窓ガラス掃除ってめんどくさくない?簡単にキレイに仕上げるワザ!

年末の大掃除。めんどくさい点は多々あれど、特に窓は面倒ではないですか?

 

拭いても拭いても汚れが残る、広いしたくさんあるし外は寒いし……。

 

でも、窓がきれいで日差しがたくさん入ってくると気分も晴れやかになりますし、また大掃除してすっきりした!という気分になるんですよね。

 

と、いうわけで今回の記事では、窓をあまり手間をかけずピカピカにする方法を集めました。

 

この記事の方法を実践して、私の部屋もかなり明るくなりました。

 

いつ、どの順番で?

 

まず、窓の掃除をやる時間ですが、比較的に湿度の高い午前中にやると良いです。

 

というのは、湿度が低すぎると拭いた水がすぐ蒸発し、乾拭きの前に汚れが定着してしまうこともあるからです。

 

せっかく拭いたのに汚れてはやる気がなくなっちゃいますから。

 

できれば曇りの日がより理想的ですが、まあ天気はわからないものなので。雪の後を狙うとか、夏に台風の後を狙うとかも良いかもしれませんね。

 

 

 

また、窓は外側から掃除すると良いでしょう。汚れは大抵外側のほうがひどいので、外を先に掃除することで内側の汚れが見えやすくなりますから。

掃除道具は何を使う?

m1

便利なのは、「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」や車用ハンドワイパー、もしくはスクイージーのようなT字型の道具です。

窓の高いところにもそのまま届くし、腕を高く上げずに済みます。

 

また、内側も外側も、ガラス用のスプレーを使うと効率よく済みます。商品名なら「ガラスマジックリン」とか。ただ、普通の洗剤を使ってもあまり問題ありません。

 

あと、T字型の道具を使ったあとに湿らせた布を使って拭きますが、このとき雑巾を使ってはいけません。繊維や汚れがそのまま残って結局汚くなってしまうからです。ふきんを使うといいでしょう。

 

最後に新聞紙を使って乾拭きをして仕上げます。これには艶出しの効果があります。

短時間で終わる流れ

実際の流れを説明します。

 

まず、洗剤をクイックルワイパーなどにつけます。ガラス窓につけてもよいですが、このとき洗剤は使いすぎないようにしてください。

 

洗剤が残ってしまうとそれも汚れになるし、ふき取るのが大変ですから。普通の洗剤なら薄めて使ってもいいぐらいです。ガラス用スプレー洗剤なら、汚れがひどいときでも1 m×1 mの範囲にひとスプレーぐらいです。

 

そんなにひどい汚れがなければ、ワイパー側に一回洗剤をつけるぐらいで十分です。

 

で、洗剤を広げたあとそれを落とすように上から下に拭きます。

上から下に一回拭くごとにワイパー自体もティッシュや布巾で拭けば、汚れが筋になることも防げます。

 

そのあと軽く湿らせた布巾で1回だけ拭けば良いです。

 

二度拭き不要と言っているガラス用スプレー洗剤もありますが、その成分が残ると紫外線によって変質して黄ばみになってしまうことがあるので、軽く1回拭くだけでいいので湿らせた布巾で拭きましょう。

 

で、最後に残った水分を新聞紙で拭き取ります。めんどくさければしなくても良いですが、新聞紙で拭くとツヤが出ます。

 

新聞紙は、ガラスがびしょびしょのままでは使わない方が良いです。というのはインク自体が溶け出したり紙のかけらが残ったりするので。なので布巾は「湿らせた程度」なのです。

 

逆に乾いた状態でやれば、インクの成分によってガラスにツヤが出るのです。

ついでに窓枠、網戸、サッシも!

大掃除ならその周りの、窓枠や網戸、サッシも掃除しましょう。

 

まず枠は、重そう水で拭くときれいになります。重そうは窓ガラス自体にも使えるので、お家にある方はぜひ試してみましょう。

 

外の窓枠でとくに汚れがひどいときは、よりアルカリ性が強力なセスキ炭酸ソーダを使うと良いです。ただアルカリ性物質はススのような有機物にはよく効きますが、泥汚れには効かないのであらかじめ布で取っておきましょう。

 

網戸については、これもクイックルワイパーを使うとやりやすいです。

 

とくに「立体吸着ウエットシート」を使えば、よほど汚れがない限り洗剤いらず。上から下にさっと拭くだけで汚れが取れます。

 

またサッシのそうじは、使い古した歯ブラシと掃除機を使うときれいになります。隙間の汚れを掻き出しつつ、掃除機で吸い取るのです。

 

仕上げに湿らせた布巾を割り箸に巻いて拭いたり、スポンジを使って拭いたりすれば完璧になります。

まとめ

というわけでまとめると、

・洗剤は使いすぎない

・洗剤+ワイパー→湿らせた布巾→新聞紙

・網戸とサッシも忘れずに

というのがポイントになります。

 

キレイな窓で日差しを入れるためにも、窓はしっかり掃除しましょう!