5月病、その症状と対策を知らないままだと今年も辛いままですよ?

皆さんは春先の4月後半〜5月ごろ、体長が悪くなったことはありませんか?

 

私は4月の半ばから偏頭痛が増えたり、朝起きにくくなったり、人と関わるのが辛くして毎年つらいなあつらいなあと言っています。

大学生のときはよく学校やサークルをサボっていました。

 

この症状はよく5月病と呼ばれるものなのですが、実はこれは偶然ではなく明確な原因があります。

つらいつらい5月病を防げたらいいなあ、と思っている方に朗報です。

 

と言っておいて、精神的なものなので、完璧に防ぎきれるというものでもありません。

ただ、この記事でぜひその原因を知って対策を立てましょう。

完璧じゃなくても、かなり前よりは楽に過ごせるようになると思います。

 

 

 

5月病ってそもそも何のこと?

原因の前に、まず5月病とはどういう症状のものなのか、について。

 

実は5月病は、医学的に正式な名前ではありません。

正式に診断したら、「うつ病」、「適応障害」などと呼ばれます。

 

症状としては、うつ病的な、

・すぐ悲観的になってしまう、憂鬱

・不安感

・食欲不振

・不眠

や、適応障害的な

・無気力

・人と関わりにくい

があります。もっともうつ病と適応障害、ほかの精神的な病との境目も難しいですが、それは置いといて、おおむね4月後半〜5月にこのような症状が現れるのを「5月病」といいます。

 

正式な病名ではないにせよ、5月にそういう症状が現れやすいのは確かです。

なぜでしょうか?

 

 

 

5月病の原因―原因が重なって!

5gatu

5月病は、いくつかの原因が重なってできています。

 

まず最も大きな原因は、新しい環境になりがちなこと。

 

入学、卒業、就職、新プロジェクトなど。

4月は「あたらしいこと」が最も多いです。

 

人間は新しいものにストレスを感じやすくできており、環境が変わって周りの人が変わって、ということでストレスが蓄積していきます。

そしてそのストレスが4月に積み重なり、4月後半〜5月に5月病が発症します。

 

また、4月は気温が上がっていく時期です。

人の体が11月〜2月で寒さに慣れているのに、3月〜4月には気温がだんだん上がっていきます。

 

これも地味に効いてきて、体が暖かさのほうに慣れようと頑張るため、4月には体が重たいですし体長も崩しやすくなります。

しかもその中で自分の体にムチを打って新しい環境に飛び込んでいかなければならない。

 

新しい環境だからこそサボってはいけない、休んではいけないという考えが働きます。

これが追い討ちとなります。

 

人によっては花粉症の影響もあるかもしれません。

花粉症でも体力は削られます。

 

さらに3月〜4月になると雨が増え、日照時間が減る。

これも少しは効いていると思います。

曇りだとなんとなく憂鬱ですから。

実際太陽光は精神の安定にはかなり重要です。

 

そして5月にはゴールデンウィークがある。これがある意味トドメを刺しています。

4月でヘトヘトに疲れたあと、ゴールデンウィークを万全に楽しめない、もしくは楽しみすぎてつらい仕事や勉強に戻りたくない。

 

このコンボによって皆さんは5月病になるのです。

 

 

 

5月病対策―なりやすい人は?

と書き連ねて来ましたが、一言で言うと「春はストレスが多い」です。

ということは、それを対策すればかなり楽になるということです。

 

しかし、新しい環境になるのも、気温が上がるのも、花粉症も、日照時間も、それら自体を抑制・排除することはできません。

まさか天気を変えられる人はいませんよね……?

 

そこで、溜まったストレスをなんとか吐き出す、という方が重要になってきます。

 

5月病になりやすい人は、おおむね

・真面目

・責任感が強い

・仕事が好き

・頼られるのが好き

といった方です。

私はどれも当てはまりませんがなんか偏頭痛に毎年なるので、これらに当てはまらない方も油断はできません。

 

ストレスを溜め込まないで吐き出す。

これの方法は皆さんそれぞれで見つけてあるかもしれませんが、とにかく重要なことが一つあります。

 

それは、とにかく早く寝る・長く寝るということです。

歳や体質にもよりますが、10代や20代は一日7時間半以上。

私は1日8時間半は寝たいです。

 

新しい環境だからと張り切って睡眠時間を削って仕事・勉強するなんて言語道断。

大学の飲み会で夜遅くまで遊び回るのもなるべく避けたいです。

 

それ以外にも、好きなことをする時間を確保するのが重要です。

私だったら読書とか、某プロデュースゲームとか、本屋巡りとか、昼寝とか。

なんかインドアなのは私の趣味なので置いておいて、とにかくスポーツでもなんでも好きなことをする時間を作るのです。

 

 

 

まとめ

というわけで、新しい環境でも張り切りすぎない、というのが案外重要かもしれません。

 

5月病は、新しい環境とか気温とか、春に特有の現象が重なってできたものですから。

 

体調管理も仕事や勉強のうちです。

 

ここに挙げた「寝る・好きなことをする」という対策を使い、辛い春を乗り切りましょう!