告白する勇気を下さい!モテ男に学んだ3つのおまじない

告白の機は熟しているのに、どうしても気になる女の子に告白する勇気が出ない・・・。

そのようなことは、誰しも多かれ少なかれ、ある程度経験しているのではないでしょうか。

「あのとき勇気を振り絞ってあの子に告白すべきだった」と後悔しないためにも、弱気になっている自分に鞭打って、思い切って行動してみましょう。

きっと、目がくらむほど明るい未来があなたを待っているはずです。

失敗も自分の肥やしにする意気込みで

wheat-1189024_640

モテる人は最初から女性にモテていたわけではなく、数々の失敗から学んできているからこそ、今モテているのです。

失敗は、あなた自身の良くなかったところを教えてくれる貴重な存在なのです。

逆に言えば、女性に振られれば振られるほど、あなたは学びのチャンスを得ることになるのです。

どんな恋愛マニュアルよりも、あなた自身のリアルな失敗が一番多くのことを教えてくれます。

失敗を極端に怖がるのではなく、失敗も自分の肥やしにしてやるぞ!くらいの気持ちで臨んでみてはいかがでしょうか。

転んでもただでは起きない強かな精神が大切です。

ポジティブイメージで成功を引き寄せよう

imagine-606359_640

告白すると決めたら、うまくいくイメージだけを想像するようにしましょう。

行動を起こす前は「失敗するかも」「ダメかもしれない」と悪いことを考えがちですが、そのように思いながら告白するよりも、前向きでポジティブな気持ちで臨んだ方があなたの印象も良くなるはずです。

オドオドして自信のない人よりも、余裕があり自信にあふれている人の方が多くの女性に好まれます。

「どうせ俺なんてダメかも」と自分を卑下せず、「いけるかもしれない!」と思い込んで自己暗示をかけましょう。

不安に呑み込まれそうになったら、鏡に向かって笑顔を作ってみましょう。

作り笑いでも脳が勘違いして、楽しい時と同じような明るい気分に自然となれるそうです。

緊張するのは一瞬だけだと考えよう

5c5d565becfc3ffc5909b446449b7cf9_s

告白するまでにあれこれ長い間悩むかもしれませんが、告白自体は5分とかからないものです。

子供の頃、注射が嫌で病院に行く前にごねたり泣いた人も多いかもしれませんが、注射自体はほんの一瞬で済んでしまいますよね。

告白も注射と同じで、さっさと行動に移してしまえば一日でできてしまいます。

逆に行動を先延ばしにしてしまうと、ますます億劫になってしまいます。

だから、告白したいと思ったら機を逃さないようにしましょう。

相手がすぐに返事を来れなくて悶々としてしまうこともあるかもしれませんが、やるべきことを済ましたら気分もすっきりするはずです。

相手の返事を待つ間は、趣味や仕事など何かに没頭するようにして、あれこれ考え過ぎないようにするのがベストです。

まとめ

red-rose-320892_640

  • 失敗を怖がってはダメ。失敗こそが一番の先生になる。
  • 自信や余裕のない男は女性に魅力的に映らない。告白することを決めたら、成功イメージだけを考えるようにする。
  • 告白自体は5分もかからない。先送りしないでパッと行動に移そう。

「告白はまた今度にしよう」と延ばし延ばしにしていると、永遠にその時はやって来ません。

「時は金なり」ですから、今こうして悩んでいる時間ももったいないですよ。

そうこうしているうちに、あなたの意中の女性を狙っているライバルが動き出しているかもしれません。

もし告白がうまくいかなくても、その失敗が将来のあなたの大きな助けとなるはずです。

「勢いで告白するってのは、どうなのかな」

「冷静になってよく考えてからの方がいいんじゃ・・・」

という意見もあるかもしれませんが、自分の経験では考え過ぎてしまうと結局しない言い訳を考えて告白を諦めてしまうことが多いので、あまりおすすめできません。

恋の情熱が冷めないうちに、あなたの気持ちをあの子に伝えにいきましょう。

告白できたあなたは、昨日のあなたとはひと味もふた味も違った男になれるはずです。