小正月っていつ?食べ物や行事など、知らないことばかり

私の住む鹿児島では、お正月明けの新学期が始まったころに『鬼火焚き』という行事があります。

門松やお正月飾りを焼き、その日でお餅を焼いて食べるというもの。

 

この『鬼火焚き』、全国では『どんど焼き』と言われているようです。

 

そして『どんど焼き』は、小正月の行事だとか。

つまり鹿児島なじみの『鬼火焚き』は、小正月の習わしであったらしいのです。

 

一部のカレンダーでしか見ることのない「小正月」。

実は思ったより生活に密着しているのでは?ちょっと調べてみました。

 

 

小正月って、いったいいつなの?

1月1日の元日を「大正月」というのに対し、小正月は一般的に1月15日を指します。

地域によっては1月14日~16日までのところもあるようです。

 

門松や注連縄などのお正月飾りを外し、この小正月まででお正月の行事が終わるというもの。

 

現在は1月8日までを「松の内」と言いますが、昔は1月15日までを言っていたそうです。

松の内が半分になってしまっているなんて・・・

しかも、1月2日にはデパートも初商だったりで、今では1月8日にさえお正月気分はさほどありません。現代の忙しさを実感してしまいますね。

 

 

小正月の行事ってどんなのがあるの?

 

冒頭に紹介した『どんど焼き』(地域によっては『どんと焼き』、『左義長』などとも言われます)。お正月飾りや前年のお守りなどを燃やし、その煙と共にお正月の神様が天にお帰りになる、という由来があるそうです。

 

お盆の迎え火や送り火のような印象も受けるこの大きな炎。火にまつわる様々な言い伝えがありました。

 

・この火で焼いた餅(団子)を食べると虫歯にならない。一年間無病息災。

・書き初めを燃やしそれが高く舞い上がると字がうまくなる。

・この炎にあたると若返る。

 

鹿児島のどんど焼きでもある『鬼火焚き』でも、お餅を焼いて食べました。

また火を囲む地域の方々は、焼酎やビールをおいしそうに飲んでいましたよ。地域の交流を深める大切な場でもあるのだと感じました。

 

このどんど焼きが神社で行われていたことからか、小正月に神社に行くという風習だけが残った地域もありました。

 

また、この日ばかりは男性が女性をおもてなしするという地域も。

年末年始に忙しく働いた女性への労いを、そうして形にしてくれると嬉しいものですね。

 

また1月15日というと、少し前まで『成人の日』でしたね。

これは昔の男子の成人の儀式『元服の儀』が小正月に行われたことに由来しています。

成人の日が1月の第二月曜日となってしまったのは、そういった由来からは外れてしまうこと。少し寂しい気もします。

 

小正月に食べるものって?

kosyou2

小正月の行事は、名称こそ地域でだいぶ違いましたが、やっていることはかなり似通っています。

そして、食べ物も全国的に同じです。

 

小正月に食べるもの、それは『小豆粥』。

 

小豆の赤い色が魔除けなどの意味を持つようで、お赤飯と同様祝いの席で食されてきたものです。

 

小豆粥とは言いますが、実は小豆とお餅とお米が入っている場合も。

かなりお腹が膨れそうです。

 

余談ですが、1月7日に七草粥と1月15日の小豆粥。両方食べたほうがいいようです。

どちらか一方しか食べない場合「片粥」と言って縁起が良くないと言われているそう。うーむ、小豆粥の風習は知らなかったので、私も私の家族も今までずっと片粥だったということですね。

今後両方食べるようにしたら、より開運するものでしょうか。

 

まとめ

  • 小正月は1月15日。地域によって少し違いがある。
  • 小正月の代表的な行事は『どんど焼き』。実は『成人の日』も。
  • 小正月の食べ物といえば小豆粥。赤い色が魔除けの意味を持つ。

 

小正月というと聞き慣れない言葉ですが、意外と地域行事として伝わっているものの由来になっているんですね。

『どんど焼き』は聞いたことはあれど見たことない・・・と思っていたのに、毎年見ているあの『鬼火焚き』のことだったとは!

まだまだ、見知らぬ日本の習わしがたくさんありそうです。

 

まだ幼い娘たちにも、こういったことを伝えていきたいと思います。