義理チョコのお返しを選ぼう!よくわからない系男子必見

バレンタインデーの季節です。

 

リア充もしくはそれを目指す皆様におかれましては、来るべき2月14日に備えて戦略を練り、チョコレートの市場調査を積み重ね、またいかにして想いを伝えるかの台詞回しと文章の研鑽を行なっていることでしょう。

 

また非リア充の皆様におかれましては、聖ウァレンティヌスの由来、菓子類メーカー経営戦略説、不純異性交遊と倫理観、あるいは単純な嫉妬と憤怒によって理論武装し、迫り来る2月14日を戦い人々のバレンタインを破滅させる戦略を練っていることでしょう。

 

ただ非リア充でもリア充でも、大抵ついて回るのが「義理チョコ」の存在です。

「同僚として嫌ってはいない印」など目的はいくつかあるかもしれませんが、とにかくチョコを頂いたからには返さなければなりません。それがコミュニケーションというものであり、人との交流を大切にするものです。

 

返すのは一般にホワイトデーの日、3月14日とされています。

ただ、日付はともかく、その返しの相場や選び方というものが悩みどころです。

 

私なんかは身内も含め数人のとくに親しい方からしかもらえない(寂しい)感じで、それぞれの好みもなんとなく把握はしていますが、それでもいざ選ぼうとすると相場に困ります。まして異性の友達や知り合いが多い方はかなり困りそうですね。

 

というわけでインターネットを調べまわり、世間が言う一般的な返し方はどういうものなのかについて調べました。

 

 

 

前提の考え方

まず共通見解として、「義理チョコは”期待”はされてない」ということが挙げられます。つまりあくまで義理であり、社交辞令的にやっているものであり、多分「お疲れ〜」程度の感覚なのです。

 

そこに30倍返し、豪華絢爛なお菓子なりカバンなりを渡すと「なにあいつ」という扱いを受けます。というかその程度でなく、多分もっとひどくドン引きされるでしょう。

 

ただかといって、安すぎるものをあげるというのもおそらくNG。「ごめんね今お金ないから〜」キャラなら通るかもしれませんが、多分そんな世渡り上手な方はこの記事を読んでいないでしょう。

 

ということでまず、高すぎず、安すぎず、中庸を狙っていくことになります。『論語』にもなんか書いてありましたね。

 

 

 

相場はいかに。

giri1

といっても中庸って具体的じゃないなあ、と思うわけです。

というわけで最も無難な形としては、

「渡されたものと同じぐらいか少し高い程度」

ということに落ち着くようです。

 

で重要なのは、「普段食べようとは思わないもの」でしょうか。

例えばハーゲンダッツとか、スーパーにはある程度のブランドのクッキーとか。

ハーゲンダッツを普段から食べている方はわかりません。私は一介の一般的な若者なのでそういう業界は知りません。

 

少し高い程度にするのは普段の感謝も込めて、という感じです。

もらったのが500~1,000円のオーダーでは500円以上増しはすこしやりすぎかなあ、という印象もあるようです。

 

あと、あまり適当に選んではいけません。

渡す側の方はすでに市場調査を済ませている、言わばバレンタイン菓子業界のエキスパートであると想定しましょう。

本命があれば実際かなり調査しているはずです。

ゴディバの値段なんて即答されると思います。ゴディバ自体はもちろん選択肢のひとつですが。

 

というわけで、もらったチョコの銘柄と人をこっそりメモしておき、後でその値段を調べて合わせるという形が良いと思います。

メモをとるなんて失礼な、と思うかもしれませんが、社交辞令でもきっちり的確に返す誠実さ、書けばそれなりに好印象に見えてきませんか。

メモりすぎてストーカーにはならないように。

 

メモしなくても覚えられるスーパーマンはそれで良いですが、私なんかは失礼なことにすぐわすれてしまうのでメモに頼ります。

忘れるよりはまだ失礼さが少ないでしょうから。

 

 

 

その他・まとめ

最後にひとつ注意すると、彼女ら(最近は”彼ら”も渡すのかもしれませんが)はお返しで甘いものに飽きていることがあります。

もともと甘いものが好きでなかったり、甘いものは好きでも美貌を気にしていたりする場合もあります。わかりやすくいうと体重です。

 

ということもあり、お菓子でなくてもでも構わないというのもあります。

紅茶とかハンドクリームとか入浴剤とか。

基本的に日用の消耗品が良いでしょう。形に残るものとかは本命感があってハードルが高いので。

(これ記事の最後に書いたけど、実はそこそこ重要では?)

 

というわけでまとめとしては、

・同じぐらいの値段〜ほんの少し上

・お菓子もしくは日用品の消耗品

・できれば相手の好みを少し把握しておく。少しメモっとく

 

ということです。

義理チョコのお返しは、距離感を保ちつつ選んでいきましょう。