富士山の山開きの期間はいつ?持ち物は?登山に興味がある方へ!!

日本で一番高い山といえば?

そう、富士山です。フッジサーン。

 

夏といえば?

海!と言いたい方もいらっしゃるかもしれませんが、山もいいものですよ。

 

と、いうことで、今年の夏は富士山に行ってみましょう。

ただ、実際富士山っていつからいつまで登れるの?

というのが気になることです。

富士山の山頂近くは初夏でも白く、雪が残っているように見えます。

 

ということでこの記事では、まず富士登山がいつからできるのかを紹介し、登山で忘れがちな道具についても挙げていきます。

富士山の山開きはいつ?

山開きとは、登山を許可する日付のことです。

んなもん知ってるよ!という声が聞こえてきそうですが。

 

山というのは天気の荒れ方などが激しいため、一般の人が入れる日というのは専門家の手によってしっかり決められています。

それ以外にも、山は神様であるという考え方があるので、そういう儀式的な意味でも山開きは守りましょう。

 

で、富士山の山開きはいつか。

登山ルートにもよりますので一覧にすると、

吉田ルート:7月1日(土)~9月10日(日)

須走ルート:7月10日(月)~9月10日(日)

御殿場ルート:7月10日(月)~9月10日(日)

富士宮ルート:7月10日(月)~9月10日(日)

となっています。

吉田ルートってのは7/1から、それ以外は7/10からで、9/10には全て閉まるという覚え方をするとよいでしょう。

ただ、雪解けや天候の状況によっては山開きが遅れる場合もあるのでそこは注意です。

 

また、初心者にオススメなのは梅雨が明けてから行くことです。

山の雨は過酷なので、とくに初めての場合は天気が悪いときをなるべく避けましょう。

 

それぞれのルートの詳しい解説は今回はしませんが、初心者にオススメなのは吉田ルートか富士宮ルートです。

どういけばそこに入れるのか、またそれぞれのルートの特徴や注意点についてもぜひ調べてから行ってみましょう。

登山のときの持ち物は?

ji2

登山をやったことがないと、登山のときの持ち物とかはあまり想像がつかないと思います。

そこで、忘れがちだけどないと山登りができないという持ち物を挙げてみます。

服装関連では、

・防寒着・レインコート的な雨具

・替えの肌着

・軍手やグローブ

・帽子(ヘルメットがあるとよい)

・トレッキングシューズ

・ヘッドランプ

が挙がります。

 

富士山頂は夏でも気温が10℃以下、ときに氷点下まで下がることもあるので、防寒着は必須です。真冬のものにしましょう。

もちろん、半袖や半ズボンは絶対NGです。

 

雨具も必須です。それも傘ではなくレインウェア。

レインウェアに関しては本当にしっかりしたものを持っていきましょう。

山は天候が変わりやすいというのは聞いたことがあると思います。

それだけでなく、高山の雨というのは横から殴りつけてくることが多いです。

体温が奪われると遭難してしまいますので。

 

一方で登山により汗をかくので、替えるための肌着も必要です。

靴下なんかもなるべく用意しましょう。

 

登るときは岩をつかむ場合もあるので、軍手も必須となります。

素手は危ないです。とても。

また、足元の砂利、濡れ、雪などなどのためにトレッキングシューズも必須となります。

 

案外忘れがちなのがヘッドランプです。街灯は当然ありません。

懐中電灯は片手が塞がるので危ないです。両手が空くヘッドランプがやはりいいでしょう。

電池ももちろんもっていきましょう。

 

 

 

続いて、生活関連っぽいものでは

・もちろん水・食事・おやつ

・日焼け止め

・常備薬

・トイレットペーパー

が必須です。

 

山の上は寒い割に日差しが強いので、日焼け止めがないとひどい目に逢います。

また、日差しだけでなく砂埃対策としても、サングラスはあったほうがよいです。

 

トイレットペーパーも案外忘れがちです。

山小屋のトイレにトイレットペーパーが常備されているわけではありません。

濡れないようにビニール袋に入れて持っていきましょう。

 

 

 

というのが、実は「最低限の持ち物」です。

これだけは忘れてはいけないものをご紹介しました。

 

この記事では分量が足りないのですべては紹介できませんが、まだまだ持っていくと便利なものはあるのでぜひ調べてみてください。

 

 

 

まとめ

ということで、まとめます。

・吉田ルートは7/1から、その他のルートは7/10から山開き

・終わりは9/10まで

・梅雨が明けてからがよい

というのが、山開きに関することです。

 

また、山はなめずに重装備なほうが周りに迷惑をかけない、ということも併せて覚えてくださいね。

 

これらの道具を揃えるのは敷居が高いかもしれませんが、なあに、登山の楽しさのためならどうということはありません。

 

ぜひぜひ、山登りを楽しんでくださいね。