元カノとヨリを戻したい男子に喝!まずは逆の発想をしなさい

人間というのは、一度手に入れてしまったものを失うと、なかなか気持ちに整理がつかず、いつまでも失ったものに関して考えてしまうものです。

恋愛に対してもそうです。一度手に入れた恋や相手を失った後は、なかなか現実を受け入れることができません。

特に男性は、失恋した後に落ち込む期間が、女性よりも長いといわれています。

別れた後に、元カノとヨリを戻したいと思う男性は多いです。

しかし、その考えは良いこととは言えません。

今回は元カノとヨリを戻したいと考える男性に、アドバイスを送りたいと思います。

別れは、ある日突然に訪れるものではない

-shared-img-thumb-PAK86_dakiyoseru315182624_TP_V
どうしようもない不測の事態でもない限り、別れというのはある日、突然に訪れるものではありません。

こちらからしてみたら、いきなり別れ話を切り出されたように見えても、相手はそのずっと前から、別れることを考えているのが普通です。

相手の心境の変化。別れの前兆に気づかなかっただけなのです。

こうした場合、自分はまだ相手へ対しての未練があるとしても、向こうは固い決心をつけているので、復縁を迫っても無駄だということを知りましょう。

相手はすでに新しい恋愛に進んでいる

-shared-img-thumb-N745_mimimototubuyaku_TP_V
一度割り切ってしまえば、女性の方が男性よりも気持ちの切り替えは早いです。

もし、女性の方から別れを切り出したとなれば、なおさらです。

もう、終わってしまった恋に未練は無いと考えるべきでしょう。

元カノは、新しい恋を探して動き出している。もしかしたらすでに、新しい恋が始まっているかも知れません。

そんな中、恋人を失ってしまったことを嘆き、ヨリを戻したいと考えているのは、時間の無駄以外なにものでもないです。

元カノのことを思って過ごす時間が長ければ長いほど、新しい出会いや、素敵な人生をおくるチャンスを逃しているということを理解してください。

どうすれば、失恋から立ち直り、元カノのことを忘れられるか

-shared-img-thumb-PAK86_kusoyarareta20140125_TP_V
時間が経てば、人間は必ず失恋から立ち直れます。しかし、落ち込んでいる時というのは苦しくて、二度と立ち直れないような気分になるものです。

そんな時、僕が過去に試して一番効果があったのが、相手のことを憎む。ということでした。

ナイーブな精神状態の時は、楽しかったことや、彼女が優しかった時のことを思い出して「ありがとう」という気持ちになり、「自分が悪かった」と反省してしまいます。

しかし、そんな状態では、なかなか気持ちに整理がつかず、苦しみを長引かせてしまいます。

元カノのことを思い出した時に、良いことを思い出すのではなく、嫌なことを思い出したり、今頃、新しい男性と一緒にいることを考えて、「くそったれ」と憎むようにしてみましょう。

少し荒っぽい方法に思うかも知れませんが、元カノのことを、「自分を振った憎い女」「自分のことを傷つけて、素知らぬ顔で楽しくしているヤツ」と思い、心の中で「くそったれ!」と憎んでください。

ウジウジしているよりも、ずっと次へ進む気力が湧いてきます。

まとめ

-shared-img-thumb-PAK82_gannbattekudasai1039_TP_V
別れてしまった相手を追いかけ、ヨリを戻そうとする行為は、自ら傷口を広げるようなものです。

奇跡的にヨリを戻せたとしても、一度上手くいかなかった相手とは、また同じように傷つけられて別れてしまいます。

今回知ってもらいたかった、

・気づかなかっただけで、相手は別れる前から次へ進む準備をしている
・ヨリを戻そうとする時間が長ければ長いほど、新しい幸せのチャンスを逃している
・早く立ち直るためには、相手を憎むという方法もある

という、ことを理解してください。

そして、ヨリを戻そうとして無駄な時間を費やすよりも、早く気持ちに整理をつけて次に進んでください。

元カノよりも、もっと素晴らしい女性との出会いが、必ずあります。