恋愛で後悔しない即実践の生き方のすすめ

人生は、常に分かれ道の選択ばかりです。

しかし、どんなに後悔しても決して過去へ戻りやり直すことはできません。

人間はロボットではありません、人生の選択でミスもします。

でも、もう人生の選択で失敗を終わらせましょう。

僕も恋愛で後悔を経験しているからこそ、もう後悔しない生き方をしたいです。

そこで、あみだした恋愛において後悔しない即実践できる生き方を紹介します。

好きな女性へのアピール

a0002_010688

まず恋愛は好きになった女性へアタックしなければ、全く先へ進めません。

それが原因で後悔する生き方へとつながっていくのです。

そこで、いきなりデートという高いハードルを自分で設定しなくてもいいのです。

まずは2人で会うことからはじめます。

どの女性も話すことが大好きで女子会をやっているぐらいです。

あなたからの誘いを受けてくれる可能性があるので、そこからスタートをします。

まず電話では、緊張して結局世間話で終わってしまったり、声が震えてしまう可能性があります。

そこで、LINEかメールに狙いを定めます。

文書は、自分らしいもので良いので簡単です。

「~行きませんか?」という難しくない感じでOKです。

具体的に書くと「猫が好きだって言ってたけど、今度の休みに猫カフェに行きませんか?」

誘う理由も書くことがポイントです。

これがなくただ「猫カフェに行きませんか?」では、女性はなんで?と疑問に思い警戒される可能性があるからです。

好きになった女性のちょっとした情報から誘うところまで簡単にたどり着くことができます。

自分で自分をフォローする

a0001_015543

ここからが最大のポイントとなります。

LINEやメールを出す前にとある準備をします。

それは、僕自身も勇気が出ずに後悔してばかりだったので、もしも断られた時のための準備をします。

まず、メモ帳に断られた自分への励ましの言葉を書きます。

2~3フレーズあるとベストです。

例えば

「猫は好きだけれど、猫カフェは2人でなく自分1人で楽しむタイプなんだ」

「今日は、外せない用事があったんだなドンマイ!また次の機会を逃さないように」

断られた事実を頭の中で再現し、ポジティブな気持ちへ持って行く言葉を書くのです。

それは、こうでなくてはいけないというものはなくて、自分が励まされる言葉を書けばいいだけです。

自分のことは自分が1番よく知っているのです、自分で励みの言葉をササッと書き上げましょう。

万が一、断りの連絡があった場合にすぐにこのメモを見ると、断られた事実でショックを受けるだけだった人生が明るく展開し先へ進めます。

こうして自分で自分を癒すことは、セフルカウンセリングといって立派な心理学の用語なんです。

それをこうして簡単に実践することもできて、効果も必至です。

 

想いを秘めていても何も成果なし

a0001_017444

僕の経験上、好きな女性をひたすら想い続けても何の成果もなく後悔してきました。

そこで、2人の約束からデート、お付き合いにマニュアルはないと知って下さい。

何か月好きだったら、何年付き合ったら結婚と決まってませんよね。

もっと好きになってから、2人の約束にチャレンジしようではもうそこでアウトです。

好きという想いを抱いた自分に気づいたら、即行動しないと人生の恋愛では、後悔することになるシステムなんです。

まとめ

a0002_006521

人見知りな僕がここだけで明かした好きな女性に想いを抱いたと感じたら、即行動ルールさえ知っていたら、もう恋愛で後悔することはまったくありません。

自分には強い自分を励ます言葉がついています。

そして女性は男性から誘われて嫌な気持ちになる人なんていません。

誘ってもらえてすぐに、女性がわく気持ちは嬉しいなのです。

だから、迷わずに自分を励まず最大の味方を作ってからの即行動のアタックを嫌がる女性なんていません。

どんどんアタックしてください。