寒暖差アレルギーの症状は、自律神経の乱れと関係あります!

季節の変わり目、気温差が大きくなると、体が疲れやすくなって、カゼのような症状が出たりしますね。

 

数年前から、気温が大きい時に起こる体調の変化を、「寒暖差アレルギー」と言うそうで、テレビのワイドショーなどで取り上げられています。

 

季節の変わり目といえば、花粉症やカゼで体調を崩すものだと思っていましたが、この寒暖差アレルギーでどんな症状が現れるのか、しらべてみました!

 

寒暖差アレルギーとは?

 

寒暖差アレルギーは、「血管運動性鼻炎」という正式名称がありますが、鼻炎とはいえ、鼻炎の症状だけではないのが、寒暖差アレルギーなのです。

 

その症状は、鼻水、咳、頭痛、皮膚のかゆみ、蕁麻疹、イライラ、食欲不振などの症状が起こります。

 

そして、鼻炎やカゼのような症状を調べても、ウイルスや、花粉が原因でないのが特徴です。

 

なぜ、寒暖差アレルギーになるの?

 

寒暖差アレルギーは、実は、寒暖差により自律神経が乱れなが原因になっています。

 

なぜ、寒暖差で自律神経が乱れるのかと言うと、自律神経は、寒さや暑さから体を守るために、血管を収縮させて、外の環境に体を合わせようとしてくれているのです。

 

ちなみに、人間が対応できる温度差は7度だそうです。

 

ですのであまりにも、寒暖差が激しいと、自立神経が疲れきってしまい、動きが乱れてしまいます。

 

そうすると、自律神経が対応しきれなくなり、体に不調が現れてきてしまうののです。

 

なので、不規則な生活や、ストレスが溜まっていると、自律神経はさらに疲れて、症状が出やすくなるのですね。

 

こんな症状も!

 

血管運動性鼻炎と名前がついていますので、くしゃみ、鼻水などの鼻炎症状はもちろんの事、自律神経の乱れが原因なので、体のかゆみや、カゼのような症状や、睡眠不足、疲れ、イライラ、食欲不振、倦怠感などが起こります。

 

私も、カゼから回復したのに、今度は体にかゆみがあって、何かのアレルギーなんじゃないかと思っていましたが、外から帰宅して、体が温まった頃に痒くなるので、最近寒暖差が激しいので、これは寒暖差アレルギーかもしれませんね。

 

寒暖差アレルギーを予防したい!

kandan2

地球温暖化、異常気象などで、これから先、季節の変わり目に関わりなく、さらに寒暖差が激しくなるかもしれませんので、できる事なら、不快な寒暖差アレルギー症状を予防したいですよね。

 

そこで、寒暖差アレルギーを予防する方法としては、体を冷やさないように着る物を調節する・下半身を冷やさない・お風呂で温まる・マスクで鼻の中に冷気が入らないようにする・血行が良くなるような食べ物を食べるなど、体を冷やさないようにする事が大切です。

 

寒暖差アレルギーだけではなく、心身の健康を保つために自立神経を整える事はとても大切です。

 

自律神経を整えるために、呼吸法や、瞑想、ストレッチなどの軽い運動を行ったり、バランスの取れた食事をする、深酒や夜更かしをしない、などストレスを溜めない生活を心がけるようにしましょう。

 

 

自律神経を整える事で、多少の寒暖差に負ける事なく、健康に過ごせるようになりたいものですね。

 

まとめ

 

1、鼻炎やカゼのような症状があります。

2、自律神経が寒暖差で疲れてしまって起こります。

3、中には、睡眠不足、体のかゆみ、イライラ症状が起こる人もいるようです。

4、体を冷やさないようにしましょう!

 

人体が対応できる温度差が7℃とは、知りませんでした。

ちなみに、今日の気温は、最高12℃、最低−2℃となっており、その差は10℃ですね。

 

冬場だけでなく、夏も、冷房の効いた部屋と外気はかなりの差になりますよね。

 

限界の7℃はすぐに超えてしまいます。

 

もう、冷暖房のない生活は考えられないので、負けないように、規則正しい生活をして、自律神経を鍛えないといけないですね。