第一印象が怖く見えてしまう人のための4つの方法

人との出会いというのは、普通に生活しているだけでも、実はとんでもない数になります。

学生でクラスが変わった。社会人なら職場や取引先が新しくなったなどの、わかりやすい新しい人との出会いだけでなく、道を歩いていていてすれ違う人や、いつも立ち寄るコンビニの店員さんが新しい人になっていた。

そんなところまで人との出会いと考えてみてください。

どこでどういう人と出会い、親しくなるチャンスがあるか分かりません。

そんな中で、第一印象が悪いというのは、とても大きな損です。

接客業などの人と多く関わる仕事に就いている人はもちろんのこと、そうでない人も第一印象はとても大切です。

今回は第一印象が怖く見えてしまう人が、損をしないための改善策をご紹介しますね。

人は見た目が9割は本当? 視覚からの情報量は確かに多い

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s
僕たちは普段、視覚や聴覚、嗅覚などから情報を得ていますが、その中でもダントツで情報量が多いのが視覚です。

得る情報の87%が視覚からだといわれています。視覚に次いで情報量の多い聴覚で7%ということなので、どれほど視覚からの情報に頼っているかが分かるかと思います。

付き合いが長くなれば、喋り方が落ち着くや匂いが好きなどということで好感を持つこともあるでしょうが、相手のことをよく知らない第一印象となると、特に見た目は重要です。

第一印象で怖い印象を与えてしまう人のほとんどは、表情や服装、髪型というところに問題があるので、そういった所をまず改善していきましょう。

無表情はとっつきにくい印象を与えてしまう

-shared-img-thumb-0I9A7044_TP_V
見た目の中でも表情は特に重要です。

第一印象が怖かったり、接しにくい人というのは、実は人見知りする性格で、仲良くなると印象がまったく変わるという人が多いです。

そういった人は、人見知りする性格のせいで、普段は表情が硬くなってしまっています。

無理に笑顔をつくろうとしても、ぎこちなくなってしまうかも知れません。口元だけ無理に笑顔をつくっても、「目が笑ってない」などと言われて、よけいに怖がられることになってしまっては逆効果です。

表情が硬い人は、無理に笑おうとするのではなく、少しだけ顔の筋肉を緩める意識をしてください。

頬と目元の力を抜く感覚を覚えると、だいぶ優しい表情をつくれるようになりますよ。

笑われるぐらいがちょうど良いと肩の力を抜こう

-shared-img-thumb-BL010_kuzu20140810215138_TP_V
初対面の人と接すると緊張するとともに、バカだと思われたくない、変なヤツだと思われたくないという感情が働きます。

しかし、それが態度に出ると、どうしても怖い雰囲気になってしまいます。

隙がなく、堂々としている人というのは、格好いいかも知れませんが、同時に親しみにくく、無理にそんな態度をつくろうとすれば、表情が無いのと同じように怖い印象になってしまいます。

ひょうきん者になる必要はありませんが、人と接する時に、自分の言動で相手が笑ったらおいしいぐらいの気持ちで楽に接すると、自然と接しやすい空気が出せますよ。

喋り方につられて、表情も明るくなる

-shared-img-thumb-BL010-aremoshikashite20140810_TP_V
知り合いに、都会に出て方言をバカにされるのが嫌だからと、意識的に標準語に変えてしまった人がいますが、なんだかもったいないなと思います。

やはり、標準語でキビキビと話す人よりも、多少方言がある人のほうが、僕は暖かみがあって、それだけで親しみやすいと思います。

無理に方言を話す必要もありませんが、同じ言葉を喋る時でも、明るい声で話すことや、柔らかく話すことを意識してみてください。

明るく元気に「おはようございます」というと、自然と表情もそれにつられて明るくなります。

また、おだやかに喋るように心がけると、表情もおだやかになります。

声のトーンや喋り方などは、比較的、意識すれば簡単にかえやすいものなので、まずはここから試してみるのも、いいかもしれません。

まとめ

-shared-img-thumb-OOK96_soredeuhuhu20141221140407_TP_V
僕の今までの経験から言うと、第一印象が怖い人というのは、実はとても真面目だったり、優しかったりと、仲良くなってしまうと魅力的な人が多いです。

しかし、その魅力をわかってもらう前に、第一印象で人と親しくなるチャンスを逃してしまっているという、残念な事実があります。

第一印象が怖い人の理由をまとめてみると、

・実は人見知りで、緊張している
・バカにされたくない、変なヤツだと思われたくないという思いが態度に出ている
・喋り方からとっつきにくい感じが出ている

などがあります。

第一印象を改善するために、できるだけ意識してもらいたいことは、

・とにかく人は視覚からの情報に頼ることを知っておこう
・無表情はダメ。無理に笑顔をつくるのは難しいので、顔の筋肉の力を抜く感覚を覚えよう
・肩の力を抜いて、自分の言動で相手が笑えば、おいしいぐらいの楽な気持ちで接しよう
・明るい声や、柔らかいトーンで話すことを心がけよう。

ということです。

ぜひ試して、素敵な出会いを逃さないようにしてください。