まあ反面教師ということで。

 

というわけで、大掃除、がんばってください。私も進めなければ。