急増中!ロック板のないフラップレスコインパーキングってどんな仕組みなの?

楽しいドライブの陰の役者、コインパーキング。私も天体観測が趣味で望遠鏡を車で運んだりして、観測スポットの近くのパーキングを探したりします。

実は最近、そんなコインパーキングに変化が起きているんです。

皆さんの中に、 “駐車した後にもち上がるあの板”がないコインパーキングを見かけたことがあり、不思議だと思った方はいませんか?思い返すと不思議ではありませんか?また見たことがなくても、そんなコインパーキングがあったらどうやって車を管理するの? と不思議に思い、また不安に感じるでしょう。でも、そんなフラップ“あの板”のないコインパーキングが最近増えているんです。

 

・板のあるコインパーキングの欠点

g2

思えば、板のあるコインパーキングは、段差を越える必要があるので、ただでさえ初心者に不安なバックでの運転を、微妙なアクセル加減でやらなければなりませんでした。また、車の入る角度がうまくいかないと地面から突き出す装置で車を傷つける可能性がありましたし、車高によっては持ち上がったときにぶつかります。とくに運転初心者は心配ですよね。私も緊張します。

また車から降りたあとも、その装置でつまづく恐れがあります。運転で座ってばかりで足元が少しおぼつかないときにこれは怖いです。雨のときは金属製のため滑るということもあります。

さらに理不尽なのが、フラップが故障した場合です。持ち上がったまま故障してしまったら出庫できません。このような故障は不正出庫によっても起こるので、板も料金も踏み倒した悪い人のせいで足止めを食らう、という理不尽な状態になることもあります。ドライブにそんな水は差されたくありませんよね。

 

 

・じゃあ、フラップレス・コインパーキングは?

でも、フラップがない、フラップレス・コインパーキングならばそのような心配がありません。駐車も楽、不意の故障のときに心配が少ない、さらに停電時や災害時にもそのまま出せます(もっとも、災害時はむやみに車を運転してはいけませんが)。

でも、フラップがなかったら踏み倒し放題では?と思ったワルいあなた!その対策はもちろんしてあります。

実は、フラップをなくす代わりに

(https://www.i-tech-corp.co.jp/number/ より)

こんな装置がついているんです。この子は何をしているかというと、車のナンバーを自動的に認識しています。目がよくて、夜間でも認識が十分できます。最近自撮りとかでも流行りの、画像認識の技術ですね。こいつと、あと駐車場に埋設してある車両認識装置によって入出庫を管理しています。

さらにこの子は料金システムとともに駐車場管理会社につながっており、もし踏み倒しが発生したらブラックリストに入って次回利用時に請求とか、悪質な場合は警察に通報するとかいうことがされています。さらに防犯カメラも兼ねているので、車上荒らしがあっても映像を遡って犯人を探す手がかりとなります。なんという働きもの!駐車場全体を監視するカメラとあわせ、悪いことを防止できます。まさに安心安全。

さらにこの子はまた善良な利用者にも優しくて、料金を払う前にうっかり車に近寄ると、センサーが反応して「料金を支払ってください」などと注意してくれます。うっかりやのあなたでも安心。なんて健気なんでしょう。ちなみに利用方法は前と変わりません。

実はこのシステム、駐車場管理者にも嬉しい利点があって、板の設置費用よりもフラップレスのときの装置の方が安く済みます。消費電力も20分の1で、省エネの時代にぴったりですね。チリも積もればなんとやら。防犯という意味でも、利用者にも管理者にも優しいシステムなのです。

 

・楽しいドライブの立役者に!

まとめると、フラップレス・コインパーキングは

  • 車を“あの板”で傷つける心配がない
  • 防犯対策は板のあるコインパーキング以上
  • 利用方法は今までと変わらない

というわけで、フラップレス・コインパーキングはこんなにも便利なのです。この記事を読んでなければ戸惑ったかもしれませんが、あなたはもうフラップレス・コインパーキングを知りました。ぜひ、楽しいドライブに活用してくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました。