風邪を早く治す方法とは?薬で早く治る事はありません!

寒波到来で、雪の天気予報が多くなり風邪が流行する季節になりました。

 

私も、何年も風邪をひかなかったので、「風邪をひかない体質だから」と自慢していたのですが、先日、とうと、風邪をひいてしまいました。

 

熱もあって、2、3日はダウンしていましたが、2週間ほど経って、現在は咳が少し残っている程度でほぼ回復しました。

 

若い頃は、熱が出てもすぐに回復していたような気がしますが、回復力も年齢と共に低下するようですね。

 

でも、できるだけ早く治したいものです。

 

風邪を早く治す方法を調べてみました!

 

 

風邪とは

 

風邪というのは、ウイルスによる鼻、のど、お腹、の感染症で、主な症状は、咳、喉の痛み、鼻汁鼻づまり、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛、下痢、嘔吐ですね。

 

私の場合は、咳、発熱、鼻づまり鼻汁、倦怠感で、発熱は38で風邪薬を飲んだらすぐに解熱したので、そのまま、市販薬で様子を見ました。

 

ウイルスにも色んな種類があって、インフルエンザもその中の一種類になります。

 

そのウイルスの種類によって、夏風邪、お腹の風邪など、流行する季節や症状が変化しますね。

 

風邪の治療

 

まず、私の場合まず風邪薬です。

TVでも、「風邪をひいたら・・・」とCMをしているので、風邪の薬なんだろうと思って、風邪症状が出ると風邪薬を買ってきますよね。

 

風邪薬では良くならない時に、意を決して、お医者さんに行きます。

 

しかし!現在、風邪のウイルスに効果のある薬というのは、インフルエンザ以外はないそうです!

 

ですので、インフルエンザ以外の風邪症状で病院に行ったとしても、処方してもらえるのは、風邪の症状を軽減させるお薬なのです。

 

という事は、風邪には自然治癒しかないという事です。

 

お医者さんや薬剤師さんは、その事を知っているので、風邪症状が出ても、むやみに薬は飲まないという人は多いそうですよ。

 

風邪の期間

 

風邪が治癒するのには、薬を飲んでも飲まなくても平均的には7日から10日で、3週間以上症状が続く場合もあるそうです。

 

ですので、症状を抑えるために、風邪薬や病院で処方されたお薬を飲んで、症状が軽くなって「やっぱり薬は効くな」なんて思っていても、風邪が治ったわけではなく、症状が抑えられているだけなんですね。

 

「症状が軽くなればそれでいいじゃない!」と、思いますが、それが良し悪しで、必要でない薬を服薬する事で、副作用が出たりして、体に余計な負担をかけて、自然治癒力まで弱まって、風邪が長引いてしまう場合もあるのです。

 

ですので、できるだけ早く風邪を治したい時には、自然治癒力を高める方法しかないと言う訳ですね。

 

また、症状のピークは2、3日でそれを過ぎても、症状がピークな場合は、風邪でなく他の病気の可能性があるので、その時は迷わず病院に行って検査をしてもらいましょう。

 

早く治すには

kaze2

風邪をひくのは、自然治癒力が低下している時という事ですが、自然治癒力が低下する原因は、偏った食事、精神的ストレス、睡眠不足、加齢、運動不足、過度な運動、大気汚染、薬に頼りすぎる、喫煙、などがあるようです。

 

私も風邪をひく前に、年末年始から偏った食事をし続け、睡眠も不規則で、頭痛がしそうな時にはすぐに鎮痛剤、鼻がむずむずすると鼻炎薬に頼り、おまけに加齢も…。

 

知らず知らずに、自然治癒力が低下するような事をしていました。

 

という事で、自然治癒力を高めるためには、低下しないように、バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動、とい規則正しい普通の生活をする事が大切なんですね。

 

風邪を早く治すために、サプリが良い、ドリンクが良い、これを食べると良い、など情報も沢山ありますが、自然治癒力が低下していると体に負担がかかり、余計に長引く可能性もあります。

 

まずは、脱水予防とウイルスの排泄を促すために、水分を十分に取って、低下してしまった自然治癒力を回復させるために体を休ませる事が大切ですね。

 

まとめ

  • ウイルス感染で症状が出ます。
  • インフルエンザ以外に特効薬有りません。
  • 薬を飲んでも飲まなくても、7日〜10日位で治癒するようです。
  • 体を十分に休めて、疲れた自然治癒力をいたわりましょう。

 

風邪薬が、余計に風邪を長引かせる事があるようなので、私も、規則正し生活を心がけて、自然治癒力向上させ、本当に「風邪をひかない体質だから」と言えるようになりたいと思います!