岩見沢ドカ雪まつり2017!オススメの楽しみ方3選

「雪まつりと言えば札幌でしょ!」

 

「わざわざ不便な岩見沢まで行かなくても・・・。」

 

大人気すぎるさっぽろ雪まつりと比べて、どこか人気がいまひとつな岩見沢のドカ雪まつり。

 

全国的に見ると、岩見沢で雪まつりをやっていることを知らない人も多い・・・。

 

 

 

悲しい。

 

悲しすぎる。

 

岩見沢の人たちは、大雪の中で、こんなにもがんばっているのにー!!!

 

なんて、エラそうなことを言っていますが、私もドカ雪まつりを知ったのは数年前です。

 

 

 

どうしても、さっぽろ雪まつりと比べてしまいますが、岩見沢のドカ雪まつりもめちゃくちゃ面白いです。

 

私の言葉で表現させてもらうと、さっぽろ雪まつりは「オシャレ!今どき!ロマンチック!」。

 

岩見沢のドカ雪まつりは「アットホーム!ファミリー向け!手づくり!」といった感じ。

 

 

 

岩見沢には、岩見沢の良さがあります。

 

ちょっと交通の便が悪いかもしれないけれど、ちょっと雪が多すぎると感じるかもしれないけれど・・・。

 

それでも一度は行っておきたい温もりを感じられるお祭りです。

 

 

 

岩見沢のドカ雪まつりを訪れたことがない人のために、岩見沢ドカ雪まつりのオススメの楽しみ方を3つ紹介します。

 

 

 

岩見沢ドカ雪まつり2017概要

 

まずは、基本的なことを整理しておきますね。

 

 

岩見沢ドカ雪まつり2017は、2017年2月24日(金)から26日(日)までの3日間、岩見沢駅東市民広場公園(JR岩見沢駅前東側)で開催されます。

 

 

 

岩見沢ドカ雪まつりは、2017年で実は27回目。

 

意外と歴史があるお祭りです。

 

■岩見沢ドカ雪まつり(岩見沢市観光協会)

http://iwamizawa-kankou.com/dokayuki

 

 

 

楽しみ方1:見て楽しむ

 

札幌ほどの規模ではないけれど、岩見沢ドカ雪まつりでも市民による雪像が披露されます。

 

温もりを感じられる、愛らしい作品が多いのが特徴です。

 

 

 

ドカ雪まつりで、見て楽しいのは、雪像だけじゃないですよ。

 

人間ばんば競争も迫力があって面白いです

 

寒い中、一生懸命がんばる人の姿に、ちょっとほっこりしちゃったりして。

 

 

 

それほど混雑していないので、寒い中、長時間並ぶ必要もありません。

 

ゆっくり見ることができて、オススメです。

 

 

 

楽しみ方2:味わって楽しむ

 

寒い時期に、寒いところにでかけたくない気持ちは正直ありますが・・・。

 

でもでも、寒い場所だからこその楽しみ方がある!

 

寒ければ寒いほど、手がかじかめばかじかむほど、あったかいものを食べると、ホントに美味しいんですよねー。

 

美味しさが体中に染み渡ります。

 

 

 

岩見沢ドカ雪まつりでは、直径2mのジャンボ鍋で作られた、あったか~い『きじ鍋』が無料で振る舞われます!

 

これが、美味しいんだわぁ。

 

冷えた体が暖まります。

 

寒さを極めた場所だからこそ味わえる美味しさです。

 

東京で食べるきじ鍋よりも、何十倍も、何百倍も美味しく感じられちゃうから不思議♪

 

 

 

岩見沢は、お米も美味しいし、野菜も美味しい!

 

ぜひぜひ、あったかくて、美味しいものをたくさん食べて下さい。

 

 

 

楽しみ方3:参加して楽しむ

出典:https://www.instagram.com/p/BCSesQmCu7f/?tagged=%E3%83%89%E3%82%AB%E9%9B%AA%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A

 

岩見沢ドカ雪まつりは、とってもアットホームで、参加できるイベントが盛りだくさんです、

 

 

 

雪でできた大型すべり台は、大人でも楽しめるようなBIGサイズ!

 

結構、すべりがいがあります。

 

安全面に配慮した設計になっているので、お子さんにも安心!

 

ちびっこを抱っこしながら、親子ですべることもできます。

 

2016年のドカ雪まつりで、すべり台を楽しむ人たちの様子をはこちら。

yuki2

出典:https://www.instagram.com/p/BCSu9X5x60t/?tagged=%E3%83%89%E3%82%AB%E9%9B%AA%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A

 

楽しそうですよねー。

 

結構スピードが出て、スリル満点。

 

これは、ちびっこたちが喜びますね。

 

 

 

他にも、手作り感あふれる、いろんなゲームを楽しむことができますよ。

 

ぜひ、あったかい格好で、思いっきり楽しんで下さい!

 

 

 

まとめ

1.市民手作りのCUTEな雪像と、迫力のあるばんば競争を見て楽しむ。

 

2.無料で振る舞われる、あったかい「きじ鍋」を味わって楽しむ。

 

3.雪のすべり台はスリル満点!ゲームにも参加して、体を動かして楽しむ。

 

 

 

岩見沢ドカ雪まつりは、めちゃくちゃ寒いけれど、心があったかくなるお祭りです。

 

市民のみなさんが頑張っているのが、びしびし伝わってくるんですよね。

 

ありがとう、って言いたくなっちゃいます。

 

 

 

雪像もすべり台もきじ鍋も・・・

 

一つ一つが、想像以上に本格的です。

 

寒いけど、勇気を出して行ったら、めちゃくちゃ楽しめます。

 

ぜひ、2017年はチャレンジしてみて下さい!