雨の日のツラい頭痛、すぐできる対処法3つと予防法

原因不明の頭痛に悩まされたこと、ありますか?

その頭痛、どんなときに起きますか?

 

まもなく梅雨。

雨の日は偏頭痛に悩まされるという人はかなり多く、しかも女性に多いと言われています。

中には、ツラい頭痛が起きるのが嫌で、痛くなる前に頭痛薬を飲んでしまう、という人も。

 

なぜ、雨の日に頭痛が起きやすくなるのか。

そしてその対処法はどういったものがあるのか、調べてみました。

 

偏頭痛持ちの人の約3割が、雨の日が憂鬱と感じている

普段から偏頭痛持ちの人ならば特に、雨の日には頭痛を感じるのではないでしょうか。

また、今雨が降っていなくても、頭痛によって間もなく雨が降り出すということが分かってしまう。そんなこともありませんか?

 

痛みに強く、高熱のときでもほとんど頭痛を感じることはなかった私も、30代半ばで第一子を出産してから体質が変わりました。

空がどんよりしてくると同時に、頭がガンガン、体が重だるくなり、ソファに倒れこんで起き上がれない日々。

赤ちゃんがいて、ただでさえ家事がはかどらないのに、体も言うことを聞かない。掃除も料理もまともにできず、夫に申し訳ないやら情けないやらで自己嫌悪に陥ったものです。

 

この状態は、産後5年ほど続きました。

 

また、私の場合は出産がきっかけでしたが、妊娠中から雨の日の偏頭痛に悩まされたという方も。

つわりと重なって激しい嘔吐まで伴うという深刻なお悩みもありました。

妊娠や授乳中だと薬に頼ることも出来ず、痛みが去るまで耐えるしかないときもあるのでは。これは本当に辛いですね。

 

偏頭痛持ちの方には女性が多いようですが、中には男性も。

我が家の夫も、特に20代のころはひどかったようです。

 

雨の日に偏頭痛がひどくなるのは、気圧の変化によるものと言われています。

この気圧の変化により血管が膨張して血液の巡りに変化が起こり、頭痛を引き起こすようです。

人間の体の70%を満たすとも言われる水分に影響があるわけですから、無理もないことですね。

 

また、雨の日には自律神経が乱れるそう。

雨の日はやる気が起きない、なんか憂鬱・・・そういった気分の落ち込みは、自律神経の乱れ。

そんなストレスからくる頭痛もあるんです。

 

すぐできる対処法3つ

tuyu2

対処法、と言えるか分かりませんが、やはり一番いいのは安静にしていること。

時間が許す限り、ゆっくりと横になって休んでください。

 

漢方では、偏頭痛は“水毒”によるものと言われているそう。

体内の“巡り”によるものですから納得です。

とはいえ、通院でもしていなければ水毒に良い漢方薬はなかなか自宅にお持ちではないでしょうから、コーヒーなどカフェインの入ったもので排泄を促すというのも一つの手。

 

発熱ではないにせよ、やんわりと冷やしてあげるのも効果があるようです。

一時期自然療法に凝っていた私は、キャベツの外葉を被ったことがあります。なかなかどうして、これがやんわりと冷やしてくれて心地よいものでした。見た目が若干「?」な感じになってしまいますが、試す価値はあると思います。

 

予防法としては、睡眠、栄養、巡り改善

睡眠不足から偏頭痛がくることもあるようです。

天気が悪くなりそう、と思ったら早めに寝るなど、事前の対策も立てられますね。

 

また、普段からバランスのいい食事を心がけることで、軽減されることもあるそう。

食事が不規則になったりアンバランスになりがちならば、サプリメントなども上手に取り入れましょう。

 

そしてこれは、知人の整体の先生が教えてくれました。

ゴキゴキしたり、強く揉んだりするタイプの整体ではなく、優しく揺らすような整体で普段から巡りを改善しているのもいいよう。

私自身も体験してみましたが、偏頭痛だけではなく肩凝り首凝りも軽くなり、さらにフェイスラインが上がるなどの効果があることも。

「痛くないけど効果がある」と評判の整体師さんに通っておくのも、偏頭痛の予防になりそうですよ。

 

まとめ

  • 偏頭痛は雨の日にひどくなる。妊娠・出産がきっかけになることも。
  • すぐできる対処法は、安静、排泄を促すこと、冷やすこと。
  • 予防法は、睡眠、栄養、巡り改善。特に雨の降りそうな前の晩はよく寝ること。

雨の日が近づくとこんなに憂鬱になるものだなんて。一日中ソファから起き上がれない日が来るなんて。頭痛を知らなかった独身時代には、思ってもみませんでした。

出産をきっかけに始まった私の雨の日の頭痛は、治まったきっかけもまた二人目のお産だった気がします。今ではほとんど寝込むことはありません。

とはいえ、気圧の変化はあるのですから眠くなったりはするもの。

可能な限りのんびり過ごして、無理はしないようにしたいですね。

そして、普段から睡眠や栄養に気をつけるなどの体調管理。これは頭痛の対処法としてだけでなく、私も気をつけていきたいなと思いました。

毎日を楽しく笑顔で過ごしたいですから。