バレンタインデートの誘い方、気負いをしてしまう人への理屈っぽい提案

2月14日はバレンタインデーです。

 

「リア充」やそれを目指す皆さまは、デートの誘い方について悩んでいらっしゃると思います。

 

ただ実は、普段のデートの誘い方とどう違うのか私にはさっぱりわかりません。別にそこまでバレンタインを意識する必要はない、というちょっと過激に見えるかもしれない意見を私はもっています。

 

なんで私がそう思うのか、ということを、拙文ではありますがいかに綴っていきます。

 

 

 

男女による非対称性

インターネットを調べてみると、この日にデートをしようという人はやはり多いです。

で、どうやら「誘い方」「男性/女性から誘っていいものなのか」が悩みであるようです。

 

バレンタインとは、女性が男性にチョコレートを贈って気持ちを伝える日であると一般的にされています。

後者の「どちらから誘うのか」問題はこの非対称性にあると思われます。

すなわち、物品と言葉が女性から男性に贈られ、男性から女性には(あまり)贈られないという点にあります。

 

こういう一方向の流れがあるため、男女に立ち位置の違いが生まれます。

すると、「この日は女性から贈られるものなのに男性から誘っていいものか」という葛藤が生まれるんだと思います。

 

ただ私自身の意見としては、そんなのどうでもいいでしょ、という感じです。

好意があればデートをすると嬉しい、そうでなければ断ればいい。

都合がつかないけどデートしたい場合は別の日にすればいい。

というかもうチョコも男性から贈ってもいいじゃないですか。そんな性別を限定するなんて面倒臭いと思います。

 

まあラディカルなことを書きましたが、そんなの本末転倒やんけ、と思われそうですね。

私はとりあえず試験がひと段落したあたりがバレンタインデーなので、好きな人を散歩にでも誘おうと思います。

 

 

 

誘い方は?

barekoku1

前者の悩み「誘い方」についてちょっと掘ってみましょう。

 

インターネットによると、特別な日に誘うのは明らかに何かあると思われそう、みたいなことが原因みたいです。

確かに世間ではすっかり浸透し、ひとつの大きなイベントですからね。

 

ただ、明らかに何かあるのはある意味当然じゃないの、と思います。

わざわざ色々な場所が混むであろうバレンタインに誘っているのですから。

仲が良ければ、「バレンタインだし、〇〇のチョコレートケーキ食べに行こう!」というように多少利用はできるのかもしれませんが。

 

こう考えれば、しつこくないか、もしくは本命の相手がすでにいるのか、という、普段と同じものだけだと思います。

あとはさりげない情報集めと引くところは引く、と気をつけるという、普段通りの部分に気をつければ良いのです。

 

 

 

せっかくなので

ここまで「バレンタインなんて関係ねえ」というようなことを書いてきました。

誤解のないように記しておきますが、私は別にバレンタインデーは嫌いではありません。

別に誤解されてもインターネット上だけの知らない人なので構わないですが。

 

むしろ、こういうイベントは積極的に利用して楽しんだ方が得だよなあと思っています。

私が書きたかったのはつまり、利用したり楽しんだりはしても、気負いをする必要はないんじゃないか、ということです。

 

バレンタインデー自体を意識しないことは難しいし、なんか負け惜しみっぽいので、まあ適度に遊びに誘って断られたらそのときはそのときで、みたいな。

 

そのぐらい気軽に過ごせばいいんじゃないでしょうか。

気負いしてうじうじ考えてもしょうがありません。

ほどほどに楽しみましょう。