書き初めの言葉選び、定番から二度見しちゃうものまで

毎年、書き初めってしますか?

 

我が家の小学生は、冬休みの課題として書き初めがあります。

母である私は書道有段者なので、我が子に教えるついでに近所の子も呼んで、一緒に宿題をひとつ済ませてしまいます。

 

小学生はこのように課題が出るので、何という言葉を書くか迷わずに済みますね。

でも、そうじゃない人はなんという言葉を書くのでしょうか。

SNSなどでかなり面白いことを書いている人もいたので、ご紹介していきますね!

 

 

書く言葉を自分で考えなければならない~中学生・高校生

kaki2

中学生や高校生になってからの書初めの宿題は、自分で書く言葉を決めるようです。

あまり簡単な字を書くわけにも行かないので、四文字熟語を書く場合が多いようですね。

 

たとえば

『温故知新』

『一期一会』

『切磋琢磨』

などは定番ですね。

 

五文字なら

『光陰如流水』

『科学の発達』

『理想の実現』

なども出てきました。

 

部活をしている場合、その目標やモットーを書き初めにする場合も多いようです。

『一球入魂』

『真剣勝負』

『不撓不屈』

『切磋琢磨』

などでしょうか。

 

もっとストレートに

『試合に出る』

『勝負に勝つ』

なんてのもありましたし、受験生なら

『絶対合格』

なんて書く人も多いのではないでしょうか。

 

大人の書き初め~ビジネスマンはプレッシャー

子どもと一緒に、大人も書き初めをするという方もおられるようです。

この場合は、家族の幸せにつながりそうな言葉を選んでみてはどうでしょうか。

 

『笑門来福』

『家内安全』

『感謝』

などは、うまく書けたら一年間飾っておいても良さそうです。

 

多くはないと思いますが、一部の企業や会社でも書初めをするところがあるようです。

これはプレッシャーですね!

なんという言葉を書くかで、上司からの評価にも響いてきそうです。

ここは知性も見せつつ、過度に自分を大きく見せすぎない絶妙な言葉選びのセンスが必要です。

 

『初志貫徹』

『一意専心』

『一刻千金』

あたりだと、上司からのウケも良さそうですね。

 

間違えても

『一攫千金』

を会社で書かないように・・・。

 

面白書き初めを集めてみました

ちょうど今日、SNSを見ていたら偶然目に飛び込んできた書き初めの言葉。

 

『犬においかけられる』

 

二度見してしまいました。

 

他にもネットを探していたらいろいろありますね。

 

『弱音卒業』 自分の決意でしょうか?

『断捨離』  年末の大掃除からずっと気になっていたのかも?

『女王さま』 一瞬ぎょっとしましたが、子どもの字のようで安心しました。

『ふなっしー』よっぽど好きなのでしょう。

 

一風変わった書き初めを一堂に集めて、ただ笑ってみたいな、なんて思いました。

 

個人的には、同郷のメジャーリーガー川崎宗則『チェスト!』がツボでした。

ちなみに『チェスト』とは、鹿児島で気合を入れる時に使う言葉です。「えいやーーー!」という感じですね。

川崎選手の郷土愛がにじみ出ています。

 

 

そして最後に小学生の課題

そして最後に目の前の現実である、小学生の冬休みの課題。

実を言うとつい今しがた、近所の子も交えて書き初めの宿題を終えたところです。

4年生は『出発』、

6年生は『希望』を書きました。

二文字なので、名前のスペースも取りやすく書きやすいですね。

 

ちなみに、ちょっと憂鬱な書き初めを楽しい時間にしたくて、「『犬においかけられる』って書いてた人がいたよ」と話すと、二人とも笑いすぎて書けなくなっていました。

小ネタをはさむのは、タイミングを見計らった方がよかったようです。

 

他県の小学校に通う子は『元気な子』。

画仙紙というのでしょうか、縦長の紙に書いていました。

 

縦長の紙に書く方が、なんとなくですが書き初めの気分は上がりますね。

 

 

まとめ

  • 中高生は、自分で書く言葉を考える。目標や座右の銘が多いかも。
  • 大人の書き初めは、言葉選びのセンスも問われる。
  • 面白書き初めってけっこうある!
  • 小学生の課題としての書き初めは、雰囲気や気分も大切

 

子ども達を指導しながら、自分も6年生の課題であった『希望』を書いてみました。

背筋の伸びる感じがして、なかなか清々しいものでしたよ。

 

子ども達のついでにやったので、きちんと筆と墨を使いましたが、気軽に筆ペンで書いてもいいのではないかと思いました。

 

今年は自分への決意を込めて、書き初めをしてみるのもいいかもしれませんね。

私はこのあと筆ペンで『減量成功』などと書いてみようかと思っています。