鼻づまりを治す方法とは?花粉症向けオススメ対処法3選

花粉症には辛い季節がやってきましたね。

 

花粉症歴5年以上の私の鼻はすでにムズムズしています。

 

残念なことに、すでに目もかゆい・・・。

 

特に鼻は、年々、敏感になっています。

 

「今年は花粉が多い」

 

なんていうニュースを見ただけで、ムズムズ・・・。

 

くしゃみまで出ちゃいます。

 

 

 

花粉症の悩みの1つが鼻づまり。

 

鼻づまりになると、ただでさえ息苦しいのに、それが長期間続くとなると、めちゃくちゃ憂うつ。

 

仕事にも、勉強にも、家事にも、全く集中できないっ!

 

深刻な問題です。

 

 

 

私も、鼻が通るための体操とか、鼻づまりを解消するために良いと言われる方法を、いろいろ試してみました。

 

でも、効果を感じられたものって、実はとっても少ないんです。

 

 

 

花粉症の鼻づまりの症状に悩む方へ!

 

私が効果を感じたベスト3の改善方法を紹介します。

 

 

 

鼻は絶対にすすらない

 

花粉症の時期って、仕事とか、勉強をしていると、鼻がタラタラたれてきませんか?

 

特に下を向いていると、すーっとたれてきちゃうんですよね。

 

人目を気にして、ついつい、鼻をすすっちゃっている方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

でも、花粉症の場合、鼻をすすることは絶対NG!

 

花粉症はアレルギー反応によって引き起こされます。

 

カラダが「コレは敵だ!」と思って、悪いモノを外に出そうとするから鼻水が出ます。

 

それなのに、鼻をすすると、いつまでも悪いものが外に出ていきません。

 

「鼻をすする=鼻がつまった状況を自分でつくっている」ことと同じです。

 

いつまでたっても、良くなりません。

 

鼻水は悪いモノと一緒に、鼻をかんで、外に出すのが1番!

 

 

 

といっても、会議中とか、プレゼン中とかで、鼻をかむのが難しいときもありますよね。

 

分かる、分かる!

 

こんなときの必殺技!

 

それはマスクです。

 

マスクをしていたら、多少の鼻タラタラは気づかれません。

 

会議とか、大事な場面が終わったら、トイレに直行!

 

思いっきり、鼻をかんでスッキリです。

 

悪いモノをカラダの中に戻すより、タラタラのままの方が良いと私は思います。

 

 

 

マスクの内側で起きていることは、自分だけのヒミツ。

 

鼻がたれていたって、公衆の面前にさらされていなかったらセーフです。

 

マスクに、ミントの香りをシュッとし吹きかけておくと、清涼感が出て、鼻が通る感じがします。

 

これだけで全然違います!ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

 

部屋の湿度は高めをキープ

tuma2

お風呂に入ったとき、鼻水がいっぱい出たー!という経験をされたことはありませんか?

 

鼻水って、鼻を温めるとめちゃくちゃ良く出ます。

 

だから、鼻づまりの解消法として、レンチンしたホットタオルで、鼻を温める!

 

この方法が、効果的とされています。

 

 

 

レンチンも悪くないんだけど、鼻がつまったかな・・・と思ったら、いちいちチンしないといけないのが、ちょっびり面倒。

 

だから、私は部屋を温かくする+加湿器を使っています。

 

部屋全体の湿度が高めだと、乾燥している時期でも、鼻がカピカピになりにくいからオススメ!

 

鼻から悪いものが出やすくなるし、お肌も潤うし、風邪の予防にもなるし、一石三鳥以上です。

 

 

 

鼻うがいでスッキリ!

 

花粉症のときって、「この鼻、誰か取りかえて~!!!」って、思ったことはありませんか?

 

はい。私は、毎年思ってます!

 

そんな、私の鼻を取り替えて~!という願いを叶えてくれがのが、鼻うがいです。

 

鼻を新しく付け替えたような感覚が味わえます。

 

 

 

まず、水道水に食塩を入れて、生理食塩水を作ります。

 

それを鼻に流し込んで、鼻を洗います。

 

これで終わり。

 

 

 

文字にすると簡単そうなんですが、やってみると、すっごく難しいです。

 

慣れるまでは、生理食塩水がいろんなところに入ってゲホゲホってなるし、苦しかったりします。

 

でも、一度マスターすると、病みつきに!

 

 

 

鼻をかんで、鼻の通りをよくしてから、口を軽くあけてやると、私の場合はうまくいきます

 

やりすぎは良くないので、ほどほどに。

 

鼻が一気にスッキリして、かなり気持ち良いです。

 

 

 

まとめ

1.カラダに悪いモノは、鼻水と一緒に外に出す。すすって鼻の中に戻さない。

 

2.部屋の湿度を高めにすると、鼻水と一緒に悪いモノが外に出やすくなる。

 

3.鼻うがいをマスターすると、鼻がスッキリ!快適に。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

花粉症の時期を、少しでも快適に乗り切るために効果的な方法を紹介しました。

 

あまりお金をかけずにできて、効果を感じやすいものばかりです。

 

 

 

特に、鼻うがいは画期的!

 

初めてやるときには勇気がいりますが、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

 

 

花粉、早くどこか遠くに飛んでいかないかな・・・。

 

憂うつな花粉症の時期ですが、前向きに乗り切りましょう!