お盆明けの挨拶メールって出すの?何を書くか、気になる方必見!

こんにちは。

 

お盆のお休みはどうでしたか?

旅行に行って楽しかった方、実家に帰って久々に実家のような安心感を味わった方、いろいろいらっしゃると思います。

 

ただ、案外迷うのが、お仕事に戻ったときのご挨拶。

お盆でしばらくぶりなので、メールでのご挨拶はしたい気もします。

ただ、メールはしたほうがよいのでしょうか?

 

結論からいうと、したほうがよいです。

 

社内ならば、よし休んだし頑張るかーというモチベーション。

社外ならば、「これから営業しますよ〜取引できますよ〜」というお知らせも兼ねて。

社外に関してはお盆休みのメールに期間を書いてあるとはいえ、見直すのもめんどくさそうですからね。

気遣いになります。

 

ただ、もう一つ問題が。

いざ書こうとすると、中身に迷います。

もう夏も終わりだし猛暑が云々はどうなんだろう、とか、そもそもなにを中身に書けばいいのか。

私も迷っています。

 

そこでこの記事では、どんなことを書けばよいかをまとめました。

パーツごとに、書き出し・中身・終わり。

それぞれ注意すべき点もまとめました。

 

ではまず、どう書き出せばよいのかを見てみましょう!

書き出し: 夏、という言葉はNG

まず、お盆明けは8月中旬、8月後半です。

8月といえば夏……かといえば、案外挨拶の上では違うのです。

 

暦の上では立秋(8/7頃、太陽の動きで若干ずれますが)以降は秋なので、「炎夏の候」「晩夏の候」といったものは、お盆明けに対しては厳密には間違いです。

うっかり使うと、偉い方には顔をしかめられるかもしれません。

 

ついでに、暑中見舞いと残暑見舞いが切り替わるのも立秋です。

 

逆に、「立秋を過ぎたのにまだまだ暑いですが、いかがお過ごしでしょうか」は、しっかり旧暦を使っているのでオシャレです。

使いやすいですし。

 

あと、この頃によく使える挨拶は、「残暑」関連が一番ですね。

実感できるし、馴染みのある言葉なので間違いも起きない。

 

また、季語を使うのもオシャレですが、注意が必要です。

例えばひまわりは夏、朝顔は秋です。

「庭の朝顔もだんだんと少なくなってきましたが、まだまだ暑いです」といったものは正解ですが、ひまわりは使ってはいけないのです。

 

こういったことに注意して書くとよいでしょう。

中身: 余計な営業はせず……?

 

そして中身に関しては、まずもちろん、夏前もありがとうございましたといった感じでひとつ。

bon2

で、さっき言った目的通り、何日から営業開始か、を伝えましょう。

本当に挨拶だけしか書いてないと仕事中、なんとなく時間を損した気分になりますし。

 

ただ、余計な営業はしないほうがよいでしょう。

というのも、休み明けは絶対忙しいからです。

 

休みのうちにたまったお仕事、休みのうちに考えたプラン、休み明けにやろうと思っていたお仕事。

なので、「この日から取引できますよ〜」といった情報だけにしておくのです。

 

緊急の用事があっても、別にしましょう。

なぜならば、件名が「挨拶」になっているとすっ飛ばされる可能性があるからです。

これはビジネスメールの基本かもしれませんが、一応。

締めの言葉: これはお決まり

で、締めの言葉はやっぱり、互いの成功を祈る感じで。

これはいつもどおりって感じでしょうか。

やっぱ一番難しいのが、季節のあいさつなのです。

まとめ: 例文も含めて!

では、まとめがてら、例文を作ります。

 

“”

〇〇 様/各位

 

立秋とは名前ばかりでまだまだ残暑が厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか。

今年の前半も、様々な面倒をおかけしてしまいましたが、適切に処理していただきありがとうございました。

 

弊社の営業は本日、8月~日から再開となります。

 

お盆が明け、今年もあと4ヶ月となりましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

“”

 

といった感じでしょうか。

実は私、少しビジネスメールが苦手ですが、本記事の

 

・時候の挨拶に注意。使いやすいのは残暑

・これまでの感謝、営業の再開のお知らせ

・これからもよろしくお願い

 

を気をつけると、それなりに書けるようになります。

 

ビジネスメールが苦手な私は、こうやってパーツを組み合わせてよく書きます。

 

ぜひ、皆さんも参考にしてみてください。