人工知能は人間を超えるか?ー人類の居場所に関する問題

人工知能。

皆さんはこの言葉に、どんな印象を受けているでしょうか。何を思い出すでしょうか。

最近将棋や囲碁で人間に勝ったよな、とか、東京大学に受かろうとしているロボットがいるとか、そういうのを思い浮かべる方も多いと思います。

 

最近、人工知能の発展はめざましく、またその言葉がメディアに出てくる回数もかなり多くなっています。

そこで映画好きの人(というと言い過ぎですかね)はこう言います、「スカイネットの時代が来るのではないか」と。

 

スカイネットとはご存知、映画『ターミネーター』シリーズの、簡単に説明すると自我に目覚めたコンピュータのことです。

人工知能が人類を超えて脅威となる、というイメージはこの映画からけっこう来ているのかもしれません。

 

そこで本稿では、実際人工知能が発展しつづけたら何が起こるかを紹介して考察していこうと思います。

最終到達点としては、人類の居場所はどうなるのかという問題です。

 

ただし私は、人工知能の専門家ではありません。

とっても面白いなあと思って野次馬で色々調べているただの一般人です。

ただその分、よく知られている話から出発して書ければなあと思っています。

 

 

 

そもそも人工知能って何?

最近人工知能という言葉がメディアによく出てきますが、実際人工知能というのは何なのでしょうか。

 

人工知能とウェブをつなげる研究などを行っている松尾先生の著書『人工知能は人間を超えるか』では、定義が研究者によっても違っているということが書かれています。

ただ、世間が人工知能と騒いでいるものは、究極の意味での人工知能ではないとも書かれています。

 

どういうことかというと、人工知能という定義にもっとも確実に当てはまる、「人間の考え方を模倣した機械」ではないということです。

そういう意味での人工知能はまだできてない、そもそも人間の考え方がどう行われているのかはわかってないとも。

 

ただ、機械学習(人間が行う学習・反復を模倣したもの)も人工知能と呼べそうで、メディアで現在人工知能と言われているものはそれです。

囲碁でイ・セドル9段に勝ったAlphaGoはこれを用いていますし、東京大学に合格しようとしている東ロボくんもそうです。

 

本稿ではそのような、機械学習を用いたものも人工知能に含めましょう。

 

人工知能は人間の居場所を奪うか。

jin2

とまあ、人工知能とは何かがなんとなく分かった・定義されたとして、みなさんが気になるのは将来自分たちがどうなるかということですね。私もそうです。

 

スカイネットみたいなのは極端だとしても、人間の仕事の多くが奪われる結果になるのではないか、ということです。

 

実際、奪われるという研究や発表も出ています。

2014年、英国デトロイト社は、英国の仕事のうち35%が、今後20年でロボットに置き換えられる可能性があるという報告を発表した。

” (松尾 豊『人工知能は人間を超えるか』序章、『職を失う人間』より)

個人的にはデータ入力とか単純作業はどんどん置き換えてほしいなあと身勝手に思うわけですが、実際職を追われると困る方はたくさんいらっしゃいます。

 

で、創造的分野は大丈夫そうかなと思うと、意外と人工知能は進出してきます。

人工知能がレンブラント(画家)の”新作”を作ったとか、星新一のショートショートを再現するとか。

 

ただし、これらは偉大なる作家の模倣です。

本当に1から創造するところはまだできてないのかなあと思います。

 

また、サービス業についても接客は人がやってほしい、という声はまだまだ根強いと思います。

ということで、その点でも少なくともしばらくは人の仕事が奪われることはないでしょう。

模倣自体は介護ロボットなどで実現しつつあるようですが。

 

ということで私が考えることとしては、単純作業など”面倒なもの”だけを人工知能に任せ、生活を豊かにして趣味の時間を増やす方向、というのが良いのかなあと思います。

一からの創造をそこでやっていけば、豊かな生活は保たれ、居場所を奪われることもない的な。

 

楽観的と思われそうですが、これが私の考えです。