考えすぎて行動できない人が2分でかわる超簡単なメソッド

どうしても行動を起こすより先に、頭で考えすぎてしまい、堂々巡りになって結局逃したチャンスは数知れず—。やらなかったことに対する後悔は、いつまでも後を引き、やってみてうまく行かなかった悔しさに勝ります。

頭で考えすぎて行動できないままでいることは、自分にも他人にも、行動できない言い訳を探し続けることで、現状維持に安心しているだけなのです。

 

3年後のある日、突然自分が死ぬとしたら、これからどんなことがしたいですか?

死を意識して生きることで、”今”に集中し、後悔のない人生を生きましょう。

 

実際に、死ぬ時に人は、どのようなことを後悔するのでしょうか。

”死を間近にした人が、必ず後悔する人のリスト”は、国内外のウェブサイトで沢山でまわっていますので、聞いたことがある人も多いと思います。

 

人間が死を前にして、後悔することは、皆、似たり寄ったりなことが分かります。ここからヒントをえて、自分の今の行動力の糧にしていきましょう。

 

人生に、時間のリミットがあるということは、普段、意識することはないかもしれません。しかし、当たり前が当たり前でなくなった時、考えすぎていつも行動できないままになっていると、その時になって、自分の人生で納得できることがないと悔やむことになります。

こういったリストにのっている「こうすれば良かった。」という後悔は、未来の自分からのメッセージです。今、生きているあなたなら、変えることが可能なのです。

 

人との特別な絆を築くことは、一生をかけての一大イベントですから、恋愛に関する後悔も、さまざまなものが見受けられます。

「愛する人に愛していると言わなかったこと」。

「記憶にのこるような恋愛をしなかったこと」。

「自分の、本当に心に感じることに従わなかったこと」。

 

例え、生まれ変わることができたとしても、もう自分も相手も、同じ人間ではありません。

誰かと深い絆を結ぶことで、安心して色々なことを乗り越え、達成感を味わえますが、逆に、そういったものを残さなかったということは、死ぬ間際になって、自分の生涯を空虚に感じてしまう人も多いのです。

 

考えすぎることで、自分の中の行動できない言い訳の無限ループに陥り、大切な”今”を見失ってしまわないよう、時間の浪費は避けましょう。

お互いにとって、ベストなタイミングをはかることは大切ですが、この世に”完璧な”ものなどありません。”完璧な”タイミングも存在しません。

自分の頭の中だけで完璧にこだわりすぎて、結局何もしないままでは本末転倒です。後悔のない選択のためには、頭ではなく、もっと心に従いましょう。

 

誰かと想いを共有するということは、そこにはいつも相手の存在があるということです。相手の意向も確認せず、独善的な思考に陥って行動しないままでいるのも、将来、ひどい後悔につながります。

 

誰かを想える・人を愛せるというのは、奇跡のような経験、人生のギフトです。

相手に、いつまでも気持ちを伝えられる状況にはないということ。

想いは伝えなければ、永遠にそのままだということ。

すでに大切な誰かを見つけているのなら、躊躇せず、気持ちを伝えましょう。

優しく、思いやりのある言葉と行動で、相手を一度でも多く、笑顔にしましょう。

 

何もせず、ただ言い訳をしつづけながら生きているだけでは、人生はあまりにも短く、すぐに終わってしまいます。

慎重になりすぎて、石橋をたたきすぎると壊れます。時にはリスクをとらなければ、現状は何もかわらないまま、本当は心の深いところで求めていた幸せを得ることはありません。

 

『求めよ、さらば与えられん。』

『人事を尽くして天命を待つ』

 

人生に満足して旅立てるかどうかは、自分の今にかかっています。

いつか死ぬのが想像がつかないなら、具体的に3年後に死ぬ、と考えましょう。

色々頑張っていても、まだまだ志途中のことが沢山あるでしょう。もう少しだけ時間があればと願うことも沢山あるでしょう。

最期に、「あなたに出逢えて良かった」と言ってくれる人はいるでしょうか?その人に今、何が出来るでしょうか?

 

P.S. 「三年後」は、すぐにやってきます。三年後が今と一緒では嫌だと思ったら、今こそ、言い訳をやめる時です。