クリスマス前に簡単に成功率が高まる告白のタイミングとは?

「愛し合う者同士が、その愛を確かめ合う日」

日本において、クリスマスの位置づけは、そんな感じじゃないでしょうか。

「クリスマス本来の意味を見失っている」毎年かならず、そんな声も聞きますが、僕はまるで恋人たちの為にあるような、日本風のクリスマスも素敵だと思います。

それに、クリスマスに対して否定的なことを言う人って、決まって孤独なんです。

恋人だろうが家族だろうが、愛を注ぐ相手が居る人は、クリスマスを心待ちにしているものです。

それは、愛を確かめ合うことが素敵だと知っているからです。

「クリスマスなんて!」

そんなセリフを言わない為に、この記事を参考にしてもらえたら幸いです。

当日の告白はやめるべき!!

328673c2ccbb76e8e2bc4155b233e354_s
「クリスマス当日の告白は成功率が上がる」そんな意見を目にすることがありますが、僕はこの意見に対して否定的です。

それには、実体験を元にした、ちゃんとした訳があります。

数年前の12月に、仲の良い男友達、数人と遊んでいた時に、その中のひとりが、「好きな子に、クリスマス当日にサプライズで告白したい」と言い出したのです。

その発言に、パッとテンションの上がった僕たちは、みんなで「ああだ、こうだ」とサプライズの内容を考えました。

僕らが考えた案は、次のようなものでした。

・25日の夜に、告白すると言い出した彼が、女の子を街中へ呼び出す。

・クリスマスに呼び出したことを、女の子に詫びながら、「どうしても、コレだけ渡したかった」と、プレゼントを渡す。

・プレゼントを渡した後は、あえて、あっさりと「じゃあね」と別れる。

・去って行く彼女を大声で呼び止め、街中で堂々と「○○ちゃん、好きだ! 付き合ってくれ!」と告白する。

・動揺する彼女に駆け寄り、答えを確認する。

・OKなら、2人で夜の街へ消えてゆく。NOなら、陰で様子を見ながら、待機していた僕らと合流し、彼を励ます為の飲み会に行く。

今思い出すと、悪ふざけのような案ですが、当時は真剣でした。

僕がクリスマス当日の告白に反対していることから、結果はお気づきかも知れませんが、この告白は上手くいきませんでした。

恋人でもないのに、クリスマスの日に会える保証はない

96b41faf2cde300a50a6f2e4fa1a09fc_s
クリスマスにサプライズで告白しようとした彼は、告白できなかったどころか、会うことすら、できませんでした。

事前に、それとなく女の子にクリスマス当日の予定を聞き、空いていることを確認し、プレゼントも購入しました。

しかし、前日までは、「仕事が終わった後は、なにも用事がない」と言っていた女の子が、当日になって、友達との食事会を入れていたのです。

告白しようとしていた彼は、僕らを巻き込んでいたこともあり、必死になって「10分でいいから」「近くまで行くから」と、なんとか会う時間をつくってもらおうとしました。

「10分ぐらいなら、なんとかなるかも」という彼女の言葉に踊らされて、寒空の下、僕らは彼女が現れてくれるのを期待しながら待っていましたが、結局「ゴメン。やっぱり今日は行けそうにない」という一言ですべてが無駄になりました。

後で知ったことですが、女の子が言っていた、友達との食事会というのは、合コンで、彼女はそこで知り合った人と、後日付き合いました。

告白しようとしていた彼は、用意していたプレゼントを彼女に渡すこともなく、奮発して買った、スタージュエリーのネックレスは、お母さんにあげました。

僕らの中では、「クリスマスの悲劇」として、今では笑い話ですが、告白に失敗した彼だけは、少し引きずっています。

クリスマスの力を借りて、積極的に

f5716c02a53420a36682ba95ffa0352f_s
12月になれば、街は嫌でもクリスマスムードになります。

そして、誰でも「クリスマスにフリーで過ごしたくない」と思うでしょう。

そうすれば、自然と恋愛に対して積極的な気持ちになります。

みんなが恋愛に積極的になっている時に、ひとりだけ25日のタイムアップ寸前まで待っているのは損です。

そんなことをしている間に、友達や、ほかの男性などから誘われてしまえば、「ひとりで過ごしたくない」という気持ちから、すぐに予定を入れてしまいます。

ずばり、クリスマス前に告白するのに、ベストなタイミングは、12月に入ってすぐなのです。

ほかの人に彼女の予定を取られてしまう前に、「好きだから、クリスマスを一緒に過ごして」と告白しましょう。

まとめ

9f178a115989de2daf45036806f24c63_s
失敗した友人の告白は、1日早ければ、結果は違ったかも知れません。

みんなが恋愛に積極的になっているシーズンに、行動が遅いのは損なのです。

下手な作戦を立てたり、ロマンチックなできごとに期待しているより先に、素早く、単刀直入に「好きだ」「クリスマスを一緒に過ごしてくれ」と告白しましょう。