寒波対策オシャレ編!寒さと雪を乗り切るテクニック3選

いやぁ、寒いですねー。

 

今期の冬はあったかいかも~なんて思っていたら、一気に寒くなりました。

 

寒波が過ぎたと思ったら、また寒波。

 

気持ちが休まらないですよね。

 

 

 

寒すぎるときとか、雪が降ったときに困るのが、今日のファッション。

 

寒いから重ね着したくなるけど、モコモコして着ぶくれしたらカッコ悪いし。

 

オシャレと防寒対策の両立って、なかなか難しいですよね。

 

 

 

実は、私は岩手県出身です。

 

高校卒業までは、極寒の地域で暮らしていました。

 

その中で培われたオシャレと防寒対策を両立するための3つのテクニックを紹介します。

 

 

 

ホッカイロ2枚づかい

 

毎日氷点下が続くような地域で生活していた私。

 

高校生の時は、どんなに寒かろうが、どんなに大雪だろうが、生脚で登校していました。

 

 

 

寒さって、5度を下回ったあたりから、痛覚に変わる気がします。

 

 

寒いのを通り越すと、皮膚がヒリヒリして、痛くって痛くって。

 

 

 

でも、痛くったってオシャレがしたい!

 

寒くったってオシャレがしたい!

 

ですよね!!!

 

 

 

そんな私を支えてくれたのは、2枚のホッカイロ

 

小さめのホッカイロをおへその下に一枚、背中に一枚とお腹をはさむように貼っていました。

 

いろいろ研究を積み重ねた結果、この方法が貼っていることが外から見て分かりにくいうえ、効率的にあったまる気がします。

 

 

 

残念ながら、医学的根拠は無いけれど・・・。

 

雪国出身の私の経験です!

 

試していただけたら、嬉しいです。

 

 

 

ブーツは靴底にこだわる

kanpa2

温かさとオシャレを両立してくれる理想の靴

 

それはブーツです。

 

脚を寒さから守ってくれるし、種類が豊富なので、ファッションに応じて幅広い選択肢から選ぶことができます。

 

 

 

でも、いろいろ試した結果、滑りやすいブーツがめちゃくちゃ多いとも感じています。

 

ポイントは靴底!

 

いくらたくさんの溝が入っていても、プラスチックのような硬めの素材は滑りやすい気がします。

 

気をつけていても、すてーんといっちゃうのよね・・・。

 

雪に慣れてない東京で、ブーツで転んでしまっているオシャレ女子をたくさん目撃しました。

 

恥ずかしいやら、痛いやら。

 

できれば、転びたくないですよね!

 

 

 

オシャレをしたいけど、転倒して恥ずかしい想いをしたく無い方には、靴底がゴムのように柔らかい素材になっているブーツがオススメ!

 

あえて、オシャレな長靴にする!という選択肢もアリだと思います。

 

農作業のときに履くものだとか、子どもっぽいイメージがある長靴ですが、最近、めちゃくちゃかわいくなっています。

 

長靴は、防水の面でも、滑りにくさでも優秀です。

 

 

 

靴底の素材で、雪道や凍った道の歩きやすさが全然違います!

 

ぜひチェックしてみて下さいね。

 

 

 

ちなみに、私は雪道を歩くときには、ちょこちょこと、いつもよりも歩幅を小さくして歩いています。

 

コレだけでも、だいぶ転びにくくなる気がします。

 

雪道を歩くときには、ちょこちょこ。

 

こちらも、試してみてくださいね。

 

 

 

ヒートテック最強説!

 

岩手に住んでいたとき、オシャレ女子のほとんどがUNIQLOのヒートテックを愛用していました。

 

似たようなモノがたくさん出ているけど、やっぱりヒートテックが一番だと思います。

 

 

 

アウターに響きにくいから、重ね着しても着ぶくれしないでしょー。

 

やっぱり、何よりも、あったかいんだから~

 

 

 

色も種類も豊富なので、胸元がざっくり開いたニットのときは、ヒートテックもざっくり開いたものを選んで、タートルネックのときには首元が詰まっているタイプのものを選んだりして。

 

生地も厚めのものから、薄手のものまで、いろんな種類があります。

 

 

 

こんな風にファッションに応じて、幅広い選択肢の中から選べるのは嬉しいですよね。

 

色も種類もいっぱいあって、おばさんっぽくないデザインも気に入っています

 

 

 

次の寒波が襲ってくる前に、今すぐUNIQLOにレッツゴー!

 

 

 

まとめ

1.ホッカイロのダブルづかいで、体を挟み込んで温める。

 

2.滑らないために、靴底に注目してブーツを選ぶ。

 

3.超優秀なヒートテックを使いこなす。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

寒いけど、オシャレをしたい!

 

女子って、大変!でも、楽しい♪

 

 

 

寒波が来たって、気温が氷点下を下回ったって、オシャレを楽しんでいきましょう!

 

オシャレと防寒を両立する3つのテクニックが一つでもお役に立てたら嬉しいです。