大晦日ってなに食べるの?意外なバリエーションのある食事まとめ

大晦日の食事って、なにを食べるんでしょうね。

 

我が家では夕飯に年越しそばを必ず食べる、というのが習慣になっています。それ以外の特別な食事はありません。

 

ただ、気になって調べてみたところ、大晦日の食事はそれだけではないということに驚きました。

 

というわけで、そんな「様々なパターン」を皆さんに紹介したいと思います。

年越しそば・うどん派

 

というわけで、大晦日といえばやっぱりこれ、年越しそばです。

 

一年の苦労を切るとか、細長くて栄養たっぷりだから健康長寿とか、そのような縁起を担いで食べられる伝統があります。

 

とくに暖かいそばならば、寒い大晦日にぴったりですね。

 

個人的には、ねぎを乗せるのがよりおすすめです。

 

というのは、ねぎの成分が疲労回復などに効果があり、そばに多く含まれているビタミンB1の摂取を助け、またねぎの辛味が体をさらに温めるからです。

 

あと、一部地域(主に香川県?)ではうどんを食べることもあります。あれいつも通りじゃないですか?

 

おせち派

 

なんと、おせちを大晦日に食べる場合もあるそうです。とくに北海道。

 

私は、「おせちはお正月に楽できるよう、保存がよく効く料理を使って作られている」と聞いていたので、お正月になってから食べるものだと思っていました。

 

ただ、楽できるというのなら大晦日からしたいので、大晦日の昼のうちにつくるというのは確かに合理的かもしれませんね。

 

お正月はそれとは別にお餅やさまざまなご馳走を食べるので、あまり食べすぎてしまわないように、という意味でも大晦日から食べても間違いではなさそうです。

お寿司派

002

祝い事といえばお寿司ですよね。そうでもないでしょうか。

 

大晦日はやはり特別感があるので、やはり特別感のあるお寿司を食べたい。

 

ただ、そう考える人は多く、家族団欒の機会でもあるので、回転寿司屋さんを含め大晦日の予約はすぐにいっぱいになります。宅配でも同じでしょう。

 

というわけで、お寿司を大晦日に食べたいという方は早めに予約をしましょうね。

すき焼き派

 

意外と多いのがすき焼きだそうです。私もこれをみたときはびっくりしました。

 

ただすき焼きは、比較的手軽かつほとんど誰にもおいしく感じる料理、かつ鍋ものであり団欒にもよく温かい料理です。

 

まさに大晦日のためにある料理ではありませんか。いや、大げさですけど。

 

ちなみに私は溶き卵をしっかり使う派です。

ピザ派

 

ピザも人気です。

 

おそらく、ご馳走感のほかに、宅配ピザならば料理に手を煩わすこともないため人気なのだと思います。

 

これも皆んなでワイワイ食べるタイプですしね。

 

なんとなく『ガキ使』をみながら食べるのにはもっとも合いそうな気がします。

他なんでもご馳走派

003

ほか、「カニ料理」「オードブルとお寿司」「寄せ鍋」「天ぷら」「刺身」などなど、とにかくご馳走が並んでいました。

 

寄せ鍋とか、学生がワイワイと友達と食べるのに良いかもしれませんね。

 

あと、普通の食事とは別にケーキを食べる場合もあるようです。クリスマスが終わったばかりなので被っているといえば被っていますが。

 

確かに皆んなで集まって年越しをワイワイ、ならばみんなが食べたいものを選ぶのが良いですね。

いつも通りの食事派

 

大晦日はいつもと変わらない食事をとる、という方も多いようです。

 

必ずカレーを作り置きする、という場合も。作り置きができるならおせちと同様、お正月にゆっくりできますからね。

 

年越しそばは別に食べるからむしろ軽い食事で済ませる、という場合もあるようです。

まとめ

まとめると、

 

・ご馳走を食べることが多い

・家族団欒っぽいものを選ぶ

・こだわりがなければ好きに食べれば良い

 

です。好きに食べれば良い、というのを言っては本末転倒かもしれませんが、まあ好きなもの、かつちょっと特別感のあるものを食べれば良いのではないでしょうか。

 

というわけで我が家では、今年も年越しそばにしようと思います。