Amazonプライム会員のメリットとデメリットを比較!

Amazonでお買い物、今や普通になりました。地元では見つからない物、大きくて運ぶのが大変なもの、色んな物がすぐに届くAmazonはとても便利です。

 

その中で、プライム会員というサービスがあるのをご存知でしょうか?

週に1回はAmazonを利用してもちろんプライム会員である私が、プライム会員のメリットとデメリットを比較してみました。

 

Amazonプライム会員とは

 

簡単に説明すると、税込3,900円の年会費で、いろんな特典がある会員制プログラムです。

 

特典は、

  • お急ぎ便、日時指定が無料、
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • Prime Music 追加料金がない
  • プライム・フォト Amazon Driveに写真を容量無制限で保存できる
  • プライム・ビデオ 映画やTV番組が追加料金なしで見放題。
  • Amazonパントリー 食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点から290円の手数料でご購入できる。
  • プライム会員限定先行タイムセール、通常より30分早く注文できる
  • Kindleオーナーライブラリーの利用 対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができる
  • ベビー用おむつとおしりふきの15%割引
  • 家族と一緒に使い放題 会員他同居家族を2人まで家族会員として登録できる
  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引 日用品ほか対象商品を割引価格で定期的にお届けする定期おトク便の割引がある

 

と、たくさんありますので、この特典を全てを使いこなせば、かなりお得になりますね。

 

私が特典の中でうれしいのは、プライムビデオです。

プライムセールで安くなっていた時に、fire TVstickを試しに買ってみましたが、思ったより映画が揃っているので、これだけ見れれば十分という感じで重宝しております。

 

プライム会員になるメリット

 

プライム会員の特典から、以下に当てはまる人はメリット送料、利用料、商品割引などのメリットがありそうですね。

 

  • お急ぎ便、日時指定を頻繁に利用する
  • 特別取扱商品を利用する
  • Prime Music の利用が多い
  • プライム・フォト Amazon Driveに写真をたくさん保存したい
  • プライム・ビデオ でビデオ、映画をみる事が多い
  • Amazonパントリー の利用が多い
  • プライム会員限定先行タイムセールが好き
  • Kindleオーナーライブラリーの利用したい
  • ベビー用おむつとおしりふきを頻繁に利用している
  • 家族と一緒に使いたい

 

特典が多いですので、それぞれの特典の特徴と、自分の利用の仕方を照らし合わせてみて、会員になるかどうか、決めましょう。

 

30日の無料体験期間もありますので一度体験してみるのもいいですね。

 

プライム会員になるデメリット

 

特にデメリットは感じませんが、買い物、音楽、映画などのの利用を含めてAmazonを年に数回しか利用しないという方にとっては、年会費に対して、それほどのメリットはないかもしれませんね。

 

また、無料体験期間が過ぎたらカードから料金が引き落とされ、有料

になってしまいますので、会員になっている事に気づかなかった…

とういう事もありますので、その辺がデメリットでしょうか。

 

無料体験期間がいつまでなのか、きちんと確認しておきましょうね!

 

 

Amazonプライム解約のしかた

Amazonプライムは特典を利用しない時は解約して年会費を返金してもらう事ができます。

 

解約する時は、アカウントサービスから、プライム会員情報を変更しましょう。また、無料期間後のキャンセルも同じようにできますので、忘れずに手続きしましょう。

 

まとめ

 

Amazonプライム会員になると送料や、利用料がお得になる

Amazon利用頻度の高い人には、メリットがいっぱい

Amazon利用回数が少ない人にとっては会費が高いかも

メリットを感じない時は、解約可能で会費の返却もあります

 

私はAmazonで買い物が大好きなので、会員になってデメリットを感じた事はありませんよ!お急ぎ便や、日時指定などもとても便利です。

会員になってから、ひと昔前の映画を観る事も多くなって、Kindleで無料本を探して読んだりして、楽しみが増えました!