告白する勇気がないあなたが1ミリだけ前に進むたった2つの方法

告白するという行為は、大切に思う相手から拒絶されれば、自分の全てを否定されたように感じる絶望と隣り合わせです。

丸腰で、イバラ道の前に立っているような心境でしょう。

 

告白することは、まるで全ての気力を使い切ってしまうように思えて、誰でもなかなか思い切るのが難しいものですが、関係が壊れることを危惧して告白をためらい続けているだけでは、相手に気持ちが伝わることは、ありません。

今回は、距離を縮める第一歩になる以外にも、告白することで得られる、自分自身と相手へのポジティブな影響を考えてみましょう。

 

① 勇気が必要なことは、自分自身の成長のきっかけになる

何とも思っていない人からどう思われようと、人はたいして気にしませんが、相手が自分の中に占める割合が大きければ大きい程、好きな人からの拒絶が心身に与えるダメージは計り知れません。

 

しかし、たった一度の告白の結果ばかり気にしていると余裕をなくしてしまい、好きな相手に、本来の自分の魅力を伝えることもできなくなってしまいます。あなたには、良いところがたくさんあるはずです。

今まで自分で、これだけは頑張ってきたと言うこと・今頑張っていることをあげてみましょう。人から言われた自分の良い面についても、どんなに小さなことでも良いので、思い出してみてください。

 

好きな人の前では、自分が不十分な気がして、とかく自信を失いがちですが、もし自分が異性なら、そんなに悪くないなと思えるのではないでしょうか?

 

ただ、告白は勇気のいる難しいことだからこそ、今はまだ、二の足を踏んでいる状態なのです。きちんと自分が納得できる形でやり遂げられれば、その結果がどうであれ、自分にとっては、さらに大きく成長できる機会になります。

 

自分の良さを認めた上で、告白する勇気を持つ=いざという時のリスクを怖れないマインド、行動力、決断力、自分自身への信頼や幸せをクリエイトする力、だと考えてください。

 

恐れが勝って行動を躊躇しているばかりの自分への言い訳をやめて、目の前にあるチャンスを最大限つかむ努力ができる人へ大きく飛躍しましょう。

 

自信や余裕のある人は輝いています。それは、全て彼らの人生がうまく回っているからではなく、きちんと肝心な時にチャンスを逃さないようにして、あの時こうしていればという後悔がないよう、自分自身で納得する経験を積み上げているからです。

 

傷つくことを怖れていては、幸せも逃してしまいます。もちろん、告白した場の返答は相手次第ですが、その結果に至るまでに、どれだけ自分ができるだけのことをしたのかがその後の自分の心にもたらす心情は、ずっと続いていくのです。

 

勇気を出して行動した後の自分をイメージし続けてください。

 

②相手にとって、自分の告白がもたらす効果を評価する

次に、相手の女性にとって、自分の告白がもたらす効果を、客観的に評価しましょう。

 

相手の返答いかんにかかわらず、誠意のこもった真摯な告白は、必ず相手の心にも響くものです。

 

告白を受けるということは、自分以外の誰かが自分を認め、時には、自分でも気づかなかった良さを教えてくれることです。そして、誰かに純粋に想ってもらえるということは、男女問わず、告白を受けた側に、自信や喜びを与えてくれます。

 

告白を受ける女性が、あなたの気持ちに積極的に応じても、その気持ちを受け止める器がまだしっかりはできていなかったにしても、すでに別の誰かと未来を考えていたとしても、真剣な告白には、どれだけの勇気が必要なのか誰しも分かっている分、「自分には、そんなにも真剣に好きになってくれた人がいた」という感謝と嬉しさは、ずっと心に残ります。

 

結果にこだわらずに、好きな人に自分の想いを伝えることは、好きになった女性に、温かい気持ちのプレゼントをすることだとも言い換えられます。気持ちの押しつけではない、真摯に想いを伝える告白であれば、決して相手にとっても、迷惑にはなりません。

 

 

もちろん、告白によって、相手があなたの気持ちを受け入れてくれれば、その後、自分が願った形での幸せへの一歩を踏み出すことにつながりますし、相手の返答いかんにかかわらず、誠意のこもった真摯な告白の経験は、する側にも受ける側にも、恋愛だけに留まらないところで、ポジティブな感情と結びつきやすいのです。

 

P.S. 告白後の自分へのポジティブなイメージを持ち続けることと、女性の笑顔を想像すること。告白するための勇気を出すだめには、たったこの二つだけ意識すれば良いのです。