ごま油うがいの効果!うがいで白髪や薄毛の予防ができる!

カゼの予防には、うがいが一番ですが、何を使ってうがいをするのが、効果的なんだろうと思い、調べたところ、お茶や塩水の他に、ごま油というのを見つけました!

 

ごま油といえば、インドのアーユルヴェーダでごま油を頭にたらすシロダーラというのがあるけれど、それと関係あるのかな?

 

と思いながら、ごま油うがいと効果を調べました!

 

ごま油うがいはどこから来たの?

 

やっぱり、インドのアーユルヴェーダでした。

このアーユルヴェーダというのは、5000年も前から行われているインド伝統医学の事です。

 

ヨガやアロマテラピーを行っている人は知っている方も多いだろうと思いますが、このアーユルヴェーダで使用するのが、ごま油とココナッツオイルなのです。

 

アーユルヴェーダでは、オイルでうがいする事を「オイルプリング」と言います。

 

ごま油うがいがなぜ効くの?

 

人間の舌の裏は、体の中でも、吸収力がとても高い箇所と言われています。

 

口の中に、オイルを入れる事で、そのオイルの有効成分が口の中、舌の裏から体に吸収され、良い作用をもたらしてくれる、という訳です。

 

 

舌の裏の吸収力なんて、日常生活で考えた事もありませんでしたが、確かに、素早く効果を出したい心臓の薬など、舌下錠になっていますね。

 

ごま油はこんなに万能だった!

gom2

ごま油うがいの効果を調べてみると、虫歯予防、口臭予防、口内炎、歯のホワイトニング効果、歯周病予防、とお口のトラブルはもちろんの事、他に、ハゲの改善、白髪の改善、ほうれい線改善、美肌効果など、アンチエイジング効果や、さらに免疫機能の活性化、老廃物を排出するデトックス、健康維持にも効果的なのだそうです!

 

なぜ、こんなにも効果があるのかと言うと、ごま油の中に含まれている、セサモールやセサミンという成分が、体のトラブルや老化の原因になる活性酸素を除去してくれるから、なのです!!

 

また、ごま油のうがいで白髪やハゲが予防できるのは、ごま油に含まれるゴマリグナンという成分も含まれており、このゴマリグナンは、女性ホルモンと似た性質を持っているため、ホルモンと関係のある白髪、ハゲにも効果があるのだそうです。

 

他にもごま油に含まれている、ビタミンE・B・鉄分など、血行を促進し、老化予防に役立っているようです。

 

 

白いごま油を使う訳は?

 

こんなに効果があるのなら今からやろう!ごま油なら台所にあるよ!と、思ってしまいますが、ちょっと待ってください!

 

ごま油と言っても、中華料理に使う、食欲をそそる香りが漂う茶色いごま油ではありません。

 

ごま油うがいには、白いごま油を使います。

 

白いごま油は生絞りなので、焙煎して絞った茶色いごま油より、より多くの有効成分が含まれているのだそうです。

 

そして、活性酸素を除去してくれるセサミン、セサモールという成分は、ごま油を加熱処理しないと出ません。

 

ですので、白いごま油を、加熱処理(キュアリング)して使わないといけません。

 

残念ながら、ひと手間かかります。

 

ごま油うがいは、こうします!

 

材料は、ご近所のスーパーに売っている、白い方のごま油、他に必要な材料は温度計、鍋、保存用の瓶、瓶に油を移す時のじょうごです。

 

処理方法は、白いごま油を鍋で100℃〜110℃まで熱する。

 

これで、出来上がりですので、あとは保存用の瓶に入れて出来上がりです。

 

うがいの方法は、朝、一番に、この加熱処理したごま油を適量口に含み、のどまで行き渡らせうがいをした後、口の中全体に回してクチュクチュして、吐き出し、最後は白湯で口をゆすぎます。

 

確かにひと手間はかかりますが、沢山の効果があるので、やってみる価値はありそうですね!

 

 

まとめ

 

1、インドの伝統医学です。

2、舌の裏からもごま油の有効成分が吸収されるのです。

3、老化防止、白髪、ハゲ予防にも効果が!

4、白ごまは生絞りで有効成分が沢山!

5、ひと手間、加熱処理するだけ!

 

ココナッツオイルが流行った時にミランダ・カーがココナッツオイルでうがいするという記事を読んだ事がありました。

 

私も、ココナッツオイルを試しましたが、日本生まれ日本育なので、あまり馴染まない味で、値段も高く続きませんでした。

 

ですが、このごま油なら、慣れ親しんでいるので続けられるかもしれませんね!